京都旅行より

高速バス・ツアーバス

京都や大阪へ行くのに安くて便利なのが
高速バス・ツアーバス東京をはじめ
あちこちから出ているのだ。
夜出て朝到着のバスも多く時間の節約になる。
自分の旅行経験から
高速バスについてまとめてみました。



早朝 京都駅に到着したバス











トップ
京都旅行


いろいろ調べてお得な旅を楽しもう!
格安京都旅行方法





高速バス・ツアーバスのメリット デメリット
メリット
安い!

高速バス・ツアーバス最大のメリットと思っている。安いことだ。
例えば東京から東海道新幹線(ひかり こだま)を利用すれば
京都まで13,600円に対し高速バス・ツアーバスなら
4,000円台から高くても8,000円台ではないか?
中には3,000円台もあった。
ツアー(フリープラン)でもバス利用と新幹線利用を比べると
バス利用の方が安あがりであった。
青春18きっぷの旅に次いで安い旅をした。

(高速バスとツアーバスとの値段の差)
以前は東京~大阪(京都)まで高速バスは8,000円台
ツアーバスは安く6,000円台位と思っていた。(一概にはいえないが)
しかし、一般的な高速バスも価格設定を広げており
ツアーバスも安全性重視の傾向(乗務員2人乗車など)
値段の幅は狭まっている感じがする。
とはいえツアーバスの方が若干安いと思う。

時間的メリットも大きい
昼間の便もあるがある程度長距離となると
夜便の方が人気があるようだ。
夜出て朝到着するバスを利用すると
翌朝から1日フルに遊べる!
時間的メリットも大きいのだ。


トイレ付もある女性専用シートもある
トイレ付のバスもあるし、女性専用のシートもあり
安心感は高い。
ただ
ツアーバスなどトイレなしも多い
混雑時は臨時の増便があるが、
その場合トイレがないことも多いようだ。


安く京都へ行ける


デメリット
乗り心地

最近高速バスもゆったりシートが多いが
新幹線と比べると揺れるし乗り心地はいいとは
言い難いものもある。
夜出て朝到着するのだから時間的メリットはあるが
乗車時間は長く
東京~京都の場合
バスなら8時間以上かかる。
新幹線の場合
「こだま」でも4時間弱であった。
「のぞみ」なら2時間半もかからない

遅れることも多い
高速道路は渋滞があるため、高速バスやツアーバスは
新幹線と比べ遅れる可能性は高いと言われている。
自分も経験上
JR(鉄道)よりも高速バスやツアーバスの方が
到着時間が遅れたことが多い。
ただ一概にはいえず、車両の点検等でJRも遅れることもあった。


京都までの高速バス・ツアーバスについて
まずはバスを検索 予約しよう
いろんなバスが出ている。

まずは高速バスやツアーバスの予約をしよう。
主要な都市を結ぶバスなど
高速バスの他、ツアーバスなどいろんな
バスが出ているし値段も時間帯も様々
自分好みのバスを見つけたい。

早めの予約を!
最近は~日前までに予約したら安くなる
早割を設けていることもあるし
シーズンだと結構満席になることも多い。
特に時間の節約ができる夜行バスなど
取れないことがあった。
早めの予約をした方がいいと思った。
ただ、キャンセルやキャンセルにかかる料金
なども確認している。

大阪行きも魅力的
京都行きというバスもないこともないが、大阪行のバス
の方が本数も種類も多い。それに出発地の幅も広がる。
それに阪急電車を利用すれば
大阪(梅田)から祇園近くの京都の河原町まで400円だった。
特急なら1時間もかからないで到着する。


大阪(梅田)から京都へ向かうのもいい


乗り換えの活用!?

