韓国旅行より

韓国に到着!空港からのアクセス

日本から飛行機で出発!多くの人はソウル近くの
仁川国際空港、金浦国際空港、釜山の金海国際空港
そして済州島の済州国際空港に降り立つであろう。
自分の韓国旅行経験と調査からそれぞれの空港
から便利な交通機関をまとめてみました。



ソウルに到着!
(空港からのアクセスを確認したい)












トップ
韓国旅行


いろいろ調べてお得な旅をしよう!
格安韓国旅行の方法



空港からのアクセスについて
まずは韓国の空港からの交通機関を総合的に見てみました。
バス(リムジンバス 路線(市内)バス)

主要な空港なら、おおよそどこでも見ることができたのがバス
空港から出ているバスを大雑把に
リムジンバス(エアポートバス)と市内バスに分けることができる。
空港から市街地へ向かう場合は大荷物であることが多いだろう。
リムジンバスの方がゆったりしていて便利、さらに主要なホテルや
駅などに停車してくれるし、言葉が通じなくても行先を紙に書いて
運転手に見せたら、そこで教えてくれたこともある。
そもそもリムジンバス利用者の大半は空港利用者であろう。
逆に
路線バスは、空港利用者よりも買物帰りや学生など地元風の利用が多い。
停まる場所も分かりにくいなどという難しさがある。
また、混雑しているところ大荷物というのも少々面倒だ。
ただ、値段は安く
リムジンバスだと6,000ウオンも7,000ウオンもするところ
路線バスなら1,500ウオン程度ということもあった。


街中ではあちこちにエアポートバスの停留所を見かけた

鉄道

便利なのは仁川国際空港や金浦国際空港とソウル駅を結ぶ
空港鉄道(A REX)一般車と直通列車あり、早くてよかった。
釜山郊外の金海国際空港からも金海軽鉄道が出ている。
済州島には鉄道はない。
よって済州国際空港から鉄道はない。


Airport Railroad と表示あり
(ソウル駅にて)

タクシー

自分の泊まるホテルなど直接行くことができるので便利だ。
なお、韓国のタクシーは模範タクシーと一般タクシーがある
模範タクシーとは高級感あるタクシーで黒塗り、
「日本語可」と書いてあるタクシーもあった。
一般タクシーはシルバー、普通の車のような感じ
もちろん模範タクシーの方が運賃は高い。
なお、韓国旅行経験上 ほとんどが一般タクシーであった。
中には
白タクもあるので注意
大抵、空港にはタクシー乗り場がある。
また、韓国ではないが運転手のいい値でメーターを倒さず
に走るタクシーがあった。通常より高めの料金を請求された。
なお、ドアは手動で一般タクシーなど、タクシーというより
一般的な乗用車に乗せられている感じもあった。
(空港からのタクシーメリット)
空港によるが、仁川国際空港や金浦国際空港、金海空港など
リムジンバスもあり、その方が安いと思ったし
韓国旅行のガイドブック等で下調べさえしておけば
特段難しい乗り物と思わなかった。
ただ、4人で利用すればリムジンより安いと思ったし
乗り換えなどの心配がないので
その点ではメリットはあると思えた。


人数が集まればタクシーでホテルに向かうもいいかも?


レンタカー

日本でもそうだが、韓国の空港でもレンタカーのデスクがあり
空港からレンタカー利用も可能である。
レンタカーならどこでも自由に行けるから便利だが
標識などハングルばかりだし
交通状況から韓国での運転はあまり勧めていないようだ。
なお、済州島では道も広く交通量が少ないため
レンタカーもいい。と書いてあることもあるが
済州島の中心地である「済州市」は結構な都会
交通量も多い。済州島を知らないで訪れると驚くかもしれない。
自分は済州島で車を運転する自信はない。

韓国でドライブするなら国際免許を用意しよう
あと、予約をしておいた方がいいと思う。
インターネットで予約可能だ。


結構な混雑
(済州島にて)


下調べをしよう!

