京都旅行より

宿坊に泊まろう

静けさ漂う境内に精進料理 法話に座禅、写経など
独特の世界を体験することができるのが魅力だ。
経験から宿坊についてまとめてみました。


トップ
京都旅行

お得な旅を楽しもう!
格安京都旅行方法



宿坊に泊まる
(妙心寺の塔頭 大心院にて)


目次

1.宿坊について


2.宿坊の魅力


3.宿坊の注意点





1.宿坊について

自由がないイメージだが・・・
宿坊といえば、部屋は質素で食事は精進料理
遅くとも22時には5時とか6時に起きて朝のお勤めや座禅に参加する。
というような自由がない印象がある。
確かに
門限があったり、騒ぐことができないなど
一般的なホテルと比べると自由がない感があるが
宿坊の多くは
消灯時間の制限や朝のお勤め、座禅の強制はないようだ。
食事も精進料理とは限らない
(というより精進料理の場合 追加料金がかかることがある。)
宿坊によってさまざま
食事なし(朝食のみ)でつまみやお酒などの
持ち込みができる宿坊だったり
座禅や法話も必ずしもあるとは限らない。
また、女性とかその宗派のみしか宿泊できない宿坊もある。
逆に規則が厳しい宿坊もあるので事前にチェックをしたい。
予約 宿泊料金
インターネットの宿泊サイトで予約を受け付ける宿坊もあるし
電話での予約のみという所もある。
宿泊料金は一般的な旅館程度で
安い所なら
素泊まり4千円とか朝食付5千円
2食付だと7千円とか8千円
高級感あるところなら1万円以上するところもある。
安い≠悪い
いくつかの宿坊宿泊経験から
安いから「部屋が汚い」とか「サービスが悪い」
ということはなかった。
外国人旅行者が多い。
京都に限らないが今までいつくかの宿坊に泊まった経験から
外国人旅行者を見かける。


部屋の様子


2.宿坊の魅力

今まで宿坊に泊まった経験から宿坊の魅力について
よかったことなど まとめてみました。

静かである

宿坊といってもいろいろあるが、境内は静かで別世界のようだ。
また、時間を気にすることなく静かにゆっくりと庭園を眺めることができたし
部屋から庭園を眺められる宿坊もあるのだ。


時間を気にすることなく庭園を眺めることができる

夜、早朝の境内を眺めることができる

拝観時間9:00〜17:00で、早朝や夜
の拝観ができないことが多い。
宿坊に泊まると 夜や早朝の境内を楽しめる。
月明かりに照らされる庭園、そして鐘の音
不思議な空間に包まれる。

  
夜 不思議な空間に包まれた

座禅 精進料理 写経

宿坊といえば単に泊まる というよろ お寺での生活を体験するといった魅力がある。
早朝の座禅や法話 中には写経などを行う宿坊も多い。
そして食事は精進料理 日常生活とは異なる体験ができるのも宿坊の魅力だ。
ただ、食事は朝食のみとか座禅は強制参加ではないといった宿坊も多く
特別厳しいわけではない。逆に、必ずしも座禅があったり
精進料理とは限らないので楽しみにしている人は事前に確認したい。

  
精進料理を楽しむのも宿坊の楽しみ

健康的

門限や夜 騒げないなど不便な点もあるが
健康的でもある。
チェックアウト時の爽やかな気持ち
日々の疲れも癒されるようだ。



3.宿坊の注意点

あまり硬く考えることもないが他の宿泊設備とは
異なる注意点もあるので挙げてみました。
ただ、宿坊によって異なるため一概にはいえません。

門限 消灯時間

おおよその宿坊には門限がある。中には16:00頃には戻らなくてはいけない宿坊もあるし
他にも20:00とか21:00など0:00過ぎでもOKという宿坊はあまり聞いたことがない。
それと並行して22:00までには消灯してください というように規則がある。
京都の宿坊ではないが消灯時間を過ぎてカップラーメンを食べようとしたら注意されたことがある。
質素
部屋は質素であり自分の経験からテレビ付の宿坊に泊まったことはない。
宴会みたいにドンチャン騒ぎなどできるわけはない。
ただ、夜、宿泊客は集まって雑談を楽しめる宿坊に泊まったことがある。
すばらしい旅の思い出ができた。






トップ
京都旅行



(注意)
2011年4月の旅行経験からまとめました。
自分の経験とその後の調査に基づいて作りました。
状況が変化している場合や実際と異なる事も考えられるので
あくまでも参考程度に自己責任でお願いします。