自分が住んでいるエリアから大阪や京都へ行くバスがなくても
東京や名古屋に出てそこから大阪 京都へ向かうという方法がある。
ただ、万一バスが遅れて乗り継ぎができない場合
そのままチャラになってしまうこともあり個人的にはリスクは高いと思っている。
乗り換え時間に余裕をもったり
万一遅れたときの代用策(JRに乗り換えなど)がほしい。

どんなバスがあるか?値段は?
いろんな種類もあるし出発日によって
値段は異なるので一概にはいえないが
例えば
(トイレ付3列独立シート)
独立した3列の独立シート 隣の席とつながっておらず
カーテンで仕切っていることが多いので、トイレへ行くのに
隣の人に気を使わないで済むし、プライバシーも保てる。
フラットまではいかないにしろ、ゆったりしたリクライニングで
毛布も貸出しを行うこともある。
コンセントや無線LAN付も多い。
自分の経験上
3列シートのトイレなしは見たことないが一応確認を!
東京~京都で8,000円位だった。


3列シートこんな感じ



独立シートでなく 1×2シートもある
(独立した1席は運賃が若干高いこともある)


(トイレ付又はトイレなし4列シート)

シートが4列のバスである。
高速バスの場合
臨時の増便を除けば4列シートでもトイレ付が多いが
ツアーバスの場合 4列シートトイレなしも多いようだ。
なお
4列とはいえシートが
ゆったりめであることもあれば、
ちょっときついなというシートなど様々
値段は
東京~京都で
4,000円台 5,000円台が多いが
中には
3,000円台もあるし
ゆったりめの4列シートで6,000円台するのもあった。

安い便でオフシーズンの平日利用だと3千円台のバスもあり


4列シート
(安いことが多い)


乗り場の確認!

京都の高速バス乗り場といえばJR京都駅の正面ともいえよう
烏丸口というのが多いが、JRバスでもない限り、駅の敷地内
には入らないだろう。(というか入れないだろう。)
駅前の道を挟んだところに停車することがある。
ほかにも
大阪行きなど
京都市街地には入らず
名神高速道路の深草とか大山崎JCTなどということもあるし
ツアーバスとなるとバス停留所はなく~ビル前などと
紹介されることもある。間違えると悲惨 チェックしよう。
また、バス停から最寄り駅のチェック
例えば京都深草から京阪電車「藤森駅」まで歩いて数分
ここから京都の祇園方面へと電車で行ける。
京都に限らず出発地点のバス停も確認したい。
場所によっては無料駐車場や1日300円などのバス利用者の
格安駐車場があることもあった。


京都駅前のバス停


連絡先の確認をしている

バス停は無人であり、さらにバスが大幅に遅れることもあり
不安な思いをしたことがある。予約時にはバス会社の
連絡先もチェックしておきたい。

インターネット予約をすすめたい
いろんな種類のバスの比較ができるので
自分にあったバスを選ぶこともできる。
最近はネット割引を設けていることも多いのだ。
クレジットカード決済が多いように思えたが
コンビニ決済もあった。


高速バス・ツアーバスに乗車する
乗り場へ行く!

乗り場へと向かう。場所によっては駐車場付のバス
停留所もあり便利、無料のところもあるしバス利用者専用で
1日300円程度かかるところもあった。
ただ、シーズンになると満車というリスクもあると思う。
自分は満車の経験はないが、満車になりそうになって
ヒヤリとしたことがある。それ以降 早めに到着するようにして
万一満車なら高くても他の駐車場を探すか
一度家に戻りタクシーなど利用するようにしている。
最近は車でバス停には行かないことも多い。
これは推測だが300円程度の有料駐車場なら出発前
管理者(というかバス会社)に問い合わせて
空車状況を確認するのもいいかもしれない。


バス乗り場に到着
(東京駅八重洲口にて)


大きな荷物

バスが到着 大きな荷物を持っているならバスのトランクに預ける。
中型以上のスーツケースなど
断られることもあるので注意 事前に確認しよう。
もちろん貴重品は預けない
自分で管理するのだ。

京都旅行で持っていく人はいないと思うが
スキーやスノボーは持ち込めないこともあるのだ。


大きな荷物はトランクへ
(京都駅前にて)