仁川国際空港や金浦国際空港など主要な空港から市街地へのアクセス
はいいが、どのような交通機関がいいか?
切符の買い方 乗車する場所
その交通機関の利用方法など
事前に確認したい。
ちなみに
地下鉄や空港鉄道の切符販売機など日本語案内もあり!
ガイドブック等で下調べをしておけば特段難しくはなかった。

フリープランなら送迎付が多い
ちなみにソウル3日間とか4日間といったフリープランの場合
空港からホテルまでの送迎サービスがセットされることが多い。
日本語でお出迎え 海外に不慣れな旅行者にとっては嬉しい存在だ。
空港の到着ロビーに係員がいると思う。
どのような人がどのような格好(バッチやプラカードなど)で出迎えて
いるか事前に確認しておこう。
なお
有料でバスや鉄道より割高だが
日本から空港送迎の予約ができる。
詳しくはオプショナルツアーの魅力をクリック


空港からホテルまで送迎サービスがあると便利!
(済州島にて)


各空港からのアクセスについて
仁川国際空港、金浦国際空港、金海国際空港
そして済州国際空港に分けてよかったと思った
アクセスをまとめてみました。


仁川国際空港

韓国を代表する国際空港、日本からの飛行機も多い。

空港鉄道(AREX)を利用

早くて確実、個人的に好んだのが空港鉄道AREX
ソウル駅から出発できる。
直通なら43分だが、一般車「いわゆる各駅停車」でも56分でそれほど大差はないと思った。
(で、自分は一般車を利用した。)
運賃は直通で14,500ウオン(2015年12月いっぱいまで8,000ウオンとか?)
一般車4,550ウオン Tmoney 3,950ウオンであった。
地下鉄とほぼ同様、自動販売機も日本語の表示あり何かと便利であった。
バスみたいに系統図がゴチャゴチャしていないので分かりやすい。


日本語の表示もあった


リムジンバス

韓国旅行のガイドブックの多くは空港鉄道より
リムジンバスを先に紹介することが多いようだ。
というのは
ソウル駅やその周辺へ向かう場合は空港鉄道が便利であるが
ホテルへ向かうには、そこから地下鉄やタクシー利用ということが多い。
荷物が多いし大変!タクシーなど利用すればかえって高あがりかも?
そのときはリムジンバスが便利 
街中の主要なホテルや観光スポットなど細かくまわるのでなにかと便利
また、韓国旅行のガイドブックやインターネットで分かりやすく乗り場が表示されて
いるので、下調べをしておけば不便を感じなかった。
行先によるが運賃は16,000ウオン程度かな?
渋滞等により変わることはあるが60〜90分位で到着した。
なお 金浦国際空港へ向かうリムジンバスもあり
(広い停留所)
成田空港など日本の主要空港でもそうだが、バス停留所といっても
広く あちこちの方面へ向かうバスが出ている。
(空港鉄道のように線路1本というわけではない。)
大きな荷物を持って自分の乗るバス乗り場を見つけるのは大変だ。
韓国旅行のガイドブックやインターネットで調べると
乗り場の番号と行先(ルート)が示されていることが多いので
事前にチェックしておこう。
主要な空港なら日本語とか漢字の案内もあり
乗り場番号も分かりやすかった。
と記憶している。

他にもタクシー等があり


便利なリムジンバス
(ソウル 明洞にて)



詳しくは下をクリック

仁川国際空港





金浦国際空港
金浦空港といえば韓国国内空港といった感が強いが現在
日本から金浦空港に離発着する飛行機も多数あり
仁川国際空港と比べてソウル市街に近いのもいい


空港鉄道(AREX)

仁川国際空港と同様便利な交通機関であった。ちなみにAREXは
ソウル駅から仁川国際空港へ向かう途中 金浦空港駅に到着する。
時間は20分ちょっとだ。運賃は一般車1,850ウオン Tmoney1,250ウオンであった。
国際線から国内線に乗り換えるとき、仁川国際空港から金浦空港に移動することもあると思う。
そのときも便利な交通機関、時間は35分ほど
運賃は4,150ウオン Tmoney3,550ウオン
注意したいのは
直通列車はソウル駅から仁川国際空港までの直行なので
金浦空港には停車しない。


AREXの一般車 車内(各駅停車)


リムジンバス
これも仁川国際空港と同様、ソウル駅やその周辺へ向かうならともかく
ソウル駅から離れたホテルならリムジンバスが便利
運賃は7,000ウオン程度
細かな点は仁川国際空港と同じ
地下鉄
金浦国際空港はソウル市街に近く地下鉄も出ている。
「512」「902」がソウルの地下鉄路線は細かく
乗り換えはあるものの、細かな移動もできるし
経験上 時間も正確、運賃は2,000ウオンもしないだろうから安い。
さらにラッシュでもない限り
比較的大きな荷物でも持ちこむことができた。
詳しくは地下鉄をクリックしてください。

