京都旅行より  嵯峨野

常寂光寺の魅力

嵯峨野にある名勝「小倉山」の麓に建つ日蓮宗のお寺
1595年に開山されたお寺である。紅葉の名所であり
多宝塔から眺める京都の眺めはすばらしい




常寂光寺
常寂光寺に入る


トップ
京都旅行

安く、快適に自分にあった旅をしたい!
格安京都旅行方法













常寂光寺の場所
(嵯峨野めぐりで訪れるのもいい。)



常寂光寺について
1595年に開山した
1595年に開山した日蓮宗のお寺
1600年に関ヶ原の戦い 1603年に江戸時代が始まる。
小倉山の麓に建つ
小倉山の麓に建つお寺で山のお寺という趣が強い
お堂の中には入れず、ちょっとした山歩きをしながらお堂や門、塔を楽しむのだ。
上から眺める京都の眺めはすばしく 紅葉の名所でもある。


山のお寺である



常寂光寺の情報
拝観料
大人400円 小学生200円
9:00〜17:00

境内の撮影は自由とのこと

滞在時間
20〜30分(個人差による)

山間に建つので坂である。風景を眺めながらゆっくりと歩きたい。



常寂光寺へ行くには?
場所は嵯峨野 素朴で風情ある風景に
落柿舎や二尊院なども近いし、近くには茶屋や食堂も見る。
嵐山や嵯峨釈迦堂から化野念仏寺や愛宕念仏寺あたりまで
嵯峨野めぐりをしながら訪れるのもよかった。



嵯峨野の風景を楽しみながら歩きたい。
(落柿舎近く)


嵐山から徒歩で訪れる
渡月橋から30分弱

(京福電鉄「嵐山駅」やJR山陰本線の嵯峨嵐山駅からも歩いて行ける。)
嵐山までならバスも多いし京福電鉄「嵐山駅」やJR山陰本線の嵯峨嵐山駅から
徒歩20〜30分ほどといったところか、山陰本線を渡りしばらくすると
嵯峨野らしい素朴な風景になる。


JR山陰本線 嵯峨嵐山駅から徒歩20分位


路線バス
嵯峨小学校前 もしくは 嵯峨釈迦堂前

路線バス利用の場合常寂光寺近くまでは行かず
最寄のバス停となれば、嵯峨小学校前もしくは嵯峨釈迦堂前である。
ここから徒歩10分位であろうか?
自分自身
嵯峨釈迦堂前から嵯峨野めぐりをはじめることもある。

確かJR京都駅から28系統の市バスが出ていた。


嵯峨釈迦堂前から嵯峨野めぐりをすることもある。


レンタサイクル
嵐山には多くのレンタサイクルショップがあり

渡月橋周辺やJR山陰本線「嵯峨嵐山駅」周辺などレンタサイクルの店が多い。
嵯峨野は自転車でまわるのも面白い。
ただし、桜や紅葉シーズンともなると混雑もすごいので自転車での移動はあまり
いい方法でないとも思えた。

嵯峨野めぐりをするなら地図がほしい
嵯峨野エリアには案内表示もある

道に不慣れなら京都旅行のガイドブックやパンフレットに
載っているような地図がほしい。また、嵯峨野に入ると案内標識もある。


嵯峨野を歩くと案内標識もよく見る。


常寂光寺に訪れて
実際に訪れての感想をまとめてみました。

山門から入る

入口には常寂光寺と書かれた山門を見る。
門をくぐってすぐの所に受付があるので拝観料を払う。


常寂光寺と書かれている。


仁王門

すぐに仁王門だ。萱葺屋根の門で 門そのものはあまり大きく感じず
そのまま素通りしそうだが、中に仁王様は古めかしくも迫力あるのだ。
一見の価値あり お参りしよう。
ちなみにこの仁王門 常寂光寺が開山される前の1350年頃に建立
1616年に移築したといわれ 運慶作の仁王といわれている。
あと この周辺 カエデの並木があり紅葉シーズンの眺めはすばらしいとのこと。


仁王門は一見の価値あり!


石段を登る

仁王門から本堂まで石段を登るのだが、苔むした庭園のような
風景につつまれるのだ。この風景をバックに写真撮影を楽しむ
旅行者も見かけた。


石段周辺の風景はすばらしい


本堂

本堂と庫裡 妙見堂が建つ。林につつまれたような庭園
縁側に座って身近に楽しめるような雰囲気がいい。
ここから京都の展望を楽しめるが木々に囲まれすっきりしない
多宝塔の上までまで登りたい。



 
本堂とその周辺の風景


多宝塔

本堂の上に建つ塔 常寂光寺で最も特徴的な建物と思う。


多宝塔


歌仙祠

多宝塔の上にある。行ってみると何もなかったがここから眺める
京都の街はよかった。(北部しか見えなかったが)
多宝塔あたりで疲れてしまうが、
元気があれば歌仙祠まで登りたい。


木々の間から京都の街を眺める

















トップ
京都旅行




2011年9月に旅行
(注意) 自分の経験に基づいて作りました。
状況が変化している場合や実際と異なる事も考えられるので参考程度に
自己責任のもとで調査をお願いします。