格安韓国旅行の方法

成田空港や関西国際空港からソウル3日間で2万円以下!
インターネットで調べると、なんとも信じられないほどの
格安プランが続々と現れる!今や韓国は1泊2泊で
気軽に訪れることができるのだ!ソウルだけではない。
釜山や済州島だって格安プランが沢山あるのだ。


      


自分に合った旅をお得にしよう!













トップ
韓国旅行



ソウル3日間で1万円台とか2万円台!?
驚きの格安韓国旅行がある!

インターネットで調べるとソウル3日間で1万6千円だの2万3千円だの驚くほどの
格安プランを見かける。内訳は空港(成田空港や関西国際空港など)から
ソウル(仁川国際空港や金浦空港)までの往復航空券そしてソウル市街にある
ホテル、あとは韓国の空港からホテルまでの送迎サービスのセットといったところか?
格安プランの場合、エコノミーホテルが一般的だが、安宿といった雰囲気ではなく
東京でいう1泊8,000円位のビジネスホテル(シティーホテル)クラスといったところだろう。
多少部屋が狭いと思う人もいるかもしれないが、清潔で快適であることが多い。

以上は一例であり
状況によっては
多少高い方がいいこともある。
他にも
航空券や宿を別々に手配する個人旅行が安くて魅力的なこともあるのだ。
どのような旅をしたいのか?
旅慣れているのか?いないのか?
人によってそれぞれ異なるもの
どのような旅行スタイルが合っているのか
分けてみることにしました。


今や格安であっという間
にソウルに着いてしまう。



ツアーがいいか?個人旅行がいいか?
海外旅行をするとき、まず最初に
「ツアーに参加するか?」「個人旅行で行くか?」
考えることが多いと思う。個人旅行とツアーの違いや
それぞれのメリットデメリットについてまとめてみました。


ツアーと個人旅行の違い

簡単に説明すればツアーとは「募集型企画旅行」といい。
旅行会社が旅行計画をたてて、募集するといったもの
つまり主催者は旅行会社になる。
自由度は下がるが、主催者は旅行会社なので安心感はある。
個人旅行とは「手配旅行」といい。企画をたてるのは旅行者本人であり
旅行会社は航空券やホテルを手配するだけである。
もちろん、航空会社から直接航空券を買ったり、直接ホテルの予約もできる。
ホテルの予約をしないで現地で探す人もいる。
個人旅行は自由というメリットがあるが、全て自己責任である。
旅行会社は航空券やホテルを手配しただけなのだ。


ツアーの場合
(フリープランがほとんど)

ツアーと聞けば旗を持った添乗員の後についていくようないわゆる「パックツアー」
を想像する人が多いと思うが、韓国旅行においてはそういった形のツアーが少ない。
現在 多くは往復航空券+ソウルなど現地のホテルがセットで現地では自由行動である
フリープランが多い。
添乗員は同行せず、空港やソウルに現地係員(又は提携旅行会社のスタッフ)が対応
ということがある。(係員がいないこともある)
ちなみに
よく紹介される
ソウル3日間とか4日間といったプラン
のほとんどがフリープランとなる。
自由度が高く個人旅行に思えるが、形式上では
ツアー「募集型企画旅行」である。


主要な空港にカウンターを設けている
旅行会社もある
(安心である。)


フリープランがお得か?

シーズンによっては、往復格安航空券と同じ位の代金のツアー(フリープラン)もある。
つまり、往復格安航空券の料金でホテルも含まれるのだから、
文句なしにフリープランの方が安くなるだろう。
最も、格安プランならホテルはエコノミーホテルとなるが、それでも部屋は清潔で
大抵の人は快適な夜を過ごせると思う。ただし、ピークシーズンとなると
旅行代金がグンと上がることから個人旅行の方が安くなることも考えれる。
(最も格安航空券や割引航空券も値上がりするが・・・)
また、1週間以上などの長期滞在や一人旅(一人部屋追加料金がかかる)
韓国各地を周遊する旅行なら個人旅行の方が安くなるだろう。


比較的リーズナブルでも観光ホテルはゆったりしていた


(旅慣れない人ならオプショナルツアーを追加するといい)