他にもタクシー等があり


詳しくは下をクリック

金浦国際空港





金海国際空港
釜山にある国際空港 韓国の南を旅行するには
便利、日本からの近さからソウルより安く行けることがある。


リムジンバス
以前は路線バスと地下鉄を乗り継いで
利用 釜山市街に訪れた
ものの、最近は空港からのリムジンバスの運行をしている。
路線は数本程度であるが釜山駅 西面 南浦洞といった
釜山市街の中心部 釜山のリゾートエリアともいえよう
海雲台方面などへ向かうバスあり もちろん主要なホテルにも停車
運賃も6,000〜7,000ウオン程度である。
仁川国際空港のリムジンバスよりゴチャゴチャしてなかったが
事前にルートや乗り場 系統図は確認しておきたい。
ガイドブックやインターネットでチェックできた。


釜山でみかけたリムジンバス


金海軽鉄道+地下鉄

さらに安くて便利と思われるのが金海軽鉄道
金海国際空港から沙上駅まで行き、そこから地下鉄に乗って
西面 そこから乗り替えて南浦洞など向かうことができる。
金海〜沙上まで1,300ウオンで、10分もしないで到着
地下鉄も沙上から釜山市街まで1,500ウオン程度であろう。
乗り換えとか面倒だが、リムジンバスより安い。
線路上を走るのでルートもバスみたいにゴチャゴチャしてない。
ガイドブックにも路線図が載っていることが多いので確認しやすい。
路線バス+地下鉄
以前は金海国際空港から路線バスで地下鉄の徳川駅とか亀浦駅
などへ行き、そこから地下鉄利用した。
しかし、金海軽鉄道の誕生からそのメリットは低いと思った。
ただ、東菜方面へ向かうバスなどあれば乗り換えもないし
便利かもしれない。

ソウルの市内(路線)バスと同様
ハングルのみであり分かりにくい
大きな荷物だと大変等
デメリットがある。
事前に系統番号とルート図で確認したい。
ガイドブック等で金海国際空港からの主要なルート図
が紹介されていることもある。

他にもタクシー等があり


詳しくは下をクリック

金海国際空港





地下鉄の駅は街中のあちこちで確認できた。



済州国際空港
済州島を旅行するには
路線バス

済州島に訪れる場合、済州(新済州や旧済州)にある
ホテルに宿泊して、済州島観光を楽しむことが多いと思う。
済州国際空港から済州市街地まではそれほど遠くはなく
運賃も1,500ウオンしない位だった。
(Tmoneyカード利用可能1,150ウオンであった。)
本来海外での路線バス利用は難しいものだが
韓国旅行のガイドブックを開いても済州国際空港からの
主要なバス系統図が示されてあったので事前にチェックもできた。
(例 100番 東門・・・新済州など)
それに
済州国際空港のバス停留所には日本語表示もあったし
バス停留所には漢字の表示もあったので
地下鉄などと同様、
乗りかたなど事前に調べておけば特段難しくはなかった。
経験上
多少大きな荷物でもなんとかなった。
(ちょっと大変だったが・・・)


済州国際空港から路線バスもよかった


タクシー

大きな荷物であったり、路線バスだと一部漢字表示はあっても、原則ハングルのみ
乗りかたの下調べも必要になる。
済州国際空港から済州市街地まで
タクシーが便利だし驚くほどに高くなかった。
経験上 済州市街地の移動は
4,000〜6,000ウオン程度であった。
空港から旧済州市外 新済州市街地も同じ位の値段だと思う。


タクシーもよかった


リムジンバス

済州市街ではなく中文や西帰浦など済州国際空港から離れた
ところへ向かう場合はリムジンが便利と思われよう。
運賃は5,000ウオン前後と聞いた。


詳しくは下をクリック

済州国際空港















トップに戻る
韓国旅行



注意
2007年から2015年までの韓国旅行とその後の調査に基づいて作成しました。
主体的なところも多く、状況の変化や実際と異なることもあります。
参考程度に自己責任のもとでの調査をお願いします。