京都旅行記1日目
清水寺 金閣寺 京都タワーと飲み会
参考に韓国、タイ、アメリカのことについてふれました。

1日目

安く京都へ行く方法を紹介!
格安京都旅行方法


京都旅行トップに戻る








京都旅行1日目(06年11/14)

・清水寺
 11:30頃、車で清水寺付近に着く道は
細く渋滞してた。駐車場は沢山あったが、
どこも満車でしばらく周辺をくるくるまわる。
 ようやく、空いている駐車場を見つけた。
修学旅行生や外国人、その他多くの
観光客がいる。
 清水寺は京都でも人気の観光スポットだ。
清水寺へ向かう坂道を歩く。道沿いには
お土産屋が並び、また、観光用人力車も
あった。
仁王門から清水寺に入る。
三重塔から本堂へ、清水の舞台だ。
ちょっと紅葉には早かったが上からの
京都の眺めは美しい。
多くの人が、上から写真を撮っている。
 さらに、釈迦堂や阿弥陀堂へ行き、下へ
と下る。清水の舞台真下には
音羽の滝というものがあり
それを飲むと無病、無災ぼ恵まれると
いわれている。その水を飲むにも5〜10分
ほど並んだ。入り口で水を飲むカップを
売られていた。ひしゃくもあり、一応
殺菌をしているが、これだけ多くの人が
使うのだから、カップを買う人も多い。
カップにはまるサイズのひしゃくも
置かれている。
また、舞台の下にはいくつかの茶屋があり
休憩するのにもよい。
 帰り、清水坂の上にある店で昼食、
西洋風の店内に京都風にアレンジした
料理といった感じだった。
 食後、清水坂を下り、車にもどる。

・道に迷った
 次に金閣寺へ向かう・・・が
ナビを頼りに走ったらおかしなところにでて
しまった。街を外れて、どんどん山の中に
入ってしまう?
 ナビでは「斜め左」というが、先はすさま
じい急坂だ!おかしいと思い右折する
、いや ここも違う、戻る。
車を戻す。テニスコートにいるおばちゃん
達が我々の車をじろじろ見ている。
「そんなに珍しいのか?」
 やむをえず、急坂を下る。また、山に入る。
「きんかくじでなくコンカクジなんて寺が
あってナビはそこをさしているのかなあ〜?」
 山をぬけて本物の金閣寺入口に着いた。
どうも、金閣寺の裏山をぬけてきたらしい。
あまりナビ頼りもよくないのか、
多少は土地勘があったほうがいいかも!
「やっぱコンカクジなんて寺はない」
 参考に清水寺〜金閣寺は30分もあれば
着く。「迷ったり、渋滞がなければ」
・金閣寺
 金閣寺に入る。
まず、休憩所へ行きみんなで抹茶ソフト
を食べる。
やはり金閣寺は金色に輝いている。
まわりの庭園も見事だ。
もちろん観光客も多く、記念写真を
撮っている。
・ホテルへ
 夕方4時頃ホテルに着く。
二条城前にある京都国際ホテルだ。
立派なホテルだ。
部屋も広く、室内はクラシックな感じだ。
外からの眺めもよい。
部屋に入るや、いきなりビールで乾杯!
つまみなしで缶ビールを飲みほす。
うまかった!
・京都タワー
 みんなで地下鉄に乗り京都駅へ行く。
そこで、駅前にある京都タワーへ。
 上からみる京都の夜景はきれいだった。
 タワーの下に、ビリケン様?と
マジックミラーがあった。マジックミラーで
大うけ、京都タワー一番の思い出となった。
 そのあとタクシーで飲み会の会場へ
・飲み会
 18:30飲み会スタート!
 鍋料理だ。(京料理ではなかった)
今回は若手だけであり、
 みんなで馬鹿話をしながら飲む。
 酔いがまわる。
 二次会はパチンコへ行く人、飲み屋へ
行く人、その他とわかれた。
 夜の繁華街を歩くと、池田屋事件や
土佐藩邸跡の碑がある。京都の歴史を
感じさせた。
ホテルに戻った頃は0:00を過ぎていた。
風呂に入って寝る。

(06年11/14(火))

京都旅行記2日目へ

京都旅行トップに戻る

清水寺


昼食


清水坂の賑わい


金閣寺


ホテルの部屋


京都タワーからの
眺め



マジックミラー


飲み会


二次会へ

ちょっとひとこと
グループ旅行1

個人で旅行へ行くことが多いが、海外だと現地で仲間をつくれることも多い。
アメリカ旅行ではおそらくバーなどで現地の人とふれあえるかも?
アメリカでバーへ行くことはなかったが、沖縄旅行でアメリカ人が多く集まる
バーへ行った。言葉が通じれば、和気あいあいになれるかも、
タイ旅行では、チェンマイトレッキングツアーで仲間ができたし、
韓国旅行では仁寺洞の安宿で知り合った日本人と飲みに行った。
昔はドミトリー(大部屋)に泊まって仲間をつくったりした。
しかし見知らぬ人どうし
まれにトラブルもあるので注意したい。







京都旅行トップ



(注意) 自分の経験に基づいて作りました。
状況が変化している場合や実際と異なる事も考えられるので注意してください。