京都旅行より 嵯峨野 二尊院
嵐山から化野へ向かう途中にある山間の小さなお寺
本堂の横にある小さな庭園を眺めていると心が落ち着く
お寺周辺も竹林に茅葺屋根の落柿舎があり風情ある。
竹細工の店を覗いたり茶屋でゆっくりとするのもよかった。




風情ある山のお寺、心落ち着く庭園、茶屋で抹茶と団子を味わう
二尊院の魅力を紹介します。







トップ
京都旅行



インターネットで調べるとお得な情報が盛り沢山!
格安京都旅行方法


二尊院の楽しみかた 所要時間
静かな境内とその周辺が魅力

地図で見ると大きなお寺のように見えるが実際のみどころといえば
墓地と本堂に祀られている二尊像、そして小さな庭園である。
いうなら山に囲まれた静かなお寺といった感じ
場所は嵐山から化野へと向かう途中の西側の山「嵯峨小倉山」の東麓に位置する。
周辺には祇王寺や落柿舎など同じような雰囲気のお寺や建物が見られる。
道中の魅力
二尊院へ行くには嵐山からレンタサイクルとか歩いて行くことをおすすめしたい。
その道中の雰囲気も魅力的なのだ。
多くの旅行者で賑わいを見せる嵐山(渡月橋や天龍寺付近)から京都らしさを見せる竹林の道
そして畑と向こうに建つ茅葺の家「落柿舎」、そこを過ぎると大木に囲まれた涼しげな道・・・
それぞれ異なる趣があるのだ。
また、道中には湯豆腐の食事処に茶屋 竹細工の店などあり
そういったところに立ち寄るのもいい。
私の場合 二尊院に訪れるというより、嵐山から嵯峨野や化野に向かう途中に訪れる
といったまわりかたを好んでいる。
所要時間
個人差によるが二尊院のまわりかたは、まずはお墓めぐりをしてから本堂に入り二尊像を拝観したり
庭園を眺めるといったところ、お寺だけをパッとみてまわるなら30分もあればよかった。
もちろん 庭園でゆっくり過ごすなら40分50分1時間とかかろう。
また、嵐山(天龍寺付近)からなら風景を楽しみながら二尊院まで歩くなら、ざっと30分位追加
途中 茶屋で抹茶を飲みながらゆっくりしたり、竹細工の店に覗いたりすれば
さらに30分とかかろう。道中 落柿舎や常寂光寺といったみどころがあるので
そういったところに立ち寄ればさらに追加といったところ
私の経験から
嵐山(天龍寺付近)→二尊院(道中 茶屋や竹細工の店に入る。)→嵐山(天龍寺付近)
の順を徒歩でまわって2時間位がいいと思った。

  
嵐山からの道中を楽しむのもよかった。


二尊院情報
拝観料 500円
拝観時間 9:00〜16:30

本式名称は
二尊教院華台寺
834〜847年頃に開山
その後応仁の乱にて諸堂が焼けるが再建

(2010年9月の旅行経験から)


二尊院へ行くには
嵐山や化野から徒歩の他、車やバスもあり人力車もあった。
嵐山から徒歩やレンタサイクル

嵐山から徒歩やレンタサイクルで嵯峨野へ行くのがよかった。
ちなみに渡月橋周辺にJR嵯峨嵐山駅、阪急嵐山駅あたりなどレンタサイクルを見かけた。
値段はまちまちだが2時間400円、4時間600円、1日800円といったところか?
行きかたはいろいろあるが、まずは天龍寺の北側、野宮神社へ
ここから竹林の中を歩く 京都らしさを感じるエリアだ。
トロッコ嵐山駅あたりから北側に曲がり、山陰本線を渡るとさらにまっすぐ行けば
「落柿舎」 そして二尊院だ。道中、案内標識も見かけたが
ガイドブックなどに載っている地図がほしいと思った嵐山の観光案内所でも地図をもらえた。
ちなみに徒歩で30分位だった。
また、嵐山は桜や紅葉シーズンともなると混雑するのでレンタサイクルの場合注意したい。


嵐山から二尊院へと向かう道中
(案内表示もあったが地図はほしいと思った。)

人力車

嵐山(渡月橋付近)でよくみかける人力車、二尊院へ向かう道中
観光案内をうけながら人力車の旅を楽しむ旅行者をよくみかけた。
バス
最寄のバス停は見あたらなかった。
言うなら清涼寺入口に当たる「嵯峨釈迦堂前」もしくは「嵯峨小学校前」
から歩いて10分位かな?
嵐山天龍寺前から28系統の市バスが出ていた。
車(レンタカー)
二尊院の入口にあたる門「総門」の前に拝観者駐車場を確認
ただ、駐車場はあまり広くなかった。
また、道は細く 徒歩や自転車、人力車で散策を楽しむ旅行者も多いので
注意したいと思った。

二尊院に訪れての感想
中に入る

入口にあたる総門をくぐり 拝観料(500円)を払って中に入る。
そこから墓所や本堂へ向かって木々に囲まれたまっすぐな道が伸びる
静かな山のお寺といった感じだ。
歩いていても気持ちがよかった。


木々に囲まれた道を歩く

墓所を歩く

向かって右手が墓地である。山の斜面に並ぶ大小数々のお墓
上に登るとお堂が見られる法然上人廟である。室町時代の廟らしい。
山の中に建つその廟は印象的 急な階段を登るがそこまで行ってみたい。
なお、文人の墓も多いと聞いた。


石段を登るとひっそりと建つ法然上人の廟が見えてくる。

本堂へ

次は本堂へと向かう。
ご本尊である釈迦如来と阿弥陀如来が祀られている。
鎌倉時代の作で重要文化財
ちなみに二尊院の由来は二尊を祀られているためとのこと。
本堂の中に入る。静けさ漂う。


本堂

庭園

本堂に向かって右側に庭園がある。小さな庭園であるが、
なぜかゆっくりとしたくなるそんな庭園であった。


庭園でゆっくりしたい

竹細工の店や茶屋

参拝を終えて二尊院を出るとすぐ横に竹細工の店や茶屋
化野や嵯峨野を歩くとよく見かける光景だ。
竹で作られたスプーンや箸、玩具など、安いものなら百数十円など
実用的だし、手頃なお土産にいい。
そして茶屋 抹茶に団子セットで650円だった。

  
茶屋でゆっくりするのもいい







トップ
京都旅行



2010年9月に旅行
(注意) 自分の経験に基づいて作りました。
状況が変化している場合や実際と異なる事も考えられるので参考程度に
自己責任のもとでお願いします。