沖縄旅行より 本島北部の観光スポット

慶佐次湾のヒルギ林

本島最大規模のヒルギの群落
ゆったりと流れる川とマングローブの森が印象的
やんばるの森を楽しむカヤックツアーでも有名!



慶佐次湾のヒルギ林
慶佐次湾「げさしわん」のヒルギ林
(亜熱帯の森を感じさせる)












トップ
沖縄旅行


いろいろ調べてお得な旅をしよう!
格安沖縄旅行方法


ヒルギ林とは?
熱帯、亜熱帯の河口に見られる

多くの人は普段はあまり聞かないだろう。ヒルギ林とは、熱帯や亜熱帯などの
海水と淡水が混ざりあうような河口近くに生える。
日本では鹿児島県、沖縄県にみられるという。マングローブの樹種が多いともされ、
「マングローブ林」ともいわれることが多い。

なお、慶佐次湾のヒルギ林は広さが約10ヘクタール 沖縄本島最大規模であり、
国指定の天然記念物である。
植物に興味がなくとも、河口付近、水の上から根が立ち上がるように生える姿は、
熱帯(亜熱帯)にいることを実感させてくれた。

慶佐次湾のヒルギ林へ行くには?
場所は国頭郡東村 本島北部「やんばる」の南側に位置する。
一般的な方法としては路線バス、車(レンタカー)が考えられる。


路線バス

名護バスターミナルから78系統の東村役場行きのバスに乗車
慶佐次下車からすぐの所 名護バスターミナルから約1時間で運賃は千円位だったと思う。
本数は1日数本だったと思う。計画的に行動したい。
車(レンタカー)
国道331号線沿いにある。また無料駐車場があった。
沖縄周遊ドライブのついでに立ち寄るのにいいと思った。

慶佐次湾のヒルギ林の観光について
観ることを楽しむ

植物に興味がなくとも亜熱帯地域以外(それより北)
から来る旅行者にとってはヒルギ林とは珍しいのではないか?
個人的には車などで慶佐次湾のヒルギ林近くを通るなら
休憩程度でも立ち寄ってみるのもいいのではないかと思う。
遊歩道も整っているので、30分でも歩くと面白いと思う。
しかし
植物に興味があるとかこだわりがある場合は別として
ただ、「観るだけ」のために名護から1時間もかけて往復するまでの価値は感じなかった。
カヌーなどのツアーに参加する
慶佐次湾のヒルギ林には「やんばる自然塾」というのがあり、カヌー体験
やトレッキングといったような体験ツアー(エコツアー)があった。
調べると、1時間位のトレッキングツアーや3時間〜のカヌーツアーなどもあった。
時間と興味があれば「観る」だけではなく体験するのも面白いのでは?
沖縄の「森」を楽しむことができる。












トップに戻る
沖縄旅行



06年に旅行07年8月に調査、作成
(注意) 自分の経験に基づいて作りました。
状況が変化している場合や実際と異なる場合もありますので
参考程度に自己責任のもとで注意してください。