沖縄旅行の楽しみかた
沖縄といえば南の島のビーチリゾートと連想する人
も多いのではないか?また、若い人ばかりと思うかもしれない。
もちろん、リゾートホテルなども充実している。
しかし、他にもいろんなジャンルの旅ができ男女老若
グループでも一人でも楽しめるような魅力があった。


トップ
沖縄旅行


お得で快適な旅行情報
格安沖縄旅行方法



沖縄の伝統に触れるのもよかった。
(琉球村にて)



さいしょに
沖縄はいろんなスタイルの旅ができるのだ!

初めて沖縄旅行をしたとき早朝の飛行機で那覇空港へと向かった。
沖縄は南の島 リゾート地なのだから、若い旅行者ばかりと思っていたが
意外にもお年寄りの旅行者も目立っていた。
(もちろん、若い人もいたが)
さらにカップルに家族旅行、グループ旅行に一人旅など
そのスタイルも多種多様であった。
沖縄はいろんなスタイルの旅ができると思った。

ホテル(宿)をみてもいろんなジャンルの旅行ができる

いくつか例を挙げてみると

リゾートホテル
西海岸のリゾート地には豪華なリゾートホテルも多い。
ホテル内に設備が整っていてホテルそのものを楽しむことができる。
逆に
那覇の国際通りには観光ホテル(ビジネスホテル)が多い。
ホテルは泊まる(だけ)の要素が強く、
夜は那覇の街に飛び出す。国際通りや市場で南国の珍しいものを
飲んだり食べたり、そして買物したり・・・
といった具合だ。


観光(ビジネス)ホテル
那覇の国際通りには観光ホテル(ビジネスホテル)が多い。
ホテルは泊まる(だけ)の要素が強く、
夜は那覇の街に飛び出す。国際通りや市場で南国の珍しいものを
飲んだり食べたり、そして買物したり・・・
といった具合だ。




以上のようなホテルは
旅行会社でよく紹介されるような
往復の交通(航空券)+ホテルセットのプランで泊まることが多いようだ。
もちろんインターネット等で直接予約もできる。


他にも 個性派のホテル(宿)としては

ゲストハウスやユースホステル
(女性専用もあった)
那覇にはゲストハウスといういわゆる安宿がある。
値段は2000〜3000円 中には1000円以下
というとんでもない安さの宿もあるのだ。
ドミトリーという大部屋(相部屋)も多く。知り合った人と旅の情報交換をしたり
一人旅でも楽しめることが多い。
さらに女性専用の宿もあるのだ。
他にもユースホステルもあった。




民宿とかキャンプとか
地方には、1泊3000円位の民宿なんかもあった。
(それ以下の料金で泊まれる宿もあった。)

さらにいうならキャンプ場もあるので
大自然を肌で感じることもできよう。




以上のパターンは航空券のみの場合で沖縄旅行の場合もあるが
1泊3日とか5日といって
往復の航空券+ホテル1泊がセットされ、残りは各自手配というパターン
があり、そのようなときに泊まることが多いようだ。

とにかく沖縄は宿をみてもバライティーに富んでいると思う。
インターネットでもいろいろ紹介されているので
いろいろ調べてみて自分好みをみつけたい











観光のしかたもいろいろ
沖縄の観光スポットもいろいろで
ビーチリゾートの他、海洋博公園の美ら海水族館にて
珍しい熱帯の魚をみたり
万座毛や残波岬などからすばらしい眺めを楽しんだり
国際通りや免税店で買物や食事
首里城や座喜味城跡や斎場御嶽など琉球文化を経験したり
(琉球村なんか気軽に文化や伝統を味わえてよかった)
ひめゆりの塔や平和祈念公園など本島南部の戦跡を訪ねたり
亜熱帯のやんばるの森を楽しんだり
といろんな観光のしかたがある。

目的をもって旅行したい
ただ、どのような旅行をしたいか目的はしっかり持った方がいいと思う。
沖縄旅行の目的にいくつかピックアップしました。

下をクリック

沖縄旅行の目的





トップ
沖縄旅行

06年に旅行07年8月に調査、作成
(注意) 自分の経験に基づいて作りました。
状況が変化している場合や実際と異なる場合もありますので注意してください。