京都旅行 高雄

高山寺の魅力

京都の北西の山間にある里「高雄」その代表的なお寺の一つが
高山寺であろう。静かなたたずまいで「山のお寺」といった感じがいいのだ。
鳥獣戯画(ちょうじゅうじんぶつぎが)でも有名である。
西明寺や神護寺を結ぶウォーキングコースもあるので、散策をするついでに
訪れるのもいいし、周辺に茶屋や食堂もあったのでゆっくりするのもいい。



山の中にひっそりと建つのが魅力である。










トップ
京都旅行


いろいろ調べてお得な旅をしたい!
格安京都旅行方法




高山寺の場所
(京都中心部から見て北西の山中にある)



高山寺とは
774年に開山

高山寺が開山されたのは774年光仁天皇の勅願によるものといわれている。
京都に都が置かれた平安時代は794年からといわれているので
平安時代より前に開山されたことになる。
ただ、高山寺という名ではなく神願寺都賀尾坊と呼ばれていた。
1206年に高山寺と改称
高山寺に改称されたのは1206年鎌倉時代に明恵上人によるものである。
1994年には世界遺産に登録
1994年には世界遺産に登録された。

高山寺の魅力
鳥獣戯画

高山寺で有名といえば鳥獣戯画(ちょうじゅうじんぶつぎが)である。
平安末期から鎌倉時代のものとされ
甲乙丙丁の4巻からなるウサギや鹿、猿がまるで人間のように
ユーモラスで描かれており、まるで漫画チックである。
現在は東京国立博物館と京都国立博物館にあり(巻ごと2つに分けている)
現在、寺でみられるのが模品となっている。
茶の栽培の文化
高山寺の境内には森に囲まれた茶園をみることができる。
日本における茶の発祥は
鎌倉時代、明恵上人が栄西禅師から譲り受けて栽培をしたことによる。
ただ、奈良時代や平安時代にも遣唐使により茶はもたらされたといわれているが
山に自生していたお茶を飲んだといわれている。
石水院
高山寺境内にはいくつかの建物があるが、特に紹介されるのが
石水院である。国宝であり、明恵上人が学問所として賜ったといわれている。
鳥獣戯画(の模品)も石水院に展示されている。
紅葉シーズンの魅力
高山寺(というより高雄エリア)の紅葉はすばらしく
シーズンともなれば、多くの旅行者が参拝やハイキングを楽しんでいる。

高山寺をまわる
参拝ルートはほぼ一定

参拝ルートはほぼ一定で、
駐車場やバス停の「栂ノ尾」から境内に入る。
もちろんハイキングコースからの入口もある。
入山料は無料だが、紅葉シーズンのみ500円を払うことになる。
そこから、石水院、石水院に入る場合は拝観料600円を払う。
興味があれば入るのもいい。
そして山の中の茶園を見て
開山堂、金堂をお参りして、参堂をくだるというコースだ。
境内は山の中で多少の登り下りはあるが、苦になるほどでもなかった。
道も整備されていて、普通のスニーカーなら問題なく歩けた。
余談だが
高山寺を出たところに食堂があり
参拝後に食事や喫茶でゆっくりするのもいい。


ルートの多くは山道であるのもいいのだ


ハイキングで訪れる

高山寺を出て西明寺や神護寺を結ぶ散策ルートがある。
山の中 清滝川沿いの道を歩くのは
気持ちがいいし健康にもいいのでは?
紅葉シーズンなど多くの人がハイキングを楽しんでいた。
個人差によるがだいたい2.5〜3時間でまわれると思う。


境内の案内図もあり


滞在時間
30分〜1時間位?

個人差による。サラッとまわるだけなら、30分位であるし
ゆっくりするなら、1時間弱といったところか?
境内をでたところの食堂で食事などをするならそれなりに時間がかかる。
参考に
高雄には神護寺に西明寺と他にも魅力的なお寺がある。
せっかくここまで来たのだから、そういったお寺をまわるのもいいと思う。

高山寺情報
入山料

通常は無料であるが紅葉シーズンは500円払う必要がある。
石水院拝観料
600円
拝観時間
8:30〜17:00

2013年7月に確認した内容です。
最新の情報で確認してください。



高山寺へ行くには?
場所は京都市街地から離れた山の中である。
場所的には少々不便だが観光バスや路線バスも多く見かけた。
高山寺の行きかたとすれば
マイカー(レンタカー)やバイク、路線バスや定期観光バスが挙げられる。


路線バス
JRバス

JRバスで周山行に乗車、栂ノ尾(とがのお)下車
乗車時間は京都駅から約50分 運賃は500円だったかな?
栂ノ尾の停留所からは高山寺はすぐのところだ。
便数は多いらしく平成25年8月の調査で7:00前から19:00過ぎまで
1日30本以上でていることを確認した。