チケット

チケットを見せて乗車するのだが下車時に運転手が
回収することがある無くさないようにしたい。

乗車中
乗車して、いよいよ出発!バスが動き出す。
リクライニングシートであっても狭いもの
ゆったりとした姿勢になりたい。


3列独立シート


静かにしたい

夜行バスはもちろん、昼間のバスでも騒ぐ人はあまりみない。
静かにした方がいいだろう。なお、気になるのはいびき
最近は耳栓サービスのバス会社もある。
飲食
特に差支えなかったが、匂いのでるものや汁物
などは控えたい。アルコール類を飲んでも特に問題はなかったが
狭い車内であることから泥酔にならないよう注意したい。
なお、休憩に立ち寄るサービスエリアではアルコール類
の販売はされていなかったので、乗車前に購入したい。
自分が夜行バスに乗る場合
眠るために軽くお酒を飲むことがあるが
あまり飲みすぎるとかえって気持ち悪くなったし
乾燥した車内のども渇いた。

お茶、コーヒーサービス
最近少なくなったがお茶やコーヒーのサービスがある
インスタントであるがトイレの近くに紙カップ
などと一緒に置かれている。


コーヒーやお茶のサービスがあるバスも


トイレ

基本的にバスのトイレは狭く、立ち上がると頭ぶつけるほど
また、乗車中 トイレに立つ人はあまりいなかった。
しかし、最近は後ろに広いスペースのトイレやパウダールームを
設けるバスもあり 揺れるけど
トイレの他 化粧や着替えもできる。

休憩
長距離になるとサービスエリアで休憩することがある。
距離によるが、2時間に1回位 1~2回位の休憩だろう。
時間はだいたい10~15分位
夜行バスなら寝ている人も多いと思うが
昼間のバスなら降りてみるのもいい
トイレに降りる人も多いし、自分の場合、売店でドリンクや弁当、
サンドイッチなど購入する。
サービスエリアによってはパン屋さんや団子など
ちょっとつまむのに食事もある。
ただ、時間がないのでゆっくりできないし
サービスエリアで食事をするのは無理
持ち帰りでも時間がかかるのは難しいだろう。
早弁が売られていればいいが売切も多く
自分の場合
焼きそばとかホットドッグ、おにぎり パンといった食事が多い。

乗り遅れに注意
自分の経験上、高速バスやツアーバスでよくあるトラブルが乗り遅れ
特にサービスエリア休憩場で時間になっても来ないことがある。
バス側としてもおいて行きにくいものだ。
しばらく待つと来るのだが、かなりの焦り みんなの目線も気になるようだ。
ちなみに
サービスエリアは上り下りと別々の設けていると思いがちだが
場所によっては建屋(レストランや店 トイレ)を挟んで
上り下りの駐車場があることがある。
逆方向の駐車場に行って迷ったみたいだ。
また、同じようなバスがあり混乱することもあった。
自分は一応ナンバーもチェックしている。


サービスエリアで休憩


到着

終点が京都ならば必ず停車するが
そうでない場合、降車ボタンを押して下車することもある。

早朝到着眠い
車内でよく眠れた場合はいいが
よく眠れない場合や早朝到着の場合など
到着しても眠いことがある。
これは何ともいえないが
自分の場合
大阪到着し
そこから阪急電車を利用 車内で寝る。
他にも漫画喫茶などで仮眠
など考える。
以前、早朝休憩OKのホテルも見ることがあった。
心配なら一応確認を!


おすすめバス会社
ヨヤクトル
お得な情報や幅広い選択幅

例えば東京~京都大阪ならバスの種類も豊富
格安バスから多少高くてもゆったりとしたシートなど
様々、時間も昼間の時間帯から夜でて朝到着の便などがあった。
選択の幅は狭まるものの、その他のエリアから出るバスも確認!

詳しくは



















トップ
京都旅行


(注意)
2015年までの旅行経験からまとめました。
自分の経験とその後の調査に基づいて作りました。
状況が変化している場合や実際と異なる事も考えられるので
あくまでも参考程度に自己責任でお願いします。