沖縄旅行 本島南部

ひめゆりの塔

沖縄戦で看護要員として戦場に赴いた
女学生達の慰霊碑、その隣には資料館がある。
平和祈念公園と並び、多くの人が訪れる戦跡の一つだ。


トップ
沖縄旅行



ひめゆりの塔



ひめゆりの塔の場所
平和祈念公園から約3kmのところ


資料館
開館時間

9:00〜17:30
閉園30分前まで入館可能
入館料
大人310円 高校生210円 小中学生110円
6月23日慰霊の日は無料
なお、ひめゆりの塔(慰霊碑)は無料
行きかた
那覇中心部から20qほど、平和祈念公園から近いことからセットで訪れることが多い。
沖縄本島周遊にはレンタカーがベストだが
オプショナルツアー(定期観光バス)や路線バスもある。
詳しくは
ひめゆりの塔へ行くには?

滞在時間
(約1時間)

資料館に入り、ひめゆりの塔でお参りする。
資料館はそれほど広くはないものの
見入ってしまうので1時間はかかった。
急げば30分位でまわれるだろう。





 








目次


1.ひめゆりの塔に訪れて


2.ひめゆりの塔へ行くには?







1.ひめゆりの塔に訪れて
周辺の様子

平和祈念公園から車で数分のところ国道331号線沿いにある。
ひめゆりの塔に訪れる人は多く
周辺には駐車場にお土産屋や食堂、カフェが集まる。
沖縄そばにタコスなどミミガーや島豆腐など名物も沖縄多い
「そば」で600〜700円ほどだ。
本島南部は店が少ないことから
ここでの食事や喫茶にいいと思う。
慰霊碑にささげる花も売られていた。


周辺は食堂、喫茶、お土産屋が集まる


ひめゆりの塔へ
慰霊碑

ひめゆりの塔へ向かう。中は木々が生い茂り緑豊かな公園のよう
そのすぐ向こう建つのが「ひめゆりの塔」(慰霊碑)だ
亡くなった人の名前が刻まれている。
第三外科壕跡
慰霊碑のすぐ手前にポッカリと口があいたようにガマ(洞窟)がある。
第3外科豪跡である。いくつかの壕に分かれて看護にあたった「ひめゆり」
第三外科豪では96名中87名が犠牲になったと言われている。


資料館へ向かう


第三外科壕跡


資料館に入る
慰霊碑に向かってすぐ左手が資料館入口
オレンジ色の屋根で学舎のような建物だ。
内部は撮影禁止


資料館入口


(1)ひめゆりの青春

入館料を払い中に入る。
最初の展示室は「ひめゆりの青春」
戦前のひめゆり達の青春について紹介
寮生活で、美人コンテストを行い優勝した人は
皆をおごるなどといった一面もあったとか?
しかし、どんどんと戦争の影がせまっていき
まともに授業を受けられない状態となる。

(ひめゆりの由来)
沖縄師範学校女子部と県立第一高等女学校の二つの学校で
第一高等女学校の広報誌「乙姫」と師範学校の広報誌(白百合)を合わせて
「ひめゆり」という名前になったと言われている。
なお
今の安里駅近く「栄町市場」あたりに学校があったらしい。

(2)戦争の悲劇
沖縄戦に入り、看護要員として沖縄陸軍病院に配属
最初は
安全な赤十字の下での看護活動と思い
戦争の恐怖を感じることはなかったという。
しかし
実際は
戦場の中にある壕に粗末な2段ベッド
麻手足の切断する兵士をおさえたり
伝令、死体埋葬、命がけの水汲み、汚物処理 食事運搬を行っていた。
壕の中は酷い悪臭、うめき声で地獄であったという。

(3)鎮魂
亡くなった人の写真、どのように亡くなったのか
書かれていた。

ひめゆりの塔を後にする
外に出る、強い日差しと緑豊かな木々が印象的
ここがかつて戦場とは思えないようだ。
再度 慰霊碑にお参りをする。


木々が生い茂る





2.ひめゆりの塔へ行くには?

レンタカー
那覇中心部から20qほど離れており
車なら40分位だろう。
「平和祈念公園」の他、「ひめゆりの塔」や「沖縄ワールド」など
南部周遊をする人が多いと思う。
公共交通機関が不便な沖縄
レンタカーがベストだ。
本島南部なら那覇から1日でまわれるし
安いレンタカー会社なら1日4,000円しないことも
ガソリン代も2,000円しないだろう。
バス
琉球バスで糸満で乗り換え

那覇から路線バスで訪れる場合
89系統で糸満市役所まで行く
(20分に1本程度で580円)
そこから
82系統に乗り換え「ひめゆりの塔前」というバス停がある。
(1時間に1本程度で310円)
なお、82系統のバスは平和祈念公園近く
「平和祈念堂入口」にも通るので
セットで見物するといい。
ただ、路線バスで沖縄周遊はあまりおすすめできない。


オプショナルツアー(定期観光バス)
沖縄本島中南部周遊ツアーに含まれることが多い。
「おきなわワールド」や「平和祈念公園」とセットになることが多い
那覇発 食事付1日ツアーで5,000円など
1,500円なんてのもあった。


詳しくは








 







トップに戻る
沖縄旅行



スマートフォン



2017年まで訪れた経験とその後の調査により作成しました。
実際と異なっていたり状況が変化していることも考えられます。
参考程度に自己責任での調査をしてください。