大阪旅行より
大阪での食事について

食い倒れの街「大阪」グルメを楽しむために訪れる人も多いだろう。
フグや蟹といった高級感ある料理から、たこ焼きやお好み焼きなど
食の種類は豊富である。
経験と調査から食事についていくつかまとめてみました。


ふぐ料理を楽しんだ


トップ
大阪旅行


いろいろ調べてお得情報を見つけたい!
格安大阪旅行








どんな食事を楽しんだか?
いくつか挙げてみました。
(飲み食い)
大阪旅行での食事、まず最初に思いつくのは道頓堀での食べ歩き飲み歩き
他に
鶴橋のコリアタウンでの焼肉
通天閣のある新世界の庶民的な居酒屋にて串かつなど
(たこ焼き お好み焼きなど)
大阪といったら たこ焼きを思い浮かべる人も多いだろう。
道頓堀、天保山、新世界などいろんなところでたこ焼き屋などみた。
お洒落に食事
梅田(JR大阪駅)などのデパートや飲食街のレストランにて食事
水上クルーズを楽しみながらの食事というのがあった。
その他
ホテルのレストランにての食事 バー など

予約する?
いうまでもないが予約が必要なところは予約するだろう。

例えば
道頓堀でフグ料理やカニ料理などのコースを味わう
とか
水上クルーズにてグルメを楽しむ。

他にも ホテルのレストランにてコースを楽しむなど

といったところか

予約しなくとも旅行前には下調べをしておいた方がいいと思う。
あとになって、ここに行けばよかったということもあるのだ。
インターネットでのグルメ情報は豊富である。

下調べはしたい
大阪は予約をしなくとも美味しい食事を楽しめるスポットは多い。
しかし、それなりのコースを注文するなら、いくらか下調べもしたいし予約も必要となろう。
今やインターネットを使っても簡単にそして膨大なグルメ情報が手に入るのだ。

どのようなところで食事をしたか?
いくつかピックアップしました。
道頓堀で食い倒れ
大阪旅行での食事、道頓堀で食事をすることが多い。
見ていると、道頓堀を楽しみに大阪旅行をする人も多いのだ。
いうまでもないが飲食店は多く、夜の賑わいもすごいものだ。
店の種類も多い
フグ料理やカニ料理のコースなどで贅沢に飲食をするにもいいし
晩酌セット1000円など安さをウリにする店も多いのだ。
お好み焼きやたこ焼きの店もあり いいだしたらきりがない
いろんなスタイルの食事を楽しめるのだ。
ただ、そこそこの料理を楽しむなら予約した方がいいかもしれない。
混むことも多いし、予約が必要なところもあろう。
難波駅から歩いて行った。
鶴橋のコリアタウン
JR大阪環状線「鶴橋駅」に降りてすぐだ。
ガード下のようなゴチャっとしたエリアに多くの焼肉屋やキムチ、その他、韓国料理
を扱う店がある。「コリアタウン」である。夜、韓国人が経営する店が多い。
ついつい焼肉のハシゴをしてしまった。
お土産にキムチなど買っていくもいいと思った。
新世界の居酒屋で飲食
安さを求めるなら、通天閣のある新世界の商店街での飲食を楽しんでいる。
串かつやモツ鍋などいろんな飲食店が並び、どれも気軽に入れそうな店ばかり
昼間でも思わずちょいと入ってしまうのだ。
JR大阪環状線「新今宮駅」から歩いて行けた。
たこ焼きやお好み焼きなど
道頓堀でも天保山マーケットプレイス、新世界などたこ焼き屋などは多い。
私が思うに最も気軽な「大阪の味」と思っている。
他にも〜焼きなんてものが売られていた。
食堂で味わうのもいいが、夜、道頓堀川で缶ビールと一緒に味わったことがある。
お洒落に食事
飲んだり食べたり騒いだり するのもいいが、お洒落なレストランで豪華な
ランチやディナーを楽しみたい旅行者も多いだろう。
例えば ホテルのレストランやバーを楽しむという方法がある。
ホテルで と思うかもしれないが、私の経験上そこそこの高級ホテルでの食事
で外れたことはなく味は確かなものが多い。
但し 値段は高く ディナーコースで5000〜10000円などざらである。
もちろんそれ以上もあろう。
安いメニューも
ただ、全てが高いわけではなく、ランチバイキングが2000円以下とか
ケーキセット1500円といったようなメニューもある。
デパートなどでの食事
いろいろあるが特によく立ち寄るのがJR大阪駅周辺、飲食街もあるし
朝食をとるにいい。また、大阪ターミナルビルの上にあるレストラン街
高いだろうとのぞいてみたら そうでもなく ランチが1000〜2000円ほどだった。
1280円の中華料理のバイキングがあり子供連れなど地元風の人で賑わっていた。
水上での食事(ベイクルーズ)
グルメや音楽を楽しみながら水上クルーズを楽しむプランもあった。
インターネットでもいろいろ紹介されている。
いろいろ調べてみてください。

ホテルでのコースや水上クルーズでの食事など予約が必要なことがあるので
確認してください。





トップ
大阪旅行



(注意)
09年1月作成
07〜08年の旅行経験とその後の調査に基づき作成しました。
その後の状況の変化や実際と異なっていることもあります。
あくまでも参考程度に自己責任のもとで作成してください。