京都旅行記 嵐山を歩いて
嵐山で食事をしたり、天龍寺、野宮神社を歩く
清水寺に金閣寺、銀閣寺、それぞれ違った風情がある街、京都
嵐山もまた独特の雰囲気だ。桂川にかかる渡月橋とその背景の小高い山
素朴さをも感じさせる。周辺は多くの食堂に土産物屋が並び
昼時は多くの観光客でにぎわっていた。
周辺のお寺にもまわりたい


嵐山の情報に戻る

トップ
京都旅行








・嵐山周辺を歩く
 嵐山に着く。桂川にかかる渡月川とその
背景にある紅葉の山が美しい。多くの人が
写真を撮っていた。


 渡月橋の北側を歩いて
 渡月橋から北側の川沿いには
レストハウスや土産物屋が並び、多くの車や
観光バスそして観光客がいた。
 橋を渡って北へ進むと多くの店が並ぶ。
土産物や和食の店、喫茶店など、クレープ
ソフトクリームや冷奴の屋台などいろんな
種類の店があり、賑やかだ。
みていても楽しい。
喫茶店では、モーニングセットも取り扱って
いて、、朝嵐山に着いてそこで朝食をとった
こともある。


 京福電鉄嵐山駅とホームの足湯
 土産物屋と間違えて見逃してしまいそう
だが、京福電鉄の嵐山駅がある。
嵐山から、四条大宮や北野白梅町へと
でており、料金はどこまで行っても200円
1日券は500円で1日券があれば、拝観料
10%割引(50円程度?)
のお寺があったりする。
嵐山から仁和寺、龍安寺、太秦映画村
金閣寺などへ行くのに便利で自分自身
京都旅行でよく利用する。
 列車はレトロな感じで味があるし、一部
路面列車の区間もある。
 あと、ホームには足湯があり、
9:00〜21:00で150円オリジナルタオル付
だった。歩きつかれたときにいいかも?


 渡月橋の南側を歩いて
 渡月橋の南側は、嵐山公園があり、公園
内に和食の店や屋台がある。
 南側にもお土産屋がある。
 数は少ないが北側とは、また違った
雰囲気で食堂など落ち着いた感じだし、
すいていた。
 周辺を散歩するだけで1時間以上過ぎて
しまった。


渡月橋


賑やかだ


京福電鉄


ホームの足湯


・嵐山で昼食
 嵐山で昼食をとることにした。
混むことを予測して、11:00頃、嵐山公園
の食堂に入る。店内はきれいで一般的な
和食の食堂といった感じだった。
まだ、昼食の時間は早いらしく比較的
すいていた。
 「おこしやす」とか「おおきに」という言葉
が京都に来たことを実感させた。
 窓から、公園の様子や渡月橋が見える。
湯豆腐定食1200円を注文、
湯豆腐、ご飯、味噌汁、その他、漬物
がついて1200円だった。
当たり前かもしれないがさっぱりしていた。
美味しかった。
 店を出る頃には混み始めた。

 ちなみに渡月橋周辺にはファミリー
レストランやラーメン屋などもあり京都の
食事が苦手という人にもいいのでは?
ドライブインのように和洋問わずいろんな
種類の食事を出すところもあった。


嵐山公園の食堂


湯豆腐定食

・天龍寺と野宮神社
 天龍寺
 せっかく嵐山に来たのだから、天龍寺に
入ってみた。渡月橋から歩いて5分くらいだ。
1339年吉野で亡くなった。
後醍醐天皇の菩提を弔うために、
足利尊氏が夢窓国師を開山として創建
したと書いてある。
 庭園がきれいである。入場料は500円
で、寺院に入る場合は別に100円が
必要となる。
 シーズン中でもあり、中は混んでいたが
ゆっくりと庭を眺めている人もいた。
境内で精進料理の店があった。
11:00〜14:00で3000円であった。
境内で庭園を眺めながらの食事も
格別だと思う。
 北門をでると、竹林だ。きれいに整備
されている。
 野宮神社
 天龍寺のすぐ北に野宮神社がある。
源氏物語ゆかりで縁結びの神様で有名
である。小さい神社だが、多くの人がお参
りしていた。
 また、野宮神社は鳥居が特徴的で
黒木鳥居といい、原木で原始的な
日本最古のものといわれている。
大きな神社ではないが、有名な縁結び
の神様、多くの旅行者でにぎわっていた。


天龍寺の庭園


竹林と紅葉

(天龍寺)


野宮神社の鳥居





嵐山の情報に戻る

トップ
京都旅行