旅慣れない人や海外初めての人ならツアーを利用する人が多いだろう。
フリープランの現地自由行動はいいけど
旅慣れない人なら言葉や現地の習慣や風習の違い
そして治安など心配するのではないか?その場合はオプショナルツアーが便利
オプショナルツアーとは現地発のツアーであり、日本語プランも豊富
主要なホテルまで迎えに来てくれるので安心だ。
なお、単なる市内観光のみならず、グルメツアー(クーポン)や体験ツアー
また、ソウルから日帰りで慶州や釜山へ行くようなツアーもあるのだ。
自分好みのプランを組み合わせてパックツアーに近い形にすることができるのだ。
また、同じフリープランでもソウルなどにデスクを設け
携帯電話を無料で貸し出し24時間バックアップしてくれるところもある。
旅行会社も安心を買おう!
同じソウル3日間とか4日間といったツアーでも旅行会社によって値段が異なる。
全く、同じホテルや航空会社利用でも大きく値段が異なることがあるのだ。
海外は不慣れな場合、空港までの送迎サービス付や苦情対応、その他、バックアップなど
多少値段が高くてもサービスが充実したところを選んだ方がいいと思った。

詳しくは

オプショナルツアーの魅力




ソウルを歩くとツアーの観光バスをよく見かけた
(格安韓国旅行より)


(ツアー「フリープラン」の注意点)

ほとんど個人旅行のように自由度の高いフリープランだが、個人旅行ほど自由というわけにはいかない
例えば、ソウル3泊付のプランででソウル以外にも泊まりたいから1泊分キャンセルといっても応じてくれない。
(安くはならない)旅行放棄とみなされるのだ。勝手に他の宿をとってもいいが、二重に予約したことになる。

また、インターネットであまりの格安プランの予約をすると、メールの添付ファイルで
航空券のバウチャーとホテルクーポンが送られる位でほとんどバックアップしてくれないこともある。
表向きではツアーだが結局のところ自己責任が問われてしまうこともある。
(人件費削減か?旅行会社の係員の数が足りずに対応できないのだ。)

これは個人旅行でもそうだが 表示料金の他 燃料サーチャージだの空港使用料など別に付くことがあるのだ。
例えば
12,000円の料金だが実際に請求される費用は21,000円ということがあった。
しかし、
最近は燃料サーチャージ付のプランも多いこともある。
詳しい金額はメールや電話等で確認するのがいい。


詳しくは

フリープラン


(パックツアーもないわけでない)

数は少ないものの添乗員同行のパックツアーもないわけではない。
ソウルなど1都市滞在ならフリープランにオプショナルツアーセットでもいいと思うが
旅慣れない旅行者、韓国周遊旅行をするならパックツアーもいいと思う。
ただし旅行代金高いとか、毎日出発でない、
ある一定以上の人が集まらなければ出発できない。
といった点がある。

格安韓国旅行にはならないだろう。

個人旅行の場合
(インターネットの普及でより細かなプランがたてられる。)

個人旅行といえば以前は 高度な旅行技術を要しバックパックを背負い宿の予約をしないで歩く、
いわゆる「バックパーカー」が主流と思われたが、
インターネットを通してかなりの細かなオーダーが可能となった現在、ごく普通のツーリストも個人旅行が
楽しめるようになった。インターネットを通すと日本語で航空券の手配に
宿泊設備(ゲストハウスから高級ホテルまでさまざま)オプショナルツアーにミールクーポン(食事券)
空港からホテルの送迎に観光タクシーなどとにかくかなり細かな手配ができるのだ。
もちろん 食事など予約せず自分で探す方法もある。

個人旅行がお得な場合
先のフリープランで述べたとおり、ピークシーズンや一人旅
周遊型の旅行など個人旅行の方が安いこともある。
また、外国人観光客が訪れることなないようなところへ訪れ
そこで滞在するというようなオリジナルティーな旅をするも個人旅行となろう。


韓国を周遊旅行するなら
個人旅行が安いこともある
(慶州にて)


(個人旅行の注意点)

個人旅行である以上 全て自己責任となる。(格安フリープランも似たかよったかだが^^;)
例えば
飛行機が欠航になって1日遅れた場合、その日のホテルとか今後の行程が心配となる。
ツアー(フリープラン)なら旅行会社側が交渉するだろうが、
個人旅行なら個人との交渉となるのだ。
おそらく
1日目のホテルのキャンセル料はしっかりとられるだろう。
他にも
何があっても旅行会社は手配しただけで後は責任とらないと思った方がいい。
ホテル側でトラブルがあっても 旅行会社は一切関係ない。

