京都旅行より 観光コース6

上京地区を歩く

清明神社に石像寺、「おかめさん」で知られる大報恩寺に
上七軒、そして北野天満宮、そして妖怪ストリートである
一条通りなどをまわる。織物で有名な西陣など庶民的な雰囲気
が強いエリアである。観光地といった感は少ないが
ちょっと違った京都を楽しんでみるのもいい。



庶民的な雰囲気が魅力的
(上七軒)












トップ
京都旅行


いろいろ調べて自分好みの旅をお得にしよう!
格安京都旅行




上京地区おおよそのエリア


清明神社から一条通りまでの道
陰陽師でお馴染み安部清明を祀る清明神社から西陣と呼ばれるエリア
をとおり北野天満宮へと向かう。清水寺周辺や祇園、嵐山や銀閣寺周辺のように
観光地といった雰囲気は感じないものの風情ある町屋になんとも庶民的なお寺など
独特な雰囲気を感じることができるエリアなのだ。
距離にしてざっと3km位であろうか?なんども京都旅行をしている。
有名観光地とは、違った雰囲気を味わいたい。そういった人向けのコースに思えた。


所要時間
40分〜3時間?

所要時間は個人差によって異なるが清明神社から北野天満宮を経由して
一条通りまで歩くだけなら40分前後、清明神社や石像寺、大報恩寺
そして北野天満宮などまわりながら歩くなら2時間程度
他にも道中にある西陣織会館や考古資料館などをまわったり
休憩したり食事などを楽しんだりするなら3時間もしくはそれ以上
かかるのではないかと思う。
参考に自分は2時間位かけて歩いた。


清明神社から出発
陰陽師でひときわ有名となった安部清明を祀る神社だ。
大きな神社ではないが若い人を中心に多くの旅行者で賑わっていた。
行きかたは市バスの一条戻橋、清明神社前で降りればいいし
その隣の停留所、堀川今川ならバスの本数も多い。


清明神社から出発


西陣織会館

清明神社からすぐ、北野天満宮方面へと向かう途中に建つのが
西陣織会館、西陣織りの紹介に実演、販売の他、着物のショーが行われている。
ちなみに西陣とは
応仁の乱のとき西軍がここに陣を構えたことによるというらしい
西陣といえば織物で有名だが、それは応仁の乱より行われたという。


西陣織会館にて
(ショーを行う)

京都市考古博物館

その近くにもう一つ京都市考古博物館がある。
縄文時代から江戸時代に発掘された土器等の展示である。
訪れる旅行者はほとんど見かけなかったが
入館無料、興味があったら立ち寄るのもいいかもしれない。
庶民的な町
ちなみに清明神社から今出川通に出てまっすぐ歩けば北野天満宮に
到着するがちょっと住宅地の中に入ってみたい。
上京地区に限らず、洛中(京都の中心部)などを歩く場合
大通りからちょっと入ると町屋が並ぶ風情ある家並みに出会えることが多い。
ちなみにこの周辺も
町屋が多く、そこに首途八幡宮や本隆寺、猫寺といったお寺が建つのだ。


住宅の中にお寺が建つ


石像寺

千本通りという通り沿いにヒョイと現れるお寺 石像寺、「釘抜地蔵」「くぎぬきさん」とも
呼ばれている。いわれはあるようだが、「苦しみを抜き取る」といった意味合いがあるようだ。
そして、その境内の雰囲気、小さな境内にお年寄りが集まり
お茶を飲む姿など、なんとも庶民的な風景だ。


なんとも庶民的な石像寺


大報寺(千本釈迦堂)

石像寺近く、庶民的な住宅の中にあるお寺である。
「おかめさん」で有名である。
おかめさんの像に本堂にある応仁の乱の傷跡など歴史を感じさせるお寺であった。


境内には「おかめさん」の像を見る。


上七軒

ここまで来れば北野天満宮のすぐ近く、「かみしちけん」と呼ばれ
京都でも古い花街である室町時代、北野天満宮建築のとき
残った資材で7件の茶屋を建てたのが始まりといわれている。
今ではすたれてしまった感もあるが、古き町屋など
歴史を感じさせる道でもある。
北野天満宮
このあたりで最も有名なスポットかもしれない、菅原道真を祀った
北野天満宮である。広い境内で道真が好んだといわれる
梅の名所でもある。


北野天満宮


一条通の妖怪ストリート

北野天満宮を出て5分から10分ほど南を歩いたところにあるのが
一条通り大将軍商店街、庶民的なごく普通の商店街であるが
気になるのが、あちこちに妖怪の人形が置かれている。
ちょっと異様な感じがする。平安時代 このあたりは夜になると
鬼や妖怪が行進すると言われていたのだ。
百鬼夜行といわれ、平安時代の物語には
夜間に百鬼夜行に遭遇したという話もある。
京都の街中は夜でも明るいが平安時代はもっと静かで暗かったのであろう。
歴史を偲ばせてくれるのだ。
近くのバス停留所からバスで戻るもいいし、
京福電鉄 北野白梅町へ行くもいい。

 
一条通り妖怪ストリート














京都観光に戻る



トップに戻る
京都旅行



09年3月作成
(注意) 自分の経験に基づいて作りました。
状況が変化している場合や実際と異なる事も考えられるので注意してください。
自己責任のもとで参考程度に調査をしてください。