韓国旅行より

済州島内のまわりかた

便利な済州島内のまわりかたをまとめました。

 ツイート

トップ
韓国旅行

お得な旅をしよう!
格安韓国旅行の方法






済州島内をまわる
(城日出付近)



目次

1.便利!安心!観光バス

2.日本語タクシーチャーター

3.レンタカーを利用

4.市外バス




済州島の地図



1.便利!安心!観光バス
島内周遊するなら!?

上の地図を見てのとおり島内には観光スポットが点在している。
しかし
ソウルや釜山のように公共交通機関が発達していない。
済州島内の観光は
観光バスがおすすめだ!
日本語ツアーが多い
毎年多くの日本人旅行者が訪れる島
日本語ツアーも多く安心だ。
値段
1日ツアーなら昼食付で1人8万ウオンから
日本円に換算すると8千円前後といったところか?


島内では観光バスをよく見かけた


バスツアー
一番安くて安心なのがツアー参加

比較的安くて安心!観光バスが一番のおすすめ
9時頃に済州市内の主要なホテルから出発
17時頃に到着というのが一般的だ。
日本語ガイド付で、団体での移動だから安心だ。
手際よく人気観光スポットに立ち寄れるのもいい。
東コースか西コースか?
ちなみに1日で済州島1周をまわるコースは見たことがない。
東まわりか西まわりか選択となる。
東コースがおすすめ?
どちらか迷ったとき、東まわりをすすめられた。
なお
東まわりは以下のコースが一般的だ。

済州市内を出発
(中文リゾートエリア発もあった)

万大窟
(巨大な洞窟に入る)

城山日出峰
景勝地で多くの観光客でにぎわう。
ここで海産物の昼食をとることが多い。

城邑民俗村や民俗博物館など観光
済州島内民俗村

済州市内(又は中文)に到着



ネットで簡単予約!
事前予約が必要だが
インターネットで簡単に予約ができる。

詳しくは
おすすめオプショナルツアー



ツアーは安心




済州シティーツアーバス

自由のないツアーに抵抗がある場合は
シティーツアーバスがおすすめ。
約1時間に1本の間隔で走るバスで
済州島内の主要な観光スポットをまわる。
また
1人旅でも利用しやすいメリットがある。
利用方法
いくつかのツアーバスがあるが
よく紹介されていたのが
「済州黄金バスシティーツアー」
済州空港などでチケットを購入(12,000ウオン)
済州市周辺のみどころをクルクルまわる。
1時間に1本程度の運行で乗り降り自由
もう一つは
「済州シティーツアー」
1回1200ウオンで黄金バスシティーツアーより広範囲でまわるのだ。

シティーツアーバスの注意点
下調べは必要

主要なみどころを効率よくまわるものの
運行間隔は1時間に1本程度、何時に出発して
どこに立ち寄って・・・というような計画はたてたい。
済州市街地を抜けると、とにかく田舎
終バスが行ってしまわないようにしたい。
ちなみに
運転手に日本語が通じないと思った方がいい。
隅々まではまわらない
済州島1日ツアーと比べると島の隅々までとはいかず
済州市街地とその周辺といったパターンもある。
冬期間運休
冬期間は運休


シティーツアーバスはこんな感じ
(ソウルにて)





2.日本語タクシーチャーター
タクシーの方が安くて便利なことも!?

日本語タクシーのチャーターもできる。
値段も比較的安く
日本語ガイド付で8時間借りても12〜15万ウオン程度だった。
食事代など別だが2〜4人ならタクシーも考えていいと思った。
時間の選択可能
観光バスは9時出発だが
タクシーなら早めの出発など時間をずらせる。
(ただし あまり早いと観光施設が開いてないことも)

行きたいところのリクエストも可能
もちろん
お任せも可能だ。
(但し、1日で島を1周するのは難しい)

ネットで簡単予約!?
予約が必要だが
インターネットで簡単に予約ができる。

詳しくは
おすすめオプショナルツアー



タクシーもよく見かけた




おすすめオプショナルツアー!
インターネットで簡単予約

観光バスのツアー(シティーバスを除く)でも
プライベートチャーターでも
旅行前に予約したいもの!
オプショナルツアーのサイトをとおせば
日本語で
簡単に予約ができる。

オプショナルツアーのサイトです






3.レンタカーを利用
自由で島内をまわるには
済州島内観光でよく紹介されるのはレンタカー
ソウルや釜山など交通渋滞の多いところでは
おすすめできないが、済州島は交通量は少なく
道もゆったりしているため、レンタカーもおすすめといわれている。
確かに
郊外へ出ればゆったりしていたし
公共交通機関が発達していないうえにレンタカーは便利だろう。
しかし
済州市内は混雑していたことと
基本的にハングル文字であったことから
よく分からず
個人的には利用したくなかった。


済州島ドライブも楽しいと思うが



4.市外バス
滞在型の旅行なら

島内をまわる路線バスもある。
例えば
済州空港から城山日峰や中文観光団地などへ行ける。

例えば
済州市を観光して
城山日峰や中文へ行き滞在する。

といった旅行ならおすすめ。
運賃も安く1回あたり高くても3,300ウオンだ。
周遊観光にはおすすめできない
安くて便利だが、本数も少なく分かりにくい
周遊観光ならおすすめできない。
日本語は通じないし下調べは必要となる。




 ツイート






トップに戻る
韓国旅行



スマートフォン



注意
2015年の韓国旅行とその後の調査に基づいて作成しました。
主体的なところも多く、状況の変化や実際と異なることもあります。
参考程度に自己責任のもとでの調査をお願いします。