京都旅行より

交通、宿泊、食事などの費用

旅行のスタイルは人それぞれであり、もちろんスタイルによって
旅費は大きく異なるもの、食費の交通費、拝観料など
自分の旅行経験からどれくらいの費用がかかったかまとめてみました。
他にもお得な予算でグルメや移動ができる方法などもまとめてみました。
いろいろ調べて自分にあった旅をお得にしよう!



食事や観光、交通費に宿泊費、お土産代など











トップ
京都旅行


いろいろ調べてお得な旅を楽しもう!
格安京都旅行方法





交通費について
京都までの交通

まずは京都までの交通機関どこから出発するかによって異なる
例えば東京や福岡なら安さ追求なら高速バスがあるし、新幹線や飛行機
でも安いプランを出すこともあるのだ。安くて便利といえば夜行バス
東京だけではなく地方から大阪や京都へ向かうバスは出ているし
運賃だってJRの普通乗車券並み(もしくはそれ以下)個人的には好んでいるが
車内で寝るのに抵抗を感じる人もいるだろう。京都に着いたけど前日は眠れず
具合が悪いとなれば元も子もない。ならば新幹線など利用するのもいい。
シーズンによるが新幹線+ホテルセットプランを使えば意外にも安いこともある。



詳しくは
格安京都旅行方法
を参考にしてください。





京都までのアクセスもいろいろあるのだ





京都市内の交通費
路線バスや鉄道といった交通機関を利用する場合
京都中心部の観光で1日500円~1,200円
比叡山や大原 など郊外へ行く場合は1,000~2,000円程度
京都の公共交通機関は比較的安いと思った。
ちなみに
自分の場合
安くあげるため
フリー切符などお得な切符が多く売られているので事前にチェックして活用している。
あと
定期観光バスや観光タクシーを利用すれば半日3,000~6,000円
1日7,000~1万数千円ほどで路線バスや鉄道と比べると値段はグンと上がる。
しかし
ガイドが案内してくれるうえにゆったりと座って行けるし、とにかく楽、
定期観光バスなら団体専用口を通るので並ばないで済むこともある。
体力に自信がなければ観光バスやタクシーの方がいいと思う。
特にピークシーズンなど、かなりありがたみがあるのではないか?

市バス・京都バス一日乗車券カードを使えば1日500円で済む
京都観光を楽しむ旅行者でよく利用しているチケットの一つであろう。
市バス・京都バス一日乗車券カードが500円で売られている。市バスと京都バスの運賃均一区間は
1日乗り放題 主なバス停には自動販売機があったし車内で売られることもあった。
JR京都駅に三十三間堂、清水寺に祇園、河原町、銀閣寺、金閣寺、太秦映画村に仁和寺 嵐山など
かなりの広範囲で利用可能 かなりお得に思えた。



市バスは安くて便利


京都観光一日 二日乗車券カードなら1日1,200円 2日2,000円

市バスと市営地下鉄全線 一部路線を除くが京都バスも利用可能
地下鉄で山科へ行ったり大原へ行く場合など便利


京都観光一日 二日乗車券カードなら地下鉄も利用できる。


鉄道利用

京福電鉄や阪急電車に京阪電車など
京都市内の移動なら1回200~300円ほど
京福電鉄1日乗り放題500円といったお得な乗車券もあり
比叡山や鞍馬 高雄方面へ行く場合
叡山電車で出町柳から鞍馬まで420円
紅葉シーズンに阪急嵐山から高雄(高山寺など)あたりまで値段を聞いたら680円
ただ、1,000円のフリー切符がありその方がお得
比叡山の場合比叡山1dayチケットを使えば
祇園からの鉄道やロープウェイ 比叡山内のバスを含め1,780円ほどであった。
普通運賃より安い。


鞍馬や貴船に行くのに便利な叡山電車


定期観光バスなら
半日で3,000~5,000円 1日やナイトツアー7,000~1万数千円ほど?

京都観光で人気があるのが定期観光バスとにかくコースが多い
路線バスや鉄道と比べると値段は上がるが、ゆったりとしたシートに座って
ガイドの案内のもと確実に観光スポットへ行けるのは、とにかく便利
おすすめといえる。さらに1日コースなら昼食付もあり京料理もあり
ナイトツアーで豪華に
1万円を超すようなツアーもある。しかし内容は豪華で例えば川床料理を堪能したり
京舞を鑑賞したりといったツアー 川床料理でも万前後はしよう。


定期観光バスでゆったりとした京都観光を!


