沖縄旅行の情報


(那覇に首里、ビーチリゾート、やんばるなど観光情報の紹介!)
南の島のリゾートでマリンスポーツを楽しんだりのんびり過ごしたり
賑やかな那覇国際通りで沖縄民謡を聞きながら琉球料理を舌づつみ
牧志公設市場で南国の珍しいフルーツや魚介類を堪能するのもいい
泡盛やオリオンビール、カクテルで酔うのもいい
首里城や座喜味城跡などで琉球文化を楽しむ
古きよき時代を体験する琉球村や美ら海水族館に訪れたり、
そして、ひめゆりの塔や平和の礎で平和の尊さを想う。







沖縄のリゾート
(本島中部)



守礼門
(那覇市)



素朴な風景
(本島北部)







くらの旅行記 > 国内旅行  > 沖縄旅行



いろいろ調べて安く楽しい旅をしよう!
格安沖縄旅行の方法
今や飛行機であっという間に沖縄に着いてしまう!
インターネットで調べてみるとおどろくほど安く旅行できる。
   短期間でも格安に南の島リゾートを満喫できる。


沖縄旅行について
沖縄にはどのような魅力、楽しみかたがあるのか、まとめてみました。
リゾートだけではなくいろんなスタイルの旅を楽しめる。
   グループ旅行にカップルや家族そしてお年寄りや一人旅でも楽しめる旅がある。


どんな旅をする?
家族やカップルで楽しむ旅
ダイビングなどマリンスポーツを楽しむ旅
素朴でゆっくりと時が流れるような旅
安宿に泊まりながら旅先で知り合った仲間と
情報交換したり
いろんな旅を楽しむことができるのだ。
      

沖縄旅行の目的
リゾートホテルに泊まりマリンスポーツ
を楽しむ旅、南国の珍しい食を楽しむ
グルメの旅、歴史的な琉球文化の経験
亜熱帯の森で素朴な沖縄を見る
いろんな楽しみ方があるのだ。




沖縄旅行をして興味をもったこと
シーサー 石敢当 亀甲墓・・・
島内を歩いてみると内地ではみられないような珍しい文化や習慣に出会えることも多い!
興味がなくても旅に出たことを実感させてくれる喜びがあるのだ。


沖縄観光を楽しむのに便利な情報

宿の種類や食事、観光スポットに買物、交通機関など
沖縄旅行をするのに便利な情報を紹介します!



宿泊設備(ホテル)について
リゾートホテルにシティーホテル
ゲストハウスからキャンプまで
沖縄での宿泊施設について紹介
高級ホテルから驚くほどの安宿まで種類は
多いのだ!
沖縄での食事
沖縄の味をひとまとめにたような
琉球料理に南国の珍しい
魚介類、サトウキビジュース
琉球そば、泡盛など
琉球グルメを堪能したい!

ライブハウスや芸能
芸能の島としても有名
ライブハウスや沖縄民謡
で旅を盛り上げたい!

お土産について
「ちんすうこう」やちょっとした
飾り物、Tシャツに雑貨品など
楽しいお土産も多い!

沖縄の免税店
海外旅行でお馴染みの免税店
沖縄旅行でも楽しめる
お得にブランド品を
見てみたい!





沖縄本島内の交通
本島内の観光を楽しむ
必要な交通機関について
まとめてみました。


那覇市内の交通
公共交通機関が発達
している那覇
特にモノレール(ゆいレール)
は便利だ!

定期観光バス
快適に安心の旅をしたいなら
観光バスを使った旅行はどうだろう?

レンタカー
沖縄本島を周遊旅行したい
ならレンタカーが便利
インターネットで格安予約も?

路線バス
鉄道のない沖縄にとっては
路線バスが主要な「あし」?
タクシー
どこでも便利なタクシー
ちょっとした移動の他
チャーターだってできる

レンタサイクル 徒歩
沖縄を肌で感じることができる!



沖縄本島の観光スポットをいくつかまとめました!


沖縄本島の地図(手書きです。)






那覇市内
沖縄旅行で訪れてみたい「那覇」 観る、食べる、楽しむ共に街は楽しく、
飛行機や船便も多いので、沖縄各地へのアクセスもいい。


那覇観光を楽しもう
那覇のまわりかたや主な観光スポットをまとめてみました。

国際通り
那覇有数の歓楽街
国際通り!
買物にも便利
沖縄のグルメを
楽しむもいい
宿も多いので
那覇観光や
沖縄旅行の拠点にも?


牧志公設市場
その場で買った魚介類
を調理して食べることが
できるのだ!
イラブチャーやグルクン
など内地では聞き
なれない魚も多い!
豚肉などその他の食材
をみるもよかった!


首里
那覇観光といえば
是非訪れたいのが
首里、琉球王朝の
中心部でもあり
伝統的な建物に
趣がある!
市街地から
モノレールで訪れた!


本島南部
那覇から車で30分もすれば本島最南端のエリアに入る。
さとうきび畑が広がりのどかな風景が多い。
また、斉場御獄など聖地も多く神聖な場所でもあるのだ。
忘れてはならないのは、沖縄戦の激戦地でもあり、
平和祈念公園をはじめ多くの戦跡がある。
那覇から定期観光バスもでているので便利だ!


