草津温泉観光より 湯もみ

湯畑近くの熱の湯では草津名物「湯もみ」が見られる。
草津よいとこ一度はおいで〜と草津節を歌いながら
湯もみ板を動かす姿はとにかく有名、その湯もみの実演と踊りのショー
が行われるのが「熱の湯」だ!草津温泉に訪れたら一度はみてみたいもの
千代の湯では時間湯も体験できる。






     


トップ
草津温泉 白根観光旅行
草津温泉や白根周辺の行きかたや、観光について紹介!
種類はいろいろ!思わぬ発見があるかもしれない。



草津温泉名物「湯もみ」
熱の湯にて


湯もみとは

湯もみ、時間湯
草津温泉独特の入浴方法である時間湯についても説明する。
草津温泉の湯は熱い、かといって水を薄めれば効能が低くなる。
そこで、湯もみ板を動かして水を薄めずに湯の温度を下げるのだ。
それでも、50度近い湯温がある。そこで、考え出されたのが時間湯、
時間を3分と定め湯長という人が号令をかけて一斉に湯に入るという方法だ。
近くにある千代の湯では時間湯の体験もできるとか?


熱の湯、前の道路上に書かれている時間湯の様子

「熱の湯」「湯もみ」情報

湯もみと踊りの公演
4月1日〜11月30日の毎日
1日3回〜6回公演
入場料
大人500円 小人250円
場所は草津温泉の中心部「湯畑」のすぐ隣
09年7月の情報 状況の変化もありますので最新の情報を確認してください。
参考に私は連休に訪れ混雑していたが寸前になっても開園時間になったら入場できた。



熱の湯 入口の様子

熱の湯「湯もみと踊り」を観光して

一度は見たい、一度見ればいい
草津温泉に訪れたら必ずみたいもの、連休でもあり一目みようと多くの観光客が並んでいた。
しかし、おおよそ想像できるだろうが、湯もみ板で湯もみをして見せるのと踊りをみせるショー
あとは、何人かの観光客が体験 15分位で出て行く旅行者もいた。



観光客で賑やかだ!

最初に湯もみや時間湯の説明

なにはともわれ初めての「湯もみ」なら是非見たいものだ。
最初に「湯もみ」と「時間湯」についての説明、草津温泉の湯もみは
有名だが、よく分からないことが多い 勉強にある。英語の説明もあった。

これから「湯もみ」と踊りが始まる。
湯もみの実演


最初に湯もみの実演の披露
草津よいとこ一度はおいで〜と草津節を歌いながら湯もみの実演が始まる。
あの有名な湯もみを目にすることができるのだからちょっと嬉しくなる。
単調な湯もみだが、途中しぶきをあげるように強く湯もみをする。観客席まで湯は飛ばなかった。


しぶきをあげる。

手を挙げた人の中から10人ピックアップするのだ。せっかくきたのだから
是非 湯もみをしたいもの、それに湯もみをした人には記念品としてタオルやちょっとした
賞状のような紙をもらえた。不思議と嬉しいもので、それを手に記念写真を撮る観光客も見かけた。


湯もみ体験をしたい

踊りも披露

後は踊りの披露もあった。
せっかくだから観たいもの
だいたい30分弱の披露だったかな?

踊りも披露

時間湯を体験

近くにある千代の湯では時間湯の体験ができるとか?
1日4回程度行われると聞くが、休業もあるらしいので前もって確認をしたい。


     


トップ
草津温泉 白根観光旅行

09年7月の旅行経験に基づき作成しました。
今後の状況の変化や価値観の違い等により実際と異なることもあります。
自己責任のもとで調査をしてください!