アメリカ旅行より ロサンゼルス観光をして
朝、ロサンゼルスに到着、バスやメトロレールを使って
ダウンタウンを歩いたりリトルトーキョーの日系人博物館
なおをまわってみた。公共交通機関を使っての観光もよかった。





トップ
アメリカ旅行の情報


お得に旅行をしよう!
格安アメリカ旅行方法



リトルトーキョー

アメリカ旅行記8日目 7/17(土)
徹夜ドライブの夜明け
前日は足止めをくらってグランドキャニオンを出発したのは夜であった。
ひたすら夜のハイウェイを走り抜けて、夜明けロサンゼルス郊外のハイウェイを走っていた。
 途中、給油とコーヒタイムをとる。だんだん交通量も増えてきたいよいよロサンゼルス市街に入る。
ナビがないため、地図をたどったのだが、間違えてしまった。道に迷う。
クルクル車を走らせる。途中ダウンタウンやリトルトーキョ付近を走る。
また、落書きや、浮浪者の多いエリアにも入ってしまう。
道をふらふらしてる人がいる危ない!
幸いロサンゼルスの道は全体的に広く運転しやすかった。


夜は明けるとロサンゼルス郊外を走っていた
(アメリカ旅行より)


レンタカー会社までダッシュ!
地図上にて自分の場所をつかみなんとかロサンゼルス国際空港に着く。レンタカー会社は
ここから近い はずだが、どのようにレンタカーのオフィスへどう行けばいいか分からない。
 ちょうどレンタカー会社のシャトルバスが出たので。
バスの後についていきレンタカー会社に到着。車返却、時間もギリギリだった。
これでアメリカ西部ドライブの終了、グランドキャニオントレッキングを追加したため無理もあった。
公共交通機関でロサンゼルス観光旅行を楽しむ。
(メトロレールでダウンタウンへ)
車を返却した後レンタカー会社のバスで空港へ行き、空港無料シャトルバスでメトロレール(列車)
の駅へ向かい。メトロレールでダウンタウンへと向う。
ダウンタウンとはロサンゼルスの行政やビジネスの中心部であり、公共交通機関でも便利なのだ。
メトロレールだと市内の中心部を走る。しかし、ロサンゼルス郊外と比べ貧しいエリアの感じがした。
モーテルに泊まる
ダウンタウンに到着する。重い荷物を持ってホテル探し。周辺にはいくつかのモーテルを見つけた。
入口にMOTELと書かれ値段も書いてあったので分かりやすかった。
52.88$のモーテルに入る。前日はほとんど寝てないから疲れた!
 少し休んでから、ロサンゼルス観光へ、ダッシュ(25セントバス、日本でいう100円バス?)
でリトルトーキョーへと向う。
リトルトーキョー観光
まずは、バスの中も日系人が多く、日本語も通じた。降りる場所を教えてくれた。
リトルトーキョーに到着、まわりは日本語の看板ばっかり、ラーメン屋や日本と同じスーパがある。
商品も日本のものと同じだった。日系人のお年寄りをみているとまるで日本にいるのと
同じである。なんかうれしかった。


リトルトーキョーにて
(アメリカ旅行より)


全米日系人博物館
 そこの全米日系人博物館に入る。まず、同時多発テロの展示館をみてまわる。
次に日系人博物館へ、そこには日系人の苦労の歴史が展示されていた。移民として
アメリカに渡ったが多くの差別があったらしい。しかし、
彼らはアメリカの為に尽くしたことなどが示されていた。
博物館を出てリトルトーキョーをひとまわりお土産を買う。
お土産屋も普通に日本語が通じるしよかった。
ユニオン駅とアムトラック
 その後歩いてユニオン駅へ行く。ロサンゼルスにあるアムトラックがでる鉄道駅だ。
ひろびろしてゆったりとした駅だった。
今回のアメリカ旅行は車(レンタカー)であったが、鉄道旅行ならばユニオン駅を拠点にしただろうか?
アムトラックは移動手段というより、鉄道を楽しむ為といった感じである
大きくてゆったり、食堂車もあるようだ。
広大なアメリカの大地を鉄道旅行したいものだ。
だんだん日も暮れ始めてきた。
ダウンタウン
 ユニオン駅からメトロレールで宿に戻る。ダウンタウンのレストランで夕食。
ちなみにダウンタウンも治安が悪いといわれている。夜はあまり出歩かない方がいいとのこと
ちなみに
レストランでT/ Cで支払おうとしたら、パスポートの提示を求められたり少し怪しまれてしまった。
食事を終えて、モーテルに戻って寝る。


7日目に戻る
(グランドキャニオントレッキング2日目、夜ロサンゼルスに戻る)
9日目へ進む
(アメリカ旅行最終日、ロサンゼルスから飛行機で日本に戻る。)



1日の出費(7/17(土))
 1$約120円
 ガソリン24.59$ コンビニでコーヒ1.20$ 
 レンタカーの精算24時間×7日(バラかけの保険付)347.78$
 メトロレール空港〜ダウンタウン1.25$ダッシュ(日本でいう100円バス?)
 ダウンタウン〜リトルトーキョー0.25$ Tシャツ10.83 $お土産のお菓子51.31$
 メトロレール1.5$自動販売機でジュース1.25$(日本のより大きい) 物乞い0.25$
リトルトーキョー日系博物館8$ダウンタウンでステーキ16.76$
 ロサンゼルスのモーテル52.88$
                             合計170.07$+レンタカー347.78$

8日目の旅行から
ロサンゼルス観光
今回のアメリカ旅行ではロサンゼルス観光を2回に分けておこなった。
1回目(初日)はレンタカーでサンタモニカやビバリーヒルズ、ハリウッドをまわり
8日目は公共交通機関でダウンタウンを中心にまわった。
私の直感ではあるが、ロサンゼルスはダウンタウンなど街の中心部の方が
治安が悪い感じがした。壁に落書きがしてあったり、鉄格子の窓や
浮浪者がフラフラしているなど直感で分かるだろう。
そのようなエリアをみたらすぐにそこから離れた。
また、グレンハウンド(長距離バスターミナル)は治安が悪いと聞くし
このようなエリアを夜歩くと恐怖をも感じたので夜歩くのはやめた方がいいと思う。
タクシーで移動という方法もあろう。
ただ、神経質になることはないと思う。ダウンタウンでも昼間、人通りの多いところなら
それほど危険とは思わなかった。
公共交通機関も発達
ロサンゼルスは自動車でまわるのがいい ともいう。
確かに大都会でありながら渋滞をあまりみたことないし、全体的に道もよかった。
しかし
街中だと道に迷うこともあったし
ビバリーヒルズなど一部を除くとバスや鉄道(メトロレール)が走っており
公共交通機関も便利だった。それにメトロレールなど安いし利用しやすかった。
メトロレールに乗るときは改札はなかったがちゃんと切符を買おう
たまに検札があってそのとき切符がなければ多額の罰金となるようだ。
心配ならツアーも
インターネットで調べるとロサンゼルス観光ツアーも多く
市内観光やテーマパークに訪れたり、観戦ツアーなどさまざまだ。
ツアーなら日本でも予約できることも多く安心だし快適だ。



トップに戻る
アメリカ旅行の情報


04年7月に旅行
07年4月にデータをまとめました。



(注意) 自分の経験に基づいて作りました。
状況が変化している場合や実際と異なる事も考えられるので
参考程度に自己責任のもとで調査してください。