四国旅行 高知観光
高知城に訪れて

山内一豊が築いた城「高知城」高知市街最大の
観光スポットではないか?広い城内を歩くのも
いいし、観光ならば天守閣にものぼりたい。
ここからの眺めもすばらしい。


高知城


トップ
四国旅行


いろいろ調べて自分にあった旅をお得にしよう!
格安四国旅行









高知城とは
山内一豊で有名

関が原の戦いにて徳川側に見方した、山内一豊は土佐を
与えられる。
1601年、入国、最初は浦戸城(桂浜)に居城した。
1601〜1611年に現在の場所に高知城築城
(石垣に注目)
この地にはそれ以前も城をつくられたが水はけが悪く、断念している。
高知城の石垣は水はけ対策のため工夫されているのだ。
例えば、高知城の石垣は野面積みといい
乱雑にみえるものの、隙間に小石や砂利を詰め込んでいるため
強固で水はけもいい。
他にも
石垣に石の突起物がある。石桶といい、排水が土台にしみこんだり
しないためらしい。
(城内にて説明文あり)

その後
1727年の大火により焼失したものの
1748年に天守閣など再築

明治の廃城をへて
現在に至る

高知城情報
開館時間 9:00〜17:00
料金 400円
(但し天守閣と本丸書院)
所要時間 1時間位でまわった。

高知城
市電の「けんちょうまえ」から近いが
はりまや橋あたりから歩いても行けた。

あと 有料駐車場も確認した。
(08年にチェック)

高知城をまわって
追手門から入った

日曜市やひろめ市場のある追手筋から追手門に入る。
いわば高知城の正門である。
立派な門とお堀がお城らしさ感じさせてくれた。
石段の上にそびえる高知城と板垣退助像
高知城内に入ってまず目に付いたのが板垣退助像
そして石段の上に立つ天守閣、林に石垣をお城としての威厳を感じさせてくれた。
山内一豊夫人と馬の像
天守閣までの途中石段をあがると、広場にでる。
そこに山内一豊夫人と馬の像があるのだ。
以前、大河ドラマ「功名が辻」でみたことがあるが
一豊の妻「千代」がヘソクリで一豊のため馬を買ったという話によるもの
天守閣へ
石垣と石段が続き、三ノ丸、二ノ丸、天守閣へと向かう。
お城らしくグネグネしている。が なかなか見事なものだ。
天守閣、本丸書院(懐徳館)
ここから料金を払って天守閣に登る。
あと、お城の歴史についての説明もあるのでみていきたい。
他にも高知城下町についての説明もあった。
内部は古めかしい雰囲気だが、階段も急である。
しかし、木造にてここまで高く作られているのだがか見事なものだ。
天守閣からの眺め
天守閣から高知市街を一望できる。
本丸書院
もう一つ、藩主の座敷などがある本丸書院などがある。


高知観光に戻る





トップに戻る
四国旅行


(注意) 
05年までの旅行経験に基づき作成、08年にチェックして再度作成
自分の経験に基づいて作りました。

状況が変化している場合や実際と異なる事も考えられるので参考程度に
自己責任のもとで調査をお願いします