沖縄旅行より 那覇市内の交通
モノレールに路線バス、タクシーなど公共交通機関が
公共交通機関が発達しており便利だった。
他にもレンタサイクルなどもあるし、風情ある街を
歩いてみるのもよかった。経験から那覇の交通機関について
まとめてみました。

トップ
沖縄旅行


お得で快適な旅行情報
格安沖縄旅行方法




簡単な那覇の地図


那覇の交通機関について
那覇に不慣れな旅行者ならゆいレール(モノレール)が便利

上の地図を見て分かるとおり
那覇空港〜国際通り近く〜首里と結ぶモノレールゆいレールが便利
1本線なので上りと下り以外に間違えることはないだろう。

私の初めての那覇観光は

那覇空港に到着

「ゆいレール」で首里へと向かいここから歩いて首里城へ行って観光

再び「ゆいレール」で「県庁前」または「美栄橋」または「牧志」に下車
那覇の中心地 国際通りへと向かいそこのホテルに泊まる。
夜はそこで
沖縄名産物の飲み歩き食べ歩き
ショッピングを楽しむ。

といった具合だ。
ゆいレールと徒歩だけで那覇観光を満喫できた。

渋滞を避けられる!
那覇は時間帯によって渋滞に巻き込まれることがある。
いうまでもないが渋滞に巻き込まれることがない。
頻発している
だいたい朝は6時過ぎから夜は23時過ぎまでだいたい6〜15分に一度の間隔で出ていた。
簡単に移動もできる。那覇空港から首里まで27分で結ぶ。
空港に到着して1時間もしないうちに首里城に着いてしまった。
運賃
端から端まで乗っても大人290円である。(2010年6月)
あと 観光に便利といえばフリー乗車券
1日券が600円 3回乗車すればもとがとれる。
他にも 2日券(1,000円) 3日券(1400円)があり。

ゆいレールを利用した感想
分かりやすい!

沖縄旅行で那覇観光の計画をたてたとき、訪れたいスポットを挙げると
・かつての琉球王朝の中心部「首里城」
・ホテルも多く食事に買物に便利な国際通り
であった。空港からそれら人気スポットを1本の線で結ぶモノレールはやっぱり便利だった。
高架橋を走る
窓からの眺めがいいのだ。瓦や石造りの建物が見えたとき沖縄にいることを実感した。


那覇の街を眺める。

駅から観光地までちょっと歩く

首里駅といっても首里城公園前ではなくそこからちょっと歩くのだ。
国際通りも同じで通りからちょっと離れている。
身軽な格好ならともかく大荷物なら抵抗を感じるかもしれない。








より細かな移動ができる路線バス
運賃一律区間も
那覇市内も、もちろん路線バスがあり、モノレール以上に
きめ細かくまわることができる。国際通り沿いにもバス停もあるので歩く手間も省ける。
また、中心部は運賃が200円と均一区間もあり
100円バスも確認
最近はよく見られる「100円バス」那覇でも確認した。
いくつかの路線があるようだが、旅行者にとって便利なのが「ゆいレール」の
首里駅から首里城へと結ぶ100円バスがあった。
歩いても行けないことはないが、運賃の安さからちょっとした移動に便利だと思った。
系統図が頼り
どこでもそうだが大きな街はバス路線もゴチャゴチャして分かりにくいのだ。
地元の人も自分がよく利用する路線位しか把握していないだろう。
頼りになるのがバス系統図、沖縄旅行のガイドブックでも
観光に便利な系統図が書かれていることがある。
ルートが異なる
バスに乗ってしまえばどこを走っているか分からない ということも多いだろう。
さらにルートが異なることもあるのだ。心配なら運転手に降りる
バス停を言っておくのもいいと思う。
慣れないと不便を感じることもあるようだ。
渋滞
那覇市街ちなら通勤時間帯など渋滞に巻き込まれることもあり。
私自身渋滞に巻き込まれたこともある。
観光バス
定期観光バスだ。沖縄本島の定期観光バスは
だいたい公共交通機関では不便な郊外へ行くことが多いが、
那覇市内観光ツアーもみたことがある。
値段は高いが、道に迷うことがなく、快適でスムーズにまわる
ことができるので便利ではないか。
観光バスの調査、予約はインターネットなどで調べると
便利だし、ネット予約もできる。
(但し、渋滞に巻き込まれる可能性あり)

タクシー
どこでも便利なのは「タクシー」とくに沖縄のタクシーは全体的に安いとも聞く、旅行者の多い、
那覇空港や国際通り、首里に多くのタクシーをみた。
(但し、渋滞に巻き込まれる可能性あり)
観光タクシーとしての利用
モデルコースや自分の好みのコースをオーダーしてまわる
〜時間チャーターといった形が多く料金も固定されている。
好きな時間帯に出発できるし、人数が集まればお得かもしれない。
事前に予約した方が無難だろう。インターネットでも紹介されていた。

レンタカー
那覇市内だけならおすすめしない

沖縄本島は車(レンタカー)が便利!私自身 レンタカーで3日かけ沖縄本島を1周した。
ただし、那覇市内だけをまわるのはおすすめしない、
公共交通機関が発達していることと、那覇市内は
平日の朝夕など時間によっては渋滞もあるし、経験上、ゴチャゴチャしていて道にも迷った。
他にも一方通行や交通の規制などもあり、運転しずらかった。

自転車、徒歩で那覇をまわる。
素朴な那覇の風景をゆっくりと楽しんだり
ちょっとした発見もあるかも?

那覇を隅から隅まで歩いてまわるのは大変だが、
観光地の周辺などちょっと、歩いてみるのも面白かった。
風情ある道も多いのだ。
また、ちょっとした発見もあり
例えば
玄関先などでよく見るシーサー
徒歩や自転車でまわるからこそ発見があるような気がする。
また
那覇市内を自転車(レンタサイクル)でまわるのはいいと思った。
調べると、モノレールの美栄橋駅近くにレンタサイクルの店をみた。
他にもホテルなどでレンタサイクルを取り扱っているかもしれない。
レンタサイクルの値段
値段は調査したところ07年8月で1時間200〜300円位、1日1500円前後だった。
しかし、
沖縄以外での経験から、同じエリアでも自転車のレンタル料に開きがあったり
中には、「無料」というのもあったので一概にはいえないだろう。
また、宿泊地にレンタサイクルがあることもあり格安(もしくは無料)
で借りれることもある。

参考に50cc〜400ccのレンタルバイクもあった。


歩いて那覇の街をまわるのもいい
首里城近く、金城石畳にて






トップ
沖縄旅行


06年に旅行07年8月に調査、作成
(注意) 自分の経験に基づいて作りました。
状況が変化している場合や実際と異なる場合もありますので
参考程度に自己責任のもとで確認してください。