京都旅行より 洛北 光悦寺
市街地から見て北の山間に位置するお寺 光悦寺「こうえつじ」
静かな境内にはコテージみたいに茶室が点在していた。
近くには源光庵もあるのでいっしょに拝観するのもいいかもしれない




光悦寺の境内
(茶室が点在する)


トップ
京都旅行


いろいろ調べてお得な旅をしよう!
格安京都旅行








光悦寺とは
江戸時代初期に造られた

江戸時代の初期にあたる1615年に当時の文化人(芸術家)本阿弥光悦が
徳川家康からこの地を与えられて、その一族や工芸の職人らを集めて
いわゆる「芸術村」としたのが始まり。
本阿弥光悦の死後 寺となった。
確かにいろんな種類の茶室が点在している。


いろんな茶室が建っていた

光悦寺のまわりかた。
茶室めぐり

簡単にいえば茶室めぐりとなる。苔むした境内にいろんな茶室が
ポツン ポツンと建ち並ぶのだ。
ただ、中に入ることはできず、外観からの眺めであった。
なお、紅葉シーズンの境内の眺めはすばらしいとのこと
所要時間
20〜30分もあればいいのではないか?
源光庵の近く
場所は京都中心部から見て北側の山間、市街地からちょっと離れている。
ここまで訪れて光悦寺だけ というのももったいない気がする。
源光庵に近く歩いて5〜6分位ではないか?
一緒に立ち寄りたい。

 
血天井や「迷いの窓」「悟りの窓」で有名な源光庵にも近い

光悦寺情報
拝観料が300円、
拝観時間 
8:00〜17 :00
所要時間 約30分
秋などオンシーズンをぬくと、だいたいはすいているとのこと、
07年3月上旬に訪れたときはほとんど旅行者は見られず
ゆっくりと境内をみることができた。


光悦寺の行き方
路線バス

市バスの源光庵前に「高峯源光庵前」というバス停がある。ここから徒歩5分ほど
、四条大宮から6番、北大路BTより北1番バス、
市バス1日券が使えるかは不明、確認してください。
徒歩
なお、大徳寺から歩いて30分位か。
マイカー(レンタカー)
光悦寺の駐車場あり(無料)

光悦寺に訪れての感想
茶室が点在する

境内にそれぞれ個性ある茶室が点在していた。
コテージや別荘みたいな感じがした。
なお、奥に光悦の墓がある。
静かな雰囲気
お寺周辺は静かな住宅地どちらかというと京都の観光地から外れたイメージがある。
まわりは、住宅や学校で、周辺は清水坂や嵐山のような
「観光地」といったイメージは感じなかった。
静かに歩きまわるといったお寺で
つまり周辺には土産物屋や食堂、喫茶店などがないのだ
静かにお寺を楽しむにはよいが、みんなでワイワイする雰囲気
ではないようだった。
また、茶室といっても中に入れず 畳の部屋でゆっくり庭園を眺める
といったものでもなかった。茶室や垣根などを眺めながら歩くのだ。


境内を歩く







トップに戻る
京都旅行


(注意) 07年の旅行経験から作りました。
状況が変化している場合や実際と異なる事も考えられるので
参考程度に自己責任のもとで調査してください。