京都旅行 化野(あだしの)念仏寺に訪れて
(西院の河原に並ぶ石仏や石塔がわびしさを感じる。)
京都の中心部からみて北西の山側、嵐山からみて北側に位置する
化野(あだしの)にあるお寺である。この地はかつての風葬の地であったという。
弘法大師が野ざらしとなった遺骸を埋葬し五智山如来寺を創建したのが
はじまりという。境内には約8000体ともいわれる石仏や石塔がある。
賽の河原のような寂しさを感じるお寺であった。


トップに戻る
京都旅行



いろいろ調べてお得な旅をしたい!?
格安京都旅行










化野念仏寺に入る

化野念仏寺について
わびしさを感じる無縁仏の寺

この付近はかつての風葬地であった。
場所は嵐山の北側の山側に位置する。「化野(あだしの)」というエリア
この地域はかつて風葬の地ともいわれ多くの無縁仏が放置されたという。
野ざらしになった遺骸を埋葬したのが始まり
そして、今から1000年以上前の西暦800年代初期 弘法大師が野ざらしになった無縁仏を
弔うために五智山如来寺を創建したのがはじまりという。
その後、法然上人が念仏道場と改めることとなる。
8000ともいわれる石仏や石塔が並ぶ。
化野念仏寺に訪れて一番印象に残るのは、境内にある「西院の河原」
約8000ともいわれる石仏や石塔がぎっしりと並ぶ。
話によると
室町時代あたりの石仏や石塔らしく
明治になってから付近の土中から発掘され、集められたらしい。
なんとも寂しさ、怖さをも感じさせた。

なお、8月23、24日には
千灯供養がおこなわれるとのこと。(要確認)

化野(あだしの)の魅力
一味ちがった京都旅行?

素朴な京都を味わえた
京都旅行の観光スポットといえば、清水寺とか金閣寺、銀閣寺といった
比較的中心部に近いエリア、そして嵐山など有名で訪れる旅行者が多い。
化野(あだしの)はそれらのエリアからちょっと離れているものの
元気があれば嵐山から歩いても行けるし、
京都駅や嵐山などからバス(京都バス)も出ていたので
特別不便でもない。
そして
化野には嵐山や京都中心部にもないような素朴な京都を感じさせてくれたのだ。
個人的には「茅葺屋根の町」という印象が強い。
また
シーズン中でも嵐山や祇園よりも混雑は少なかった。
京都旅行の穴場的スポットとも思っている。
化野(あだしの)をちょっと歩きまわりたい
(静かなたたずまいを見せてくれる風景)

車(レンタカー)やバスなどで化野念仏寺だけを訪れるのももったいない気がする。
周辺には素朴な家並みと民芸品など京都らしい品を扱うお土産屋や
食堂がみられる。周辺も歩いてみたくなった。
また、近くには祇王寺や滝口寺などがあり、また素朴で風情があった。


化野念仏寺前の町並み

化野念仏寺の情報
拝観料が大人500円 中学生高校生400円 小学生以下無料
(その他 団体割引などがある。)
開門9:00〜16:30(受付終了)
12〜2月は〜15:30に受付が終了する。
(閉門は 受付終了後から30分以内となるようだ。)
その他、休観日などは確認してください。
所要時間
念仏寺だけなら20〜30分もあればいいと思った。

先にも述べた通り
化野念仏寺のみの拝観なら20〜30分ほどであるが、
周辺には素朴な家並みと民芸品などを扱う店も多かった。
雰囲気を味わうためにも少なくとも40分位はほしいと思った。
化野念仏寺へ行くには
嵐山(渡月橋)から徒歩30分ほど
お散歩がてらに嵐山から歩くのもいいと思う。
嵐山(渡月橋周辺)とはまた違った風情があるのだ。
路線バス
京都市バスのバス停は確認できなかった。
京都バスの鳥居本バス停ありそこから歩いて5分ほど
嵐山の他、京都駅や三条京阪から出ていた。

嵐山、高雄パークウェイの近くである。
念仏寺の駐車場はないが、入口付近に有料駐車場あり
07年3月現在で500円だった。ただし、私の利用した
駐車場は小さかった。

化野念仏寺に訪れての感想
(参道から中に入る)

お土産屋や素朴さある町並みの通りから化野念仏寺の入口がある。
石畳の階段を登ったところにある門で素朴な構えであった。
多くの石仏や石塔を見る。
中はお墓が多く、境内の中心部に「西院の河原」というのがある。
西院の河原は五輪塔の中に8千体を数える石仏や石塔が並ぶ。
明治中期に化野に散乱したり埋没した石仏を集めたといわれている。
無縁仏となった石仏がぎっしりとあるのだ。
京都中心部のお寺とは異なった趣がある。
京都には美しい庭園を楽しむ寺院は多く
美しさを物語っていた。
しかし、念仏寺の雰囲気は全く異なり。
なんとも寂しい風景であった。

ぎっしりとつまった
8千にのぼる石仏や石塔は小さく、長い年月が経つにつれて無縁仏と化し
山野に散乱していたのだ。
ここはかつての風葬の地であることを印象付けさせてくれた。
六面六体地蔵
みず子地蔵と竹林の向こうにある六面六体地蔵
西院の河原よりちょっと奥に茅葺屋根の小さなお堂があり
みず子地蔵尊がまつられている。
その奥にきれいな竹林があり、そこをぬけると
墓地がある、そこに六面六体地蔵が置かれている。
「地獄」「餓鬼」「畜生」「修羅」「人道」「天道」という六面から
なり、時計周りで水をかけながら地蔵尊の横に書いてある
呪文?を唱えながらまわるのだ。
周辺の様子
念仏寺周辺は風情ある素朴な町並みに、土産物屋、喫茶店、食堂もある。
念仏寺入口の通りは町並み保存地区となっており、昔ながら
を感じさせる、あじのある町並みだった。また、京都市街はずれの
山あいだけに、祇園の花見小路通りや四条河原の先斗町とは
違った趣があった。
8月に行われる千灯供養
化野念仏寺で有名な行事に千灯供養というのがある。
無縁仏にろうそくを灯して供養するのであり多くの参拝客や旅行者で賑わうという。
幻想的とも聞かれた。
8月23〜24日の17:30〜20:30までに受付が行われ料金は1,000円
予約は必要ないとも聞いたが混雑も予想されるし、今後の変更もありうるので
前もって最新の情報を確認してください。





トップに戻る
京都旅行


07年3月の情報です。
(注意) 自分の経験に基づいて作りました。
状況が変化している場合や実際と異なる事も考えられるので注意してください。