韓国旅行より

ソウルで買物

日本からLCC(格安航空会社)も多く出ており、今や1泊でも
気軽に行くことができる海外、買物を楽しむために韓国旅行をする
人も多いであろう。お土産にいいキムチに韓国海苔、マツタケに高麗人参など
が売られる南大門市場、夜の街として有名で多くの衣料品が集まる
東大門市場伝統品が売られる仁寺洞、そして、ブランド品が免税で
購入できる免税店はソウルの街中でみることができた。
他にも屋台など・・・ソウルには数多くのショッピングスポットがあり
買物を楽しませてくれるのだ。
主なスポットなら日本語も通じて言葉の心配もいらなかった。
経験からソウルでの買物についてまとめてみました!



南大門市場に賑わい
(600年以上の歴史を持つ)












トップ
韓国旅行


自分好みのお得な旅をしよう!
格安韓国旅行


主なショッピングスポット
免税店又は市場

言うまでもないがソウルには数え切れないほど多くのショッピングスポットがある。
中でも日本人好みの店が多いと思われたのが市場(南大門市場、東大門市場)
そして免税店であった。日本人旅行者も多く、日本語通用度が高かった。

便利な観光案内所
南大門市場や仁寺洞にある観光案内所には日本語スタッフがいることが多く。
店の情報など、いろんな情報を教えてくれる。
あと、インターネットのサービスがあり、日本語の入力もできた。

お得なクーポン雑誌をもらいたい
日本でも空港や観光案内所などへ行くと見つけるクーポン雑誌、ソウルの街中でも
日本語クーポン雑誌を見ることがあった。雑誌を開くとお土産屋にレストラン、免税店に
エステや空港からのリムジンバスの割引情報(クーポン券)が満載しているのだ。
分かりやすい商品やメニューも載っているので安心である。
空港や観光案内所に立ち寄るついでにもらって行くのもいい。


ソウルの観光情報センターで
クーポン券付の雑誌をもらえた。


フリープランでは途中で免税店に立ち寄ることもある。

ソウル3日間といったフリープラン、往復の航空券+ソウルのホテルがセットになったプランで
基本的に現地自由、追加料金でオプショナルツアー(現地発の日本語観光)に参加もできる。
仁川国際空港からソウル市内のホテルまで送迎サービスがセットされることがあるが
途中に免税店に立ち寄るプランもあるとのこと、
地下鉄やバス、タクシーなどを使って個人で行けないこともないが便利ではあろう。

付加価値税の払い戻し
海外旅行をすると、よく
外国人が特定の店で〜以上買物した場合など特定の条件が満たされれば
消費税にあたる額を払い戻されるという制度が目に付く
韓国でも付加価値税の払い戻しというのがあるようだ。

詳しくは下をクリックしてください

付加価値税の払い戻し



市場の魅力、免税店の魅力
風情ある市場

日本でも上野のアメ横など国内外から多くの旅行者で賑わっている。
ソウルでも多くの市場があり多くの人々で賑わっているのだ。
多くの品々が安い値段で購入できる。
品によっては値段交渉も可能なのだ。
(南大門市場)
ちなみに日本人旅行者の多い市場の一つが南大門市場
朝鮮王朝時代 600年以上の歴史がある。
お土産にいい韓国海苔やキムチやマツタケに高麗人参などが売られており
まとめ買いなら値引きにも応じてくれることもある。
いろんな店に立ち寄って交渉したい。
他にも、ステンレス製の食器をはじめ韓国らしい雑貨も売られている。
韓国料理を扱う食堂もあり、飲食にもいい。
(メガネを購入)
最近は日本でもメガネを安く購入できることから魅力は低くなったとも思えるが
南大門市場周辺にはメガネの店も多い。日本と比べ比較的安く買えるのだ。
海外でメガネを買うとなると不安に思えるかもしれないが
日本語を話せるスタッフがいて、目の検査を行ってその人にあったメガネを作ってくれた。
特段不便を感じることもなかった。

詳しくは下をクリック

南大門市場




(東大門市場)
多くの日本人旅行者が訪れる市場の一つ東大門市場、特徴といえば
衣料品の店が多いことと、夜の街という印象が強いことだ。
衣料品のみならず、食事ができる屋台や食堂などもあるが
メインは衣料品であろう。中には韓国らしい衣料品もあり興味を注ぐのだ。
もう一つが夜の街、是非とも夜に訪れてみたい。
0時を過ぎても賑わいは劣らず時間が過ぎたことも忘れてしまう。
注意したいのは終電時間が過ぎてしまうとタクシー乗り場は長蛇の列
明洞あたりのホテルに宿泊しているなら歩いて帰れそうだが
ちょっと離れると真っ暗で物騒な雰囲気なところもあり注意をしたい。

詳しくは下をクリック

東大門



夜の街として知られる東大門


免税店

タバコや香水、高級ブランド品などを免税価格で購入でくる免税店を楽しみに
海外旅行を楽しむ人も多いだろう。本来免税店とは空港で入国審査を終えた
エリアにあると思われがちだが、ソウルなど街中に免税店がある。
有名な店といえばロッテ免税店ではないか?
とにかく品揃えが豊富であり、多くの旅行者で賑わっていた。
日本語通用度も高いのだ。
ちなみに購入した品は出国時空港で受け取ることになる。

詳しくは下をクリック

免税店




その他ソウルの買物について
仁寺洞

日本人旅行者の他、世界中からの旅行者でも賑わいを見せている。
民俗系といったイメージが強く書画や陶器などの工芸品をよく見かけた。
是非とも訪れたいエリアである。
骨董品など売られていた。お菓子なども売られておりお土産にいいと思った。
ちなみに表とおり(仁寺洞通り)からちょっと入ったところには
民俗居酒屋や伝統茶屋があり飲食を楽しむ日本人旅行者が多いように思えた。
(日本語メニューもあった。)


是非とも行ってみたい仁寺洞


明洞

池袋や原宿のようなところであろうか?ソウル有数の賑わいを見せる街である。
若者の街といったイメージが強くファッショナブルな雰囲気
日本人旅行者も多いだろうがそれ以上に韓国人も多くあまり目立たなかった。

梨大
新村と梨大は学生も街である。新村は男子学生のイメージが強く
安い飲食店やゲームセンターなど目についた。
焼肉など仁寺洞より安く食べられた。
梨大は女子大生の街といった雰囲気でお洒落な店やイヤリングなどの屋台が多い。
比較的安く買えるのもいい。ただ、日本人旅行者は少なく
日本語はほとんど通じなかった。


梨大を歩く


狎鴎亭洞

セレブの街といったイメージが強く、ソウルの街は全体的にゴチャゴチャしているが
狎鴎亭洞は広々したイメージ、ソウルでも比較的裕福な人が住むエリアと言われている。
芸能事務所も多く有名人も多いと聞く。ブランド品の店も多く、全体的に高め
日本人旅行者も多く見かけたが、地元風の人が多い。
日本人旅行者なら免税店の買物を楽しむであろう。


高級感ある狎鴎亭洞

















トップ
韓国旅行


(注意)
このページは、06年9月に旅行経験に基づき07年10月に調査作成
08年7月に再まとめをしました。
自分の経験に基づいて作りました。 実際と異なったり状況が変化している場合もありますので
参考程度に自己責任のもとでお願いします。