沖縄旅行 本島中部のテーマパーク

琉球村の魅力

築100〜200年の古民家を移築
民家には三線が流れたり
エイサーなどのショーに飲食店もある。


トップ
沖縄旅行



古き良き時代を体感



琉球村の場所
国道58号線を名護方面へ向かう
琉球村近くまで行くと案内板がある。
後は道なりに進めばいい。


開園時間
8:30〜17:30(夏季は9:00〜18:00)
閉園30分前まで入園可能
開園料
大人1,200円 小人(6〜15歳)600円だが
コンビニ「ローソンやファミリーマート」へ行けば
割引料金で購入できた(大人1080円だった)
行きかた
レンタカーがベスト、
もしくはオプショナルツアーをおすすめ
滞在時間
村内をひとまわり、軽い軽食(休憩)をとって
ざっくり1時間30分〜2時間だった。
古民家めぐりや食事、買物の他
いろんなイベントがあるので見てみたい。





 








目次


1.琉球村まで


2.琉球村をまわる


3.琉球村へ行くには?







1.琉球村まで
国道58号線を北上

琉球村の場所は森に囲まれており、分かりにくいが
国道58号線を北上 琉球村近くまで行けば「琉球村」と書かれた標識がある。
あとは森に囲まれた道をそのまま進めば
琉球村に到着 広い駐車場がある。
レンタカー専用の駐車場もあった。


国道58号線を北上 琉球村の案内板を見る


琉球村に到着


チケット窓口でチケット購入
琉球村に入るとすぐ右手がチケット窓口
券売機でチケット(大人1,200円)を買えるが
事前にファミリーマートやローソンなどで割引チケットを購入しておいた。
大人1,080円でチケット引換証をもらう。
それをチケット窓口でチケットに引き換えてもらうのだ。
観光客で賑やか 中国人をはじめ外国人で賑わっていた。


入ってすぐ右手にチケット売り場


パンフレットをもらおう
村内マップやイベント情報が記載されたパンフレットをもらおう。
一見ゴチャゴチャした村内だがルート図もあるし
慣れるとそれほど難しくはない。
あとはイベント
夏のシーズンであるせいか
エイサーに沖縄の踊り、島唄ライブなど
1時間に2回位の割合で開かれている。
時間と場所をチェックして是非とも見たい。




2.琉球村をまわる
お土産屋や食堂など

まずは無料エリア お土産屋や食堂がある。
ソフトドリンクS150円 アイスクリームシングル350円
ビール生中500円 タコライズなどの丼もの800円など
ごく普通の観光地プライス!?
夏のシーズンなどバイキングもあるらしい大人1,800円だった。


店や食堂

有料エリアに入る
次は本当の琉球村入口(有料エリアだ)
入場券を見せて中に入る。


ここから有料エリア
(村の入口だ)



エイサーを見物
イベント情報をチェックしたら「エイサーが始まっている」
開場である「きじむなぁ劇場」へ向かう。
迫力ある太鼓の音、お客さんも一緒に踊ることができる。
イベントは10〜20分位だ。
メインは
「エイサー」「沖縄の踊り」「島唄ライブ」
の3つで1日数回行われる
他にも
道ジュネーという沖縄風芸能パレード1日2回(10時16時)に行われるようだ。


きじむなぁ劇場に入る


エイサーを踊る


沖縄古民家を巡る
村内には沖縄の古民家が8件ほどあり
築100年とか200年とか
だいたい明治大正時代あたりの家が多く大きい。
琉球石灰の塀や豚の飼育小屋などもあり
風情を感じる。
そうそう
村内にもアイスクリームなど売られていた。
中は涼しい
訪れたのは暑い夏の昼間だが家屋の中は
涼しく、昼寝をしたくなるほどだ。
それほど混雑を感じなかった
なお。訪れる観光客も多いが村内の広さから
それほど混雑を感じなかった。


古民家めぐり


豚の飼育小屋


沖縄の踊り
イベントの一つ沖縄の踊り、古民家の一つ
旧西石垣家で行われた
ゆったりとした踊りで泡盛と沖縄料理と一緒に鑑賞したくなった。


沖縄の踊りを鑑賞


サーターヤ
最後に見たのがサーターヤ(砂糖屋)
水牛砂糖車をひかせてサトウキビをしぼり
黒砂糖を作っていたとか?
昭和初期まで沖縄の農村では
あちこちに見られた。


砂糖車


水牛


琉球村を出る
琉球村を出るがその手前、
シーサーの歴史について紹介されていた
シルクロードを渡ってきたとか?
とても興味深く紹介されていた。
琉球村を出た後
食堂やお土産屋巡りもいい


出口





3.琉球村へ行くには?
レンタカー又はオプショナルツアー

先にも述べたとおりレンタカーがベスト
レンタカーでない場合は
オプショナルツアーもある。
沖縄本島北部ツアーでは
「美ら海水族館」と共に琉球村が含まれていることがあった。

詳しくは








 







トップに戻る
沖縄旅行



スマートフォン



2017年まで訪れた経験とその後の調査により作成しました。
実際と異なっていたり状況が変化していることも考えられます。
参考程度に自己責任での調査をしてください。