京都旅行記 四条鳥丸から祇園を歩いて
この周辺は多くのお土産屋や飲食店が並び観光客で賑やかだ。
また、京都で夕食を楽しむなら四条鳥丸や祗園周辺を歩くことが多い。
祗園とその周辺の町並みは風情あり、それぞれ工夫を凝らした店ありと
楽しいのだ!京都旅行でも是非訪れたい!


四条鳥丸と祇園の情報に戻る


トップに戻る
京都旅行








・バスで四条鳥丸へ
 朝9時頃、四条鳥丸に着く。
歩行者は少なかった。そこから祇園へ
向かう途中、スターバックスでコーヒと
パンの朝食四条河原町へ向かう。
・四条河原町から
 先斗町通り
 昼頃河原町から再び歩く。
八坂神社に向かいすぐ左に細い道がある。
先斗町通りだ。江戸時代からある花街の
通りだ。道の広さとはうらはらに、多くの
飲食店が並ぶ。京料理から喫茶店や麺類
を扱う店まで多種多様だ。
さらに路地裏の細い道がある。昔の京は
こんな感じだったのかとおもった。
路地裏をでるとすぐに小川と平行した道が
ある。木屋町通りだ。
そこに土佐藩邸跡の碑があった。
ここたでは、多くの碑を見かける。
歴史に興味があれば、おもしろいだろう。
 四条大橋
 四条大橋を渡る。橋の上も人でいっぱい
だ。鴨川の川端に並ぶ料理店が印象的
だった。
 祇園と花見小路
 四条大橋を渡り、祇園にはいると、
伝統工芸品など高級感のある店が
目立ってきた感じがした。
しかし、人も多い。喫茶店以外、休める
ところなし。
 右手に花見小路道をみる。
きれいな京都らしい町家が並び。
多くの店がある。
 さらに行けば八坂神社だ。
 このあたりを歩くのもいい思い出になる。


先斗町通り


四条大橋から


花見小路

京都旅行、韓国旅行、タイ旅行、アメリカ旅行で

街の景観
 
都市部は見慣れたビルや道が多い
海外へ行ってもそのようなところが多い。
しかし、京都の街は景観を大事にしている
他にも、妻籠宿など木曽街道の宿場町も景観を大事
にしており、外国人に人気なようだ
では海外ではどうか、
韓国旅行へ行ったとき
ソウルの王宮では昔の警備兵のカッコを
した人が立っていたりした、
町並みといえば、仁寺洞が印象深い。
慶州など韓国の古都である。
さすがに遺跡が多かったが、
あまり建物の復元はされていなかった。
タイ旅行ではアユタヤなど観光地化
された雰囲気だが、チェンマイでは景観と生活が
溶け込んでいる感じがした。観光地の為というより、生活の場と
した感じも強かった。例えば、京都のお寺は観光寺の
イメージが強いが、タイのお寺の多くは人々の支えとなっている。
アメリカはあまり、歴史伝統というものはないが、
アメリカ旅行で印象的なのは、
西部のルート66の看板だろうか、
歴史を感じさせた。




四条鳥丸と祇園の情報に戻る

トップに戻る
京都旅行






(注意) 自分の経験に基づいて作りました。
状況が変化している場合や実際と異なる事も考えられるので注意してください。