韓国旅行より

宿(ホテル)について

日本にもホテルや旅館、民宿、ゲストハウスというように
いろんな宿泊設備がある。韓国でも韓国ホテルからモーテル
民泊そしてゲストハウスなど、いろんな宿泊設備があるのだ。
そして、その人の旅行スタイルによって異なるもの
自分の韓国旅行経験や調査からどのような宿泊設備があるのか
簡単にまとめてみました。



自分にあった宿泊設備を利用したい!











トップ
韓国旅行


いろいろ調べてお得な旅をしよう!
格安韓国旅行




以下の通り説明します

1.韓国にある宿泊設備の種類を簡単に紹介

2.宿泊設備の部屋や設備の様子

3.日本語通用度、注意点

4.宿の予約について、ツアーでの宿の選び方など

5.値段や注意点など宿泊設備を種類別にまとめてみます。


1.韓国にある宿泊設備の種類を簡単に紹介
まずは簡単に韓国にある宿泊設備についてまとめてみました。

観光ホテル
ツアー(フリープラン)や旅行会社で紹介される一般的なホテル

ヒルトンホテルとかプリンスホテル、東急ホテル 東横インにサンルート〜
というように日本にも多くのホテル(観光ホテルやビジネスホテル)を見かける。
もちろん韓国にも同じような観光ホテルは数多い。それこそ超高級ホテルから
エコノミータイプのホテルまでさまざまだ。一般的なツアー(フリープラン)
また、旅行会社で紹介されるホテルは観光ホテルが基本的である。
値段の幅は広く安いところなら1部屋5000円台(50,000ウオン)もあると思う
何万円(数十万ウオン)というレベルもザラだろう。


主要な都市部や観光地には高級ホテルも見かけた
(済州島にて)


旅館
ツアー(フリープラン)や旅行会社で紹介される一般的なホテル

安宿にあたるだろう。歓楽街などに多い。観光というより飲んだ後
観光で泊まるというより飲んだ後など
仮に泊まるといった雰囲気であった。
こじんまりとしていることが多い。
当たりはずれが大きく
例えば
部屋が古いこともあり人によっては抵抗を感じるだろう。
値段は1部屋1泊30,000〜50,000ウオン
最近は旅館=モーテルみたいに思える。


仁寺洞の裏手には旅館を見かけた
(ソウルにて)


モーテル
旅館と同じような宿!?

基本は旅館と似たかよったかである。
ただ、駐車場があることが多い(これも一概にいえないが・・・)
値段は旅館と同じで30,000〜50,000ウオン位だが
最近は少々高級感を感じるところもあり1部屋1泊50,000〜70,000ウオン
のところも見られるようになった。
経験上、現地で宿探しをする場合(宿の予約をしない場合)
最も見つけやすかったのがモーテルであった。


モーテルはよく見かけた
(慶州バスターミナル近くにて)


民泊
民家みたいな感じ

日本でいう民宿だが、それ以上に質素な感じで本当に民家
といった雰囲気、済州島や慶州郊外の仏国寺といった
観光地で見かけたことがあるがあまり紹介されない。
1部屋1泊30,000〜40,000ウオン 人によっては抵抗を感じるだろう。
民泊も韓国文化体験ができるようなところなら高いかもしれない。


まさに民家である
(仏国寺にて)


ゲストハウス
ユースホステルみたいな感じ

日本でも東京や京都で見られるゲストハウス ドミトリーという相部屋が多く
安いところならソウルでも1人10,000〜15,000ウオン位だろう。
好きな人は好きだが部屋の様子やプライバシーがないなど抵抗を感じる人もいた。
部屋が古いこともあった。
ゲストハウス=安宿ではなく
伝統家屋を使った韓屋などでも〜ゲストハウスという名前を付けており
1泊10万ウオン(1万円)以上するところもある。
ドミトリーではなく個室である。


ゲストハウスのドミトリーの様子


チムジルバン
サウナである

日本でも健康ランドやサウナがあるが同じような感じだ。
宿泊設備ではないが24時間営業もあり仮眠できるのだ。
都会のビルの一角にあるチムジルバンもあるし、
健康ランドというべき巨大なチムジルバンもあった。
サウナや大浴場にゆったりできる1万ウオン程度と安いという魅力がある
ただし、うるさいとか床が固いなどでよく眠れないこともあるかも?