観光タクシー

京都を観光しているとタクシーの運転手の案内のもとで観光を楽しむ人も見かける。
~時間~円とチャーターするのだ。おおよそのコースはあるだろうが
その人のニーズに応えてくれるであろう。
車種や時間によって異なるがだいたい4人乗りで3時間15,000円 6時間で27,000円
といったところであろう。人数が集まれば割安になろう。


京都はタクシーも多い


食事について
京都らしい食事を楽しむ

食費も人によって大きな差があるだろう。例えばスーパーやコンビニ、ラーメンや定食屋ならば
1食1,000円以下で済むだろうし、川床料理や京懐石料理を堪能するなら万はいくこともある。
自分の経験上だいたいの値段の目安をまとめると

朝食
宿の食事を除くと朝食で京都らしさを求めるのは難しく
ファーストフードのモーニングセットなどにしている。500円前後だろう。


朝食は軽くコーヒーとサンドイッチ


昼食

銀閣寺や清水寺周辺 嵐山などの食堂で湯豆腐など京都らしい食事で
1,000~2,000円位 そばやうどんで1,000円前後といったところか
もし、そこそこの店構えで庭園など眺めながら食べるなら昼でも3,000~5,000円位いくことがある。


昼食の湯豆腐定食


夕食

比較的安く 京都らしくといえば「おばんざい」なんかいいと思うが
ざっと2,000円位かな?
和定食なら1,000~2,000円位も多い。
そこそこの京料理なら3,000円位からあったと思うが
先斗町や祇園の花見小路あたりで食事をするなら5,000円以上もざら
懐石料理や川床料理なら万前後はしよう。
ミニ懐石料理とかあれば5,000円以下だろうが昼食になるかもしれない
また、高級料理となれば事前に予約したり
懐石料理セットの宿に泊まったりしたい。

お酒を飲むなら+1,000円とか2,000円になろう。

参考に河原町~三条あたりなら大衆居酒屋(居酒屋チェーン)も多く見かけた
飲み中心ならいいかもしれない。


軽くおばんざい
(お酒のつまみにいい)


その他

途中で抹茶や団子、ソフトクリームやパフェ、ケーキにコーヒーなどがほしくなることがある。
お寺やその周辺で抹茶が500円 団子などのセット600~800円など
食べ歩きなら100円位のもあった。


疲れたときに甘いものを食べたい

状況によるが自分の場合
朝 500円
昼 1,500円
夜 3,500円
その他 2,000円と
1日7,500円前後と見ている。


安くするには
懐石料理や川床料理を堪能したいけど高いなど
夕食でなく昼食にすると安くなることもある。
川床料理も8,000円だの10,000円だの普通だが
ランチ限定で3,800円なんてのもあるし
懐石料理も5,000円下まわることもあった。
また
夕食は懐石料理(フルコース)で昼食は弁当(一度に出される)
メニューはそっくり同じで値段は倍違う店もある聞いた。

昼食を豪華に夕食を質素にという方法がある。


味も見た目もすばらしい懐石料理


拝観料(入場料)について
500円前後といったところか!?

京都旅行も2泊とか3泊でいろんなお寺をまわるとなると安くないのが拝観料
お寺によって異なるが、だいたい大人500円前後が多い。
個人差によるが1日4~5のお寺をまわるとみると
2,000円~2,500円といったところ
ただ、あまり欲張ってあちこちまわればどこのお寺をまわったか
ゴチャゴチャしてしまった。


拝観料を払って参拝する


宿泊費について
どんなスタイルの宿がいい!?

京都にはとにかくいろんな種類の宿泊設備があるし値段は大きく異なる。
また、シーズンによっても異なる。
特に
桜や紅葉シーズンともなると値段より京都で宿がとれるか心配になるほどだ。
宿がないときは大阪でお泊まった。
ちなみに
京都市街エコノミータイプの旅館やホテル 宿坊で
素泊まり1人4,000円~6,000円
2食付なら1人8,000円~といったところかな?
1泊素泊まり8,000円も払えばいい宿に泊まれた。

安さ追求ならば
ゲストハウスやユースホステルのドミトリー(相部屋)
同じ部屋になった人と旅の話が弾むこともある。
外国人観光客も多い。
値段は1人素泊で2,000~3,000円程度か?

逆に
1泊2食で2万円とか3万円ともなると
夕食が本格的京懐石や川床料理であることもある。



安くするには
シーズンによるが、インターネットで新幹線や飛行機+ホテルセットのプランにすると安くなることもあり
例えば
東京から往復新幹線+ホテル1泊で往復の新幹線料金より安くなることもあった。



エコノミーの宿でもゆったりしてる


安さが魅力ドミトリー


その他 雑費について
お土産代や小物など

意外に大きな出費になるのがお土産代であった。
これも個人差によって大きいがお土産 特に近所や家族のために八ツ橋やお菓子
など大量に買ったり記念品など購入すると5,000円位いってしまうこともある。


京都にはお土産屋さんも沢山ある

















トップ
京都旅行


(注意)
2013年までの旅行経験からまとめました。
自分の経験とその後の調査に基づいて作りました。
状況が変化している場合や実際と異なる事も考えられるので
あくまでも参考程度に自己責任でお願いします。