詳しくは

個人旅行




ツアーと個人旅行の明白な区別が付きにくい!?
以上の内容からツアーと個人旅行とは区別が付きにくい感じがする。
実際ソウルの街を歩くと自由気ままに歩く日本人旅行者を多く見かける。
実際はツアー(フリープラン参加者)であることも多いし
また、添乗員同行のツアーであっても、個人旅行者でオプショナルツアー
(現地発のツアー)参加者ということもあるのだ。





どのような旅をするか?
例えばソウルや釜山、済州島など1ヶ所滞在の旅行をしたい人もいるし
韓国各地を周遊したい人もいる。それによってお得な旅行方法が異なるのだ。


1ヶ所滞在型の旅

ソウルや釜山 慶州などに1ヶ所滞在型の旅行をする場合で2人以上の場合
3日〜5日位の滞在ならばフリープランの方がお得であろう。
しかし、一人旅であったり長期滞在など個人旅行の方が安くなることもある。
また、フリープランでも安いプランはすぐに一杯 高いプランを紹介されることもある
その時は個人旅行の方が安くなることもあった。

詳しくは

一ヶ所滞在の旅


周遊型の旅行

ソウルや釜山の他にも地方には多くの街があり風景に出会える。
ただ、韓国はそれほど広くはなく、交通機関が発達していることから
ソウルや釜山に滞在するフリープランに参加しそこから日帰りで遠方へ
行けることも多い。(慶州など日本語オプショナルツアーもあり!)
また、主要な観光都市(ソウル+釜山とかソウル+慶州など)
をまわるプランなら添乗員が同行せずに現地係員が対応するようなプランもあり
安くなることもある。
しかし、周遊旅行をしたいなら地方の宿にも泊まってみたい!
そういった旅行者も多いかもしれない。
その場合は個人で手配した方が安いこともある。
ただ、海外は不安 という場合は添乗員同行のパックツアーもいいかもしれない
珍しいスポットへ行くプランもあるのだ。

詳しくは

周遊旅行を楽しむ




港町 釜山を歩く
(チャガルチ市場など魚介類が豊富)



LCCで格安韓国旅行
最近流行りのLCC(格安航空会社)日本から韓国へも多くの
LCCが出されている。インターネットで調べると格安韓国旅行プラン(航空券)の
多くがLCCとなっている。


短距離なら格安でいいかも?

シーズンによるがLCC(格安航空会社)の場合
日本からソウルでも往復11,000円なんて驚きの価格
燃料サーチャージや空港使用料を入れても2万円ちょっとなんてこともある。
旅行会社で紹介される格安フリープランや格安航空券でもでもLCC利用の場合が多い。
多少席が狭くなるとか 機内食とか付かない ということもあるが
たかが2時間程度のフライト苦にならないのでは?
その分安い方がいいと思う。

LCCの注意点
最近はLCCだけに限ったことではないが
安さ追求ということもあり保有機材が少ないなどの問題がある。
1機の飛行機でかなりあちこちまわっているのだ。
例を挙げると
前便の機材や天候の不良等により欠航ということもあるようだ。
例えば
天気もよく運行に全く影響なさそうだが
前便の不良で連鎖的に欠航という可能性もあるのだ。
また
LCCの場合 スタッフの数も少ないせいか?対応が困難なこともあった。
何か連絡 相談しようとしてもなかなかつながらないのだ。
例えば
電話でフライト状況について相談しようとしてもなかなかつながらないことがあったし
空港に着いても出発時間の2時間前になるまで
その航空会社のスタッフが見かけず困ったことがある。


最近は格安航空会社をよく見かける
(格安韓国旅行より)



おすすめオプショナルツアー
ソウルや釜山からは現地発の日本語のツアー単なる観光
のみならず、グルメや体験などさまざまツフリープランの他
個人旅行者にもおすすめだ!


手際よくまわれるし快適!

ソウル1日観光の他、本場韓国料理のグルメプラン、体験めぐり
またソウルから慶州や釜山などへ日帰りで行くツアーなどその種類は
盛り沢山!ちなみに今も緊張がはしる板門店の場合はツアーでしか行けない。
中には個人より割高になることもあるが、快適だし短時間で手際よくまわれるのがいい。
短い旅行期間を有効に利用するならオプショナルツアーがおすすめだ。

詳しくは

オプショナルツアーの魅力



ツアーもいい!









トップに戻る
韓国旅行



注意
2007年から2015年までの韓国旅行とその後の調査に基づいて作成しました。
主体的なところも多く、状況の変化や実際と異なることもあります。
参考程度に自己責任のもとでの調査をお願いします。