京都旅行より

六波羅蜜寺

社会の教科書で見た人も多いだろう。
念仏を唱える口から六体の阿弥陀が出ている
空也上人立像、庶民的な雰囲気もよかった。


 

トップ
京都旅行

お得に旅をしよう!
格安京都旅行方法




六波羅蜜時にて
(こじんまりとした雰囲気だ)


目次
(クリックするとジャンプします)


六波羅蜜寺について
歴史、魅力や周辺の様子など

六波羅蜜寺の場所 情報
拝観時間 拝観料 滞在時間など

六波羅蜜寺に訪れて
実際に訪れての感想






六波羅蜜寺について
多くの仏像が並ぶ

特に空也上人立像や平清盛像が有名
六波羅蜜寺は空也上人立像など仏像を見られることに魅力があった。
なお、六波羅蜜寺は951(平安時代)年に
空也上人によって開創されたといわれている。
周辺は閑静な住宅街
京都の中心部に位置しながら周辺は閑静で風情ある住宅街
お寺そのものは特別大きくはなく、見たところ普通のお寺といった雰囲気
しかし、そこそこの有名寺院であるせいか訪れる参拝客は多い。


周辺は閑静な住宅街


六波羅蜜寺の場所・情報
ちょっとゴチャゴチャしたところにある

路線バスなら清水道、京阪電鉄なら
五条駅から歩いてちょっとだ。(8分位だった。)
また、場所は京都の中心部だけに祇園や三十三間堂、
清水寺からも歩いていけた。
周辺のお寺や町巡りついでに立ち寄るによかった。
ただ、入り組んだ住宅地の中にあるためちょっと分かりにくいが
ガイドブックの地図を見たり、地元の人に聞けば分かろう。
ちなみに駐車場はないので車の場合 周辺の駐車場利用となる。


牛若丸と弁慶が出合ったことで有名な
五条大橋からも近い

拝観時間

9:00〜17:00(宝物館は16:30受付終了)
拝観料
文化財宝物館のみ(空也上人立像やその他仏像は宝物館にある)
2010年2月に確認したところ
大人600円、大学、高校、中学生500円 小学生400円とのこと
今後の変動もあります詳しくは各自最新の情報を調べてください。
滞在時間
(10〜20分ほど?)

見物のメインとなるのは宝物館であるが特別広いわけではない。
個人差はあるが観光拝観のみなら10〜20分あればいいのでは?


六波羅蜜寺に訪れて
住宅地の中のあるお寺

祇園や清水坂にも近く京都市街に位置するが、
場所は住宅地の中にあった。ただ、
京都中心部の住宅は町屋も多く風情があるのだ。
その中に溶け込んでいるようなお寺であった。
そこでお参りしている姿をみていると「旅行者」というより地元の人
のような風に感じてしまった。
大きなお寺ではにないが、また風情があるのだ。


入口もこんな感じである。

宝物館に入る

境内は自由(入場無料)だが、宝物館は有料であった。(600円)
宝物館内部はそれほど広くはないが、中には十数体の仏像が置かれていた。
すぐ近くで見ることもでき
その多くは今でも動き出すのではないかと思うほど見事な仏像であった。
(空也上人立像)
一番のみものは「空也上人立像」だろう。胸に金鼓、左手に杖をつき
そして口から六体の阿弥陀が出てくる姿はなんていえばいいのだろう。
一心に念仏を唱える姿で今での動き出しそうに見えた。
拝みたくなる。
ちなみに6体の阿弥陀「南無阿弥陀仏」の名号を象徴しているとか?
(他にも魅力的な仏像)
例えば
平清盛や運慶坐像などが安置されていた。


 ツイート





トップ
京都旅行



スマートフォン



(注意) 08年4月の旅行経験から2010年3月にまとめました。
自分の経験とその後の調査に基づいて作りました。
状況が変化している場合や実際と異なる事も考えられるので
あくまでも参考程度に自己責任でお願いします。