本島南部を訪れて


旧海軍司令部壕
長い壕の中には
つるはしの跡、手榴弾で
自決したあと弾痕が残る。
いまいましい壕であった。



喜屋武岬
本島最南端の岬
断崖絶壁の景勝地
しかし、沖縄戦で追われた
住民がここで身を投げた
悲劇の地でもある。


ひめゆりの塔
沖縄戦で補助看護要員
として動員された
女学生たちの
慰霊塔だ。
隣に資料館もあり
涙をそそぐ


平和祈念公園
沖縄戦最後の激戦地
となった摩分仁の丘
広い敷地に資料館
沖縄戦の犠牲者を
刻んだ平和の礎や
慰霊塔などがある。
斉場御獄
アマミキヨが造ったとされる
琉球最高の聖地
特に何があるわけでも
ないが森には不思議と
神聖な空気に満ちていた。


本島中部
中部といえば沖縄でも代表的なリゾートエリアがある。
リゾートホテルに滞在しゆったりと過ごしたり
マリンスポーツを楽しんだりするなら
中部エリアの西海岸(恩納村とその周辺)をおすすめしたい!
他にも
残波岬に万座毛などの景勝地
アメリカ文化が融合した、沖縄市(コザ)昔の民家を移築した琉球村などがあり、
美ら海水族館も人気スポットの一つだ!本島中部には多くの旅行者が訪れる。
   南の島「沖縄」を堪能したい!


本島中部のまわりかた

西海岸リゾート
万座ビーチなど沖縄中部の西海岸には
多くの美しいビーチが
あり代表的なリゾート地でもある!    南の島を楽しみたい!



沖縄市(コザ)
コザという名前も通じる
アメリカ人も多く
いろんな文化が融合した
街だった。


座喜味城跡
15世紀の初頭に造られた
城でアーチ型の城壁が美しい
城壁の上に立つと
穏やかな景色を楽しめる!
座喜味城跡は世界遺産だ

残波岬
読谷村にある岬
岬の先にたつ灯台から
の眺めはスリルあり!
周辺は
南の島の植物も観る。


安保のみえる丘
嘉手納基地をかいま
見ることができる丘だ
何人かの旅行者の他
基地問題に興味ある
人や航空マニアなど
いろいろな人が
訪れていた。
     
琉球村
沖縄の古い民家を
並べて造られた村
懐かしく感じるものがあり
そしていろんな催し物
が行われているのだ。
古きよき琉球文化
を身近に体験できる!
万座毛
断崖絶壁にできた
 象の鼻のような形
そして海は青く美しい
土産物屋も多く多くの人で
賑わっていた。本島有数の
リゾートエリアにある!
多くの旅行者で賑やかだった。

本島北部
本島北部は「やんばる」という亜熱帯の森が生い茂っている。
那覇やリゾート地のような華やかさはないが、そこには素朴な世界が広がっていた。
それこそ、「本当の沖縄の姿」かもしれない。
やんばるには珍しい植物や生き物もみたし、
やんばるに入るには遊歩道も整っていた!

本島北部のまわりかた


大石林山 「旧金剛石林山」
石灰岩でできた
熱帯カルスト地形
いろんなコースがあって
歩くと面白い
歩道は整備されている。
上から望む辺戸岬
が美しい。

慶佐次湾のヒルギ林
本島最大のヒルギ林
植物に興味なくとも
水の上から立ち上がる
根は亜熱帯の森を実感
させた。

辺戸岬
本島最北端の岬
遠くに与論島を望める。
アメリカの統治下時代
ここから本土復帰を願って
のろしを上げたといわれている。
本島北部の人気観光スポット!
中南部とは違った魅力があった。

比地大滝
やんばるの森を歩いて
比地大滝へ行こう!




茅打ちバンタ
辺戸岬の手前にある
景勝地、美しい海と
静かな漁村が印象的だ。
ついでに立ち寄りたい。
沖縄の田舎を
感じさせてくれた。


やんばるを走って
やんばるの県道70号線
を走ってみました。
亜熱帯の森や
静かで美しい海
そして素朴な集落

沖縄旅行モデルプラン

今までの旅行経験からちょくちょく書いてみます。

プラン1
那覇とリゾートエリア




沖縄旅行相互リンクへ

旅行関連の
相互リンク募集中詳しくはココ



沖縄旅行についての
近況状況や質問など
沖縄旅行Q&A





古い情報

どんな旅を
しているのか


本島南部
をまわって

沖縄旅行で
気に入った食べ物


本島中部
をまわって

那覇旅行をして


本島北部
をまわって




旅行記 目次
(06年2月16日〜20日)

   ・旅行記1日目 2/16(木) 那覇
 首里や国際通りなど那覇見物
  ・旅行記2日目 2/17(金) 本島南部中部
   本当ドライブ,南部戦跡めぐりと斉場御嶽
     ・旅行記3日目 2/18(土) 沖縄中部北部
座喜味城跡、残波岬、琉球村、万座毛、ドライブ
夜はやんばるでキャンプを楽しむ!
   ・旅行記4日目 2/19(日) 沖縄北部南部
   金剛石林山,辺戸岬,国頭郡の集落をドライブ、那覇へ
     ・旅行記5日目 2/20(月) 那覇
   那覇 壷屋やちむん通りを歩いたり、公設市場で魚介類を楽しんだりした後、帰路につく。
   

(注意)
    06年の旅行経験とその後の調査に基づいて作りました。
   状況が変化している場合や実際と異なる場合もありますので自己責任のもとで
調査してください。

   
このホームページはリンクフリーです
相互リンクも随時募集しております。

詳しくはこちらをクリック