お得な高雄フリー乗車券

JR京都駅前のJRバスチケットセンターで買えるとのこと。値段は800円
JR京都駅から栂ノ尾まで片道500円であるが800円で往復できるので
往復するだけで割安となるのだ。
さらに北野から栂ノ尾までは1日間乗り降り自由
西明寺に近い「槇ノ尾」 神護寺に近い「山城高雄」にも降りられるし
北野から先の仁和寺や妙心寺、竜安寺にも立ち寄れる
かなりお得だと思う。
ただし 他社(JRバス以外)は利用できないので間違えないようにしよう。
市バスを利用
高雄まで市バス(8番系統)を確認 四条烏丸あたりから出ていた。
運賃均一区間外なので市バス専用1日乗車券カードは使えない。
京都観光1日・2日乗車券カードは京都市バスの全路線使用可能
であることから、市バスで高雄までなら京都観光1日・2日乗車券カード
を使えるということになる。一応確認を
注意したいのは、高雄から高山寺まで15分から20分ほど歩くことになる。
渋滞
紅葉の名所だけにシーズンともなればすごい渋滞
到着が遅れることも考えられるので注意したい。
嵐山からのバス
紅葉シーズンともなれば多くの旅行者で賑わう高雄エリア
以前訪れたとき、阪急嵐山駅から臨時のバス停留所を確認
多くの人で賑わっていた。
大阪(梅田)や神戸方面から訪れる場合、阪急嵐山駅から便利であろう。



高山寺へ訪れる場合JRバスが便利なのだ


定期観光バス
ゆったりと座って行ける

路線バスやマイカー(レンタカー)などを利用して個人で訪れることもできるが
旅行者にとって不慣れな土地、道に迷ったりして疲労がたまったり返って非効率なこともある。
そこで便利なのが定期観光バス、高雄エリアは紅葉で有名なので紅葉シーズンに観光バスがでていた。
団体の場合は団体専用口などが設けていることもあり、混雑の激しいシーズン時には
ありがたみを感じることも多いのだ。
ゆったり座って行けるのもいい。

 車(レンタカー)
 マイカーで行く場合、高山寺近くに駐車場がある。通常は無料であるが
紅葉シーズンともなると有料になる。(最近は800円とも聞いた。)
オフシーズン(3月)に訪れたときはスンナリと駐車できたが
紅葉シーズンに訪れたとき、高雄エリアに入ったとたんに渋滞に満車
長く空車待ちをしたこともある。

嵐山−高雄パークウェイについて
高雄から嵐山まで嵐山−高雄パークウェイという約11kmの有料道路がある。
山沿いの道で道路沿いには公園や京都市街を眺める展望台や
駐車場(無料)がある。通行料金は軽小型普通乗用車で1150円であった。
駐車料金が無料ということで、風景を楽しんだり公園へ遊びに
行ったりする上ではおトクであろう。
しかし、嵐山〜高雄の単なる近道として考えた場合はちょっと
通行料が高いと思った。個人的に思ったが、
ただ通り過ぎるだけなら国道162号線を走ったほうがよいかもしれない。


駐車場にて
(シーズンともなれば賑やかである)


 高山寺のまわっての感想
多くの旅行者で賑わう紅葉シーズンと閑散としている3月
2回訪れた経験から高山寺に訪れての感想をまとめてみました。


ピークシーズンは賑やか オフシーズンは静かだった

秋のシーズンと冬のオフシーズンの2回訪れたところから
高山寺は紅葉の名所であり、シーズンともなると多くの旅行者で賑わう。
渋滞もすごいが、一面が美しい紅葉に囲まれた京都
それ以上にすばらしい風景を楽しめるのだ!
逆に
静かな高山寺を楽しみたいなら、オフシーズンがよいだろう。
訪れる人は少なく、ゆっくりと見物することもできるのだ。
夏など京都市街地と比べ涼しくて過ごしやすいとも聞いた。
歩いて楽しみたい!
山の中にあるお寺だけであり、街中にあるお寺とは違った魅力がある。
境内とはいえ山道である。森の中に茶園や石水門や開山堂、金堂がある。

高雄には東海自然歩道というハイキングコースがあり、
紅葉シーズンは多くの人がハイキングを楽しんでいた。
高山寺、神護寺、西明寺を歩いてまわるのもいいと思った。


境内を歩く

石水院

境内に入って最初に目についたのは石水院
鳥獣人物戯画複写(原画は東京国立博物館)がある。
シーズンを問わず入場料は600円
建物は小さく簡単にみるだけなら、15分もあれば十分だろう。
ちなみに
石水院とはもともと金堂の東側にあったものを
明治になって移転したとか
金堂の隣には旧石水院跡がある。
茶園
石水院から開山堂へと向かう途中、山の中から茶園を見る。
ここ「栂ノ尾」は茶の栽培の発祥地とのこと、
鎌倉初期に栄西禅師が宋(中国)から茶の種を持ち帰り広めたと言われている。


茶園を見る

開山堂

次に目についたのは開山堂 素朴なお堂で
秋 紅葉シーズンの開山堂はすばらしい。
撮影スポットとしてよかった。


高山寺(開山堂)


金堂

最後に見たのが金堂、高山寺で一番奥まったところに建つ
 開山堂と同様 山の中にひっそりと建っているのだ。
金堂をお参りした後 参道を下って高山寺を後にする
道は整っているものの境内も山道のような雰囲気だった。


金堂

周辺の食事について
周辺に食事処を見かけた

 駐車場周辺になんとも風情を感じる食堂を見かけた、清滝川を眺めながら、
食事もできるところもある。風情があるのだ!
参考に
にしんそば1050円、松茸御膳3000円
抹茶600円、コーヒ500円程度だった。
高山寺駐車場の自動販売機は缶ジュースで120円だった。
(07年3月)


駐車場周辺の様子
(雰囲気のいいところで食事もいい)


















トップ
京都旅行


(注意)
07年3月〜08年11月の旅行経験に基づいて作成しました。
状況が変化している場合や実際と異なる事も考えられるので
自己責任のもと参考程度に調査してください。