大浴場でゆったりできるのが魅力


韓屋
韓国伝統家屋

泊まったことはないが韓国の観光案内所で紹介していた。
築何十年とか百年位の建物を宿として提供
古きよき時代を堪能できるだろう。
値段はまちまちで2人で10万ウオン程度のところもあれば
1軒貸し切りで1泊30万ウオンなどさまざま
韓屋の多くはゲストハウスという名前になっているが
本ページではユースホステルタイプのゲストハウスと分けてみた。


宿の種類に線を引けにくくなった
以前は観光ホテルや旅館 モーテルなど値段区分ははっきりとしていたが
最近の韓国旅行経験から観光ホテルでも1泊5万ウオン台のところがあったり
モーテルでも街中のお洒落な感じや眺めのいいところでは1泊5万とか7万ウオン
とかしており、はっきりとした区分は付きにくいような気がした。
とはいえ おおよそ的は当たる。



2.部屋や設備の様子
次に宿泊設備や部屋の様子について簡単にまとめてみました。

1部屋いくら?

最近は日本のホテルでもそういったパターンが多いが
ドミトリー(相部屋)など一部を除くと 1部屋いくら というように計算されている。
部屋にもよるが2人は泊まれるパターンが多い。
(ダブルベッドルームやツインルーム)
オンドル部屋など3人位泊まれるところもある。
旅行会社のフリープラン(ツアー)でも2人1部屋で計算するのが一般的で
1人参加だと1人部屋追加料金がかかる。


1部屋いくらで計算
(ダブルベッドルームやツインルームが多い)


部屋の様子

観光ホテルは
ベッドルームが多く日本のビジネスホテルや観光と同じ雰囲気だった。
バストイレ付が多いがバスタブはなくシャワーのみという所はあるかもしれない。
バスタブがいい場合は確認はしておこう。
また、オンドル部屋があるホテルも多いようだ。
なお、温泉地ではバス付の部屋はなく温泉大浴場というホテルがあった。
旅館やモーテルの場合
自分はオンドル部屋がほとんどであったが、ベッドルームも多いようだ。
オンドル部屋にベッドというパターンもよく見かけた。
ほとんどバストイレ付だったと記憶している。(バスタブなしシャワーのみはあるが)
民泊もオンドルしか経験がないが、ベッドルームがあるかもしれない。
自分が泊まった民泊は共同シャワーとトイレだった。
ゲストハウスのドミトリー(相部屋)は2段ベッドで
共同のトイレとシャワーというのは多かった。


オンドルのベッドルームのモーテル


オンドル部屋について

韓国を代表する部屋といえば「オンドル部屋」である。
冬の寒い韓国らしい部屋ともいえよう。
簡単に言えば床暖房である。本来のオンドル部屋は台所から出た煙の熱
を使って床を温めていたようだが、現在が温水やガスボイラーなどを使っているとのこと
また、オンドル部屋の場合 冬でも布団が薄いことが多いのだ。
とても軽い、また床が温かいので冷え込むことがない。
独特な寝心地であった。
冬にオンドル部屋に泊まり朝 寒くて起きられないこともあったほどだ。
(オンドル部屋の宿)
ツアー(フリープラン)や旅行会社で紹介される観光ホテルでは
ベッドルームの部屋になるのが多いようだ。
ただ、調べるとオンドル部屋を備えたホテルも多いので
フリープラン(ツアー)などで
オンドル部屋を希望するなら、その旨をメール等で伝えてみた方がいいと思う。
逆に
こじんまりとした旅館やモーテル、民泊ではオンドルに
泊まることが多かった。また、オンドル部屋のベッドルームもあった。
また
ゲストハウスの2段ベッドドミトリーにおいてオンドルということもあったし
ベッドに電気マットということもあった。それぞれである。
(韓屋)
しかし、韓国らしさを味わうことと快適さを求めるなら
韓屋というのもあると思う。ほぼ間違いなくオンドル部屋だと思う。


オンドル部屋
(布団は柔らかくて軽い)


その他

一概には言えないが、ホテル、旅館 モーテル、ゲストハウスなど
テレビはだいたい付いていた。
(最も言葉が通じなくてはテレビもあまり面白くないが・・・)
まれにNHKをみることができる宿もあり
ゲストハウスやチムジルバンなど共同のテレビがあることもあり
あと、同じくエアコン付が多かったように思える。
特段寝ていて 寒い 暑いという記憶はない。
(安い宿なら廊下が寒いことはあったが)


モーテルはこんな感じが多かった


チップ

日本と同じで原則不要である。そもそも観光ホテルなどサービス料
が付いていた。とくに聞かれるのが特別なサービスをしてもらったとき
チップを払うことがある。5,000ウオン位でいいと思う。多分
スマートに 恵むのではない、サービスに対しての支払だから
小銭をジャラジャラというのはよくないようだ。


