京都旅行より

琵琶湖疏水記念館

南禅寺近くの地下鉄「蹴上駅」のすぐ横に
水路や線路の跡地のようなものを見る。
知らない人は「何だろう?」と思うかも?
琵琶湖疎水といい
明治時代に造られた興味深い遺産なのだ。


 ツイート

トップ
京都旅行

お得な旅をしよう!
格安京都旅行



琵琶湖疎水記念館の場所


インクラインの跡


目次
(クリックするとジャンプします)


琵琶湖疎水とは?
目的とその歴史について

琵琶湖疎水をまわる
インクラインの跡、水路閣、記念館









琵琶湖疏水とは?
琵琶湖から京都へと水をひいた

琵琶湖から京都まで水をひくための事業として
明治18年から着工 明治23年に竣工されたといわれている。
一大事業であり難工事でもあったという。
当時は外国人の技師の力を借りて建設をおこなわれることが多かったが
この琵琶湖疏水は日本人の技術だけで造られたというのも特徴的
運河や水道事業 電気事業としての役割
琵琶湖から水をひいた目的としては
運河や水道事業、電気事業としての役割であった。
インクラインの跡
一番目に興味を注いだのがインクラインの跡であった。
水力発電であるわけだから高低差が生じ、船を通すことができない。
なので 船をインクラインに乗せて運んだのだ。
昭和23年まで使われたという。
大きな船がそのまま台車に乗せられて運ばれるのだから
当初はかなり珍しく多くの見物人がいたという。
堀のような通路から線路が敷かれているので「何だろう?」と思った。


インクラインの跡

水力発電で日本初の市電を走らせた

水力発電により電気は生まれ工場が造られたり。
日本最初の市電(京都市電)が通った。
平安神宮の神苑には
日本最古の電車がひっそりと置かれている。
京都に活力を戻すためでもあった
明治に入り東京の遷都によって衰退した京都に
活力を戻すという目的もあったのだ。


日本最古の電車が置かれている
(平安神宮 神苑にて)




琵琶湖疏水をまわる
地下鉄「蹴上駅」近くにインクライン

地下鉄東西線「蹴上駅」近くに見られる
蹴上駅や祇園方面から南禅寺や永観堂へ歩いて行くとき
通るかもしれない。お堀のようなところに広いレールが敷かれて
いるのだから興味を注ぐ。
ちなみに花見の名所であり、桜シーズンになると
インクラインを歩く人で賑わっていた。


花見シーズンのインクラインの跡

南禅寺境内に水路閣

南禅寺境内を歩くとレンガ造りのアーチ型の構造物を見る
まわりの風景に溶け込みながらも近代的な構造物で驚くかもしれない。
明治23年に造られた、琵琶湖疎水の分水であった。


南禅寺境内に突如「水路閣」が現れる
明治23年に竣工した国の史跡である。


琵琶湖疏水記念館
興味があったら行ってみたい

京都市動物園の隣(東側)に位置する建物
蹴上駅や南禅寺からも数百m程度
入館無料だし
南禅寺から永観堂、平安神宮を歩きまわるついでに立ち寄った。
記念館には
琵琶湖疏水の歴史と説明、当時使われた計測器や
規則に週報などが展示されている。

琵琶湖疏水記念館情報
入館無料
開館時間
3月〜11月は9:00〜17:00
12月〜2月は9:00〜16:30
閉館30分前まで入館可能

滞在時間
「ついで」だったせいか?10分位でまわった。



琵琶湖疏水記念館
平安神宮や南禅寺近く京都市動物園の隣(東側)に位置する。

2階から運河の眺め

2階にはかつての水道などの展示 そして窓からは運河の眺め
その隣には明治28年に撮影した同じ場所の風景写真もある。
比べるのもよかった。


2階から運河を眺める


 ツイート






トップに戻る
京都旅行


スマートフォン


2010年9月に旅行
(注意) 自分の経験から作りました。
状況が変化している場合や実際と異なる事も
考えられるので注意してください。
自己責任での確認をお願いします。