沖縄旅行より 定期観光バスを利用しよう!

那覇以外にもいろんなところへまわりたいが、公共交通機関が不便
レンタカーもいいが運転が心配、そのとき便利なのが
定期観光バス いうなら日帰りの観光ツアー!
那覇から半日〜1日の沖縄本島ツアーが出ており
ゆったりとしたバスでスムーズにまわることもできるのだ。
値段も特別高いと思わなかった。


 
那沖縄郊外をまわるのに定期観光バスは便利だ!
(左 本島南部にある平和祈念公園  右 中部の西海岸にあたる万座毛)












トップ
沖縄旅行


お得で快適な旅行情報
格安沖縄旅行方法



オプショナルツアー(沖縄定期観光バス)に参加するなら
株式会社「バム」沖縄ツアーランドがおすすめ
数多くの定期観光バスの他 ディナークルーズやマリンスポーツなど

沖縄でオプショナルツアー(定期観光バス)の利用を考えているならおすすめ
各バス会社でも紹介されることが多いが
自分の会社のツアーしか紹介しないこともありジャンルが狭いことがあった。
沖縄ツアーランドなら沖縄本島ツアーをはじめ
数多くの定期観光バスの他 ガイド付きツアー
ディナークルーズ、水中遊覧船など魅力的なプランが多く。
あれもこれも体験したい参加したい思ってしまった。
値段も高いわけでもない
インターネットで簡単に予約もできます!


沖縄ツアーランドのサイトです!







沖縄本島ツアーに便利な定期観光バス
快適に効率よくまわる
沖縄本島といえば那覇そしてリゾートホテルが多く建つ本島中部の西海岸など
多くのみどころが点在しているが、沖縄を周遊旅行をするにも
鉄道がないうえに郊外では路線バスも不便な沖縄 計画をたてるのが難しい。
レンタカーをおすすめしたいが、慣れない土地での運転は心配という旅行者も多い。
それに個人での移動だと道中 迷ったり 道を間違えたりして戸惑うこともある。
その場合
沖縄観光に便利なのが定期観光バス 本島南部や中部をまわる。

那覇から多くの沖縄本島ツアーの観光バスが出ていて
日帰りで本島の南部や中部をまわることができる。
沖縄バス 那覇バス
いくつかののバス会社があるが沖縄定期観光バスを運営する会社で
主なものとしては沖縄バス 那覇バスである。
半分はツアー 半分は個人ということも
旅行方法はいろいろあるが、多くの人は那覇までの往復航空券+ホテルセットの
フリープランで訪れることが多い。値段も安いし現地では自由行動なので個人旅行に近い形をとれる。
那覇市内や郊外のリゾートホテルに泊まり
観光やバカンスを楽しみ、最後の1日は定期観光バスのツアーで郊外を観光ということもできるのだ。

一つ例を挙げると
1日目
那覇空港に到着 那覇から路線バス(もしくは送迎バス)
でリゾート地へ向かいでゆったり
2日目
午後 那覇へ向かう首里や国際通りを楽しむ 首里に泊まる。
3日目
定期観光バスで本島南部観光
(ひめゆりの塔、平和祈念公園 おきなわワールドなど)を楽しむ
4日目
帰路につく

2泊4日といったプランをとり2泊は恩納村などのリゾート海岸沿いのホテルを手配
残り1泊は個人で那覇市内のホテルを手配する。

インターネットでも予約ができる!
観光バスはインターネットでも検索でき予約ができる。
インターネットだといろいろ調べることもできるから便利だ!
前もって予約をしたい
シーズンにもよるしコースの変更や今後の中止もありうるし
満席になることもあろう。前もって予約はしたい。
中には那覇市内のホテルまで送迎してくれることもあるようだ。
また、コースによっては毎日出発でないので前もって確認をしたい。
値段は?
概算ではあるが、2010年6月現在 1日コース(6〜10時間)で昼食付で
5千円前後だった。那覇をスタートして
沖縄本島の南をまわるコースと本島中部をまわるコースがあった。
遅れることも
観光バスに限ったことではないが渋滞に巻き込まれたりして遅れることもあり
帰るのが翌日などして終了時間が遅れてもいいようにしたい。

いくつかの観光コースをピックアップしてみました。

その1
沖縄本島南部をまわるコース

本島南部に訪れるコースは人気があるらしくよく見かけた。

沖縄本島ツアーでよく訪れるのが南部エリア
旧海軍指令壕、ひめゆりの塔、平和祈念公園といった
南部戦跡や「おきなわワールド」などをまわる。
南国らしいテーマパークに訪れたり沖縄戦の悲劇に触れることが多いようだ。
公共交通機関では不便で、車でも慣れてないと分かりにくいところもある。
なお、同じ沖縄本島南部コースでもバス会社によって
立ち寄る場所が異なることがあるので、事前に調査したい。
1日コース昼食付で5千円位だった。
沖縄バスや那覇バスで出していたし沖縄ツアーランドでも手配可能だ。
(2012年1月調査)


ひめゆりの塔に訪れるツアーは多い。

その2
沖縄本島の中部、西海岸をまわるコース

万座毛や琉球村、美ら海水族館、座喜味城跡などをまわる。

南部エリアに続き沖縄本島ツアーを代表するコース
美しい沖縄の自然 エメラルドグリーン海 最も沖縄らしいところではないか?
沖縄の文化、歴史、海(自然)を訪れる。
本島南部同様、公共交通機関では不便なところをまわるようだ。
ただ、バス会社によって本島中部のコースでもまわるところが異なる
ことも多いので事前にコースを確認したい。
1日コース昼食付で5千円位だが
南部をまわるコースより若干高い気がした。
所要時間も南部コースより長いようだ。
沖縄バスでも那覇バスでも出していたし
沖縄ツアーランドからの手配もできた。
(2012年1月調査)


古き沖縄の民家を再現した琉球村に訪れるツアーもあった。

その3
那覇市内をまわるコース

那覇をより深く観よう!

那覇は「ゆいレール」など公共交通機関が発達しているが
琉球王朝時代の遺跡に壷屋など貴重なみどころもある。
そこを分かりやすい説明を受けながらまわるのも面白いのではないか?


首里城公園を歩く

やんばるへ行く定期観光バスはみかけなかった

沖縄本島の北部へ行くツアーは確認したものの
「やんばる」へ行く沖縄定期観光バスはみなかった。
しかし、沖縄旅行のパックツアーでは「やんばる」へ行くコースを
みたことがある。

離島の定期観光バス

島内半周とか1周とか

調べると石垣島でも定期観光バスがあり
例えば 石垣島を1周するツアーが昼食付で5千円弱
他にも離島で定期観光バスを利用したという情報もありました。
沖縄ツアーランドなど いろいろ調べてみてください。


沖縄本島内の交通に戻る











06年に旅行07年8月に調査、作成
(注意) 自分の経験に基づいて作りました。
状況が変化している場合や実際と異なる場合もありますので
参考程度に自己責任で調査してください。