沖縄旅行の目的
美しいビーチ沿いにあるリゾートホテルでゆったりと過ごしたり
マリンスポーツを楽しんだり、ショッピングに
南国のフルーツや沖縄料理などのグルメを堪能したり
珍しい琉球文化の史跡めぐりもよかった。
他にも
やんばるの森で自然体験やアミューズメントも多い。
とにかくいろんな楽しみかたがある沖縄旅行!
どのような旅行のしかたがあるかいくつか挙げてみました。



トップ
沖縄旅行


お得で快適な旅行情報
格安沖縄旅行方法




守礼の門
(那覇を代表する人気観光スポット 首里城)


沖縄旅行の目的
いろんな楽しみかたがある
沖縄といえば美しい青い海にリゾートホテルを連想する人が多いだろう。
もちろん 沖縄はそれを満足させてくれる。
しかし、他にもいろんな楽しみかたがあり
男女老若 グループでも一人旅でも楽しむことができるのだ。
宿泊施設も観光地もいろんなスタイルに対応できていた。

沖縄旅行の目的 楽しみかたをいくつかピックアップしました。

リゾートを楽しむ

豪華でゆったりとしたひとときを過ごす。

美しいビーチ沿いにあるホテルでゆったりとすごす
リゾートホテルにはレストラン バーはもちろん、プールにショップ
エステサロンなどが設備が充実 ホテルだけで沖縄を満喫できるのだ。
沖縄にはいくつかのリゾートエリアがあるが
本島中部西海岸にあたる恩名村が代表的なリゾートエリアだ。
那覇空港から車で1〜2時間位で行けるし
本島を周遊するならレンタカーでまわるのも便利だが
シャトルバスが出ていることもあった。
那覇市街から多くの路線バスもでていたので交通の便はいい。
インターネットでも多くのプランが格安に紹介されていた。
往復航空券+ホテルセットのフリープラン
沖縄旅行も多く紹介されていた。那覇までの往復航空券にリゾートホテルセットのプランも豊富だし
シーズンによっては片道の普通運賃より安く出しているのだ。
いろいろ調べてみたい。
沖縄で海水浴ができるのは4〜10月
注意したいのは沖縄本島で海水浴ができるのは4〜10月
下の写真をみて分かる通り、訪れたのが2月であるため海水浴はできなかった。
ただ、年始など一部ピークシーズンを除くと
冬の間は旅行代金が安くなるのでそれはそれで魅力かもしれない。


沖縄のビーチ

ショッピングとかグルメを楽しむ
やっぱり那覇が一番よかった!

那覇市内の国際通りは空港や首里城へもモノレールで行けて便利で
お土産屋や琉球料理や南の珍しい魚介類を扱う飲食店などで
にぎやかだった。
沖縄の味を楽しむことができる。
那覇だけをまわるなら、国際通りを中心にまわる人も多いだろう。

免税店があった。
国内旅行ではあるものの那覇市内にはDFSギャラリア沖縄という免税店があり
ブランド品が免税価格で購入できるという魅力がある。


史跡めぐり
琉球時代の史跡 世界遺産もあり

首里城をはじめ斎場御嶽、座喜味城跡など琉球文化
を訪れるのもいい。沖縄の史跡の多くは世界遺産でもあるのだ。
沖縄 南部戦跡国定公園
沖縄本島の南は第2次世界大戦中、沖縄戦の激戦地であった。
本島南部には多くの慰霊碑や戦跡が残る。
ひめゆりの塔や摩部分仁の丘にある沖縄県平和祈念資料館が有名だ。

なお、史跡や戦跡は点在しているし場所的に不便なことも多かった。
レンタカーだと便利だった。


首里城
(内地の城とは異なる魅力があった。)

亜熱帯の自然体験を楽しむ!
沖縄本島の山岳地帯やんばるが有名だ!

私が思うのに沖縄旅行で「やんばる」へ行く人はあまりいないようだ。
あまり観光地化されていない。ただ、本島北端の辺戸岬と
その周辺にいくつかの観光スポットがあり、旅行者でにぎやかだった。
沖縄本島そのものも広くはないので、高速を使えば
那覇から車で2時間30分位で最北までいってしまう。
名護から路線バスがでているようだが、公共交通機関のアクセスはあまりよくないようだ。
観光地化されていないうえでの魅力
「やんばるこそ本当の沖縄がある。」という人がいる。
亜熱帯の森林には内地では見られないようなめずらしい生き物もいるし、
素朴な村々が点在する。
気軽にトレッキングを楽しめる比地大滝やヒルギ林でカヌーを楽しむコース
もある。
無人島へ行く
インタネットなどで旅行会社などを調べると、無人島へ行ったり
洞窟体験などができる。冒険ツアーもあった。


やんばるの森に入ろう
(遊歩道が整っている所も多い)


アミューズメントパークを楽しむ!
本島にはちょっとしたテーマパークが点在していた。
例えば、アメリカにいる雰囲気があるアメリカンビレッジや
沖縄の古い民家を集めた琉球村
沖縄の歴史や文化、自然をテーマにした沖縄ワールド
などがある。


琉球村にて










沖縄をどうまわるか?
(いくつかの例を挙げてみました。)

1泊ならば、那覇に着いたら、さっそくシーサイドのリゾートホテル
を楽しむ、空港から車で1〜2時間くらいでシャトルバスもあることも。
翌日の帰りちょっと那覇市の国際通りでショッピング
や沖縄料理の食事といったところか?
那覇空港からモノレールで30分位で国際通りへ行けたと思う。
なお、那覇空港には国内線でも免税店があるので
ブランド品の買い物にもいい。
時間があったら首里城へ行きたいところだが・・・

夏に家族で海へ行くと、海水浴を楽しんだあとショッピングや食事を
楽しむことが多い。
あちこちまわりたいなら
おすすめ1泊5日とか1泊7日プラン

沖縄旅行ならリゾートホテルでゆったりしたいけど
本島周遊旅行もしたい
那覇で買物や琉球りょうりの食事もしたい!
と言う場合
航空券だけでは高上がりになることも多いし
フリープランだと旅行中のホテル変更ができない
そのとき便利なのが
1泊5日とか7日といったプラン
ホテル1泊手配であとは自由のプラン 旅行代金も1泊2日のプランとあまり変わらない、

例えば
1泊4日ならば、1泊はリゾートを楽しみ
2泊目は沖縄の名所や史跡めぐりをするため田舎の宿に泊まり
3泊目は那覇でショッピング 飲み歩きで那覇市内のホテルに泊まる
といった旅行ができるのだ。

最高1泊14日なんてのも聞いたことがある。


インターネットなどで旅行会社などを調べてみるのもいいだろう。





トップ
沖縄旅行

06年に旅行07年8月に調査、作成
(注意) 自分の経験に基づいて作りました。
状況が変化している場合や実際と異なる場合もありますので注意してください。