3.日本語通用度や注意点
海外旅行で心配なものの一つに言葉の問題がある。
日本語や英語などの通用度 
その他、注意したいと思ったとこををまとめてみました。。


日本語や英語通用度

自分の旅行経験から、ソウルなど都市部で外国人旅行者が多く訪れそうなホテルなら
高い確率で日本語が通じた。エコノミーホテルでも日本語が通じることがあった。
ただし、地方のホテルになると日本語通用度は下がる ただ、片言英語が使えることがあった。
旅館やモーテルなど日本語英語通用度はグンと下がるが、まれに片言日本語や英語が
通じることがある。宿の主人が日本に何度か訪れた人とか知り合いがいる人ということもあった。
あと
外国人が多く利用するようなゲストハウスは英語通用度が高かった。(日本語通用度は低いと思った。)
チムジルバンはハングルのみが多いように思えたが片言日本語英語通じることあり。
ちなみに
自分の場合、日本語や英語通用度が低くても
韓国語会話集を使ったり筆談やジェスチャーなどで
何とかしている。


ソウルにある高級ホテル「ロッテホテル」
(日本語通用度も高い)


注意点について
(安い宿の場合 蚊に刺されたことも)

観光ホテルではそういった経験はないが、旅館やモーテルなど夜、蚊に刺されて
困ったことがある。バストイレがセットになり、そこから蚊が飛んできたのか?
安い宿に泊まるなら蚊の対策はしておいた方がいい
これで夜よく眠れず韓国旅行全体が台無しになることもあるかも?
なお、冬期の旅行で蚊に刺されたことはない。
夏はかなり広い季節で蚊に刺されたという話を聞いた。
(オンドル部屋でノドを痛めた)
冬の韓国旅行 お酒を飲んでオンドル部屋でベッタリくっついて
寝たら朝 ノドを痛めて さらに具合が悪くなったことがある。
乾燥もしていたのだろう。飲みすぎにも注意すればと思った。
(安い宿は壁が薄い)
安い宿だと壁が薄く、隣の音も聞こえることがあり
落ち着かないこともあり、寝ているときにガタガタ音がすると辛いものだ。
(他にも眠れないことも)
ドミトリーでイビキがうるさい。チムジルバンでは床が硬く
まわりがバタバタなど他にも眠れないこともあった。
眠れなければ
疲れが残り韓国旅行そのものが不快になることもある。
心配なら多少高くてもいいホテルに泊まった方がいいと思った。
(非常口の確認)
日本の宿泊設備でもそうだが、非常口は確認したい。
安い宿だと通路が狭い なんてこともあったのだ。
たしか韓国の誘導灯も日本と同じであった。


非常口はしっかり確認しよう!
(韓国の宿で撮影)


4.宿の予約について、ツアーでの宿の選び方など
個人旅行ならば自分で宿の予約(又は宿探し)をしなくてはいけない。
また、ツアーでもフリープランなら選択リストからホテルを選べることが多い
予約は必要か?どのようなホテルに泊まるのがいいか?


基本的には予約した方がいいと思った。

バックパーカーなど宿の予約をしないで海外旅行をする人もいるだろう。
以前、韓国で日本語予約できるホテルは
日本円で1部屋8千円だの1万円だのといった観光ホテルが普通であり、
安い宿に泊まりたい!と思えば、
予約をせずに自分で宿探しをするべきと思っていた。
しかし、最近はインターネットで検索すると観光ホテルでも安いところなら
1部屋5千円台であったり、ソウルや釜山など主な地域では
ドミトリー(相部屋 2段ベッドが多い)で1人1千円台もザラに出てくる。
安さだけを追求するなら、下手に宿探しをするより予約した方が安いこともあるのだ。
それに時間の節約になる。
ちなみに
観光ホテルや高級ホテルなら予約するのが普通であろう。
どんな宿を予約する?
先にも述べたとおり、観光ホテルは予約した方がいいと思う。
主要なホテルなら日本語の予約サイトでも紹介されているし
ホテル自体が日本語サイトを出していることが多いのだ。
海外ホテルならクレジットカードが必要な場合が多いが
だいたい日本と同じ感覚で予約可能だ。
あとはゲストハウスも予約サイトで多く紹介されている。
値段もドミトリーなら千円台はザラだしシングルやツインルームといった個室でも
3千円台などで予約できることがあり
また、高級感ある韓国伝統家屋 韓屋(ゲストハウスである)も予約をした方がいいと思う。
日本語予約サイトでも紹介されていることが多いし、泊まれる人の数が少ない
など考えれば予約なしで泊まるのは困難かもしれない。
予約しない人が多いと思われる
モーテルなども予約サイトで紹介されていることがあった。



おすすめ予約サイト
アゴダ「agoda」

とにかく豊富な宿情報

調べてみるといろんな宿の予約サイトがある。
自分が気に入っている海外の予約サイトの一つが
アゴダ「agoda」 とにかく種類が豊富
格安宿から韓屋 観光ホテルまでさまざま
ソウルや釜山の他、地方の宿も紹介されているのだ!
いろいろ調べて
自分好みの宿を見つけてみたい。

詳しくは下をクリック





予約しないほうがいいことも?
地方の安宿は日本語で予約できないこともあるし、旅館やモーテル
民泊などハングルオンリーでありネット予約不可も多い。
現地で宿さ探しをしてジェスチャーや筆談、片言英語で交渉するのもいいと思う。
(もちろん、バックパーカー等、旅慣れている人だが・・・)
あとはチムジルバンも予約は受け付けないだろう。
(本来 宿泊設備じゃないし・・・)


予約をしない場合、どのように宿探しをする。
一般的な街で宿の種類を選ばなければ基本的に韓国の宿探しを難しくないと思った。
予約なしで泊まる宿で最も見つけやすいと思ったのはモーテル
歓楽街や駅周辺を歩くと温泉マークのついた看板をみることがある。
それがモーテルである。最近は「MOTEL」とか「モーテル」「モテル」とか書いてある
場合もあり分かりやすい。また、ソウルなどのゲストハウスもまれに「GUEST HOUSE」
という看板があり分かりやすいのだ。もちろん〜HOTELと書いてある
観光ホテルもあり、空室さえあれば泊まることができるが予約した方がいいだろう。
チムジルバンを見つけるのはかなり困難、ガイドブックやインターネット等で事前に
チェックしておきたい。また、予約をしない以上、宿を見つけることができなくても
望みの宿でなくても全て自己責任である。

ツアー(フリープラン)の場合
場所や部屋の様子

ソウル3日間とか4日間といったフリープランで旅行する場合
バーゲンプランなどを除けば、ある枠の中でホテルの選択をすることができる。
もちろん、高級ホテルとなれば、アップグレード料金とした代金は高くなる。
旅行会社によって基準は異なるが、ある一定未満のグレードのホテルは
紹介されない(利用できない)ことがあり。自分の経験からフリープランで泊まる
ホテルはエコノミータイプでも「部屋が汚い」ということはなかった。
ただ、部屋が狭いとか、ロビーやフロントが小さいということはあった。
(日本の安いビジネスホテルみたいなものか?)
もう一つ 自分が重点を置いているのが場所、値段の割に高級感あるホテルだが
場所が少々悪いということがある。(最も地下鉄利用という方法もあるが。)
これは個人によって異なるが韓国旅行の場合、ホテルに高級感を求めない
人が多いように思えた。夜のソウルなど楽しむなら場所も大事かもしれない。




5.値段や注意点など宿泊設備を種類別にまとめてみます。
宿の様子や宿泊料金など自分の経験や調査からまとめてみました。

観光ホテル

先にの述べたとおり、日本の観光ホテルやビジネスホテルとほぼ同等であった。
値段も安いところなら1部屋5千円台から上をみればキリがないだろう。
また、インターネットで日本語予約できるホテルも多い。
経験上、部屋は快適であったし、従業員のサービスもいいことが多かった。
ただ、安いホテルだと部屋が狭いことがある。
ロビーも小さく 簡素な感じである。ただ、ホテルは泊まるだけで街歩きを
楽しみたいなら、便利かもしれない。
もちろんせっかくの韓国旅行 高級ホテルでゆったりするのもいい。

旅館

簡単に見つけることはできなかったが
ソウルの仁寺洞の裏手に韓式の家の旅館を見かけた。
部屋の当たりはずれがあり、建物が古いとか部屋が汚いということもあったが、
安く泊まれるし、庶民的な雰囲気を味わうこともできるかも?
ただ、抵抗を感じる人もいる。

詳しくは

旅館



モーテル
鉄道の駅やバスターミナルまた、歓楽街などに
見かけることがあるのがモーテル
内部の雰囲気は旅館と同じであった。
ただ、外観は「ラブホテル」といったところも多く
少々抵抗を感じるかもしれない。
部屋の当たりはずれもある。

詳しくは

モーテル




民泊
日本でいう民宿、地方の観光地で見かけることがあった。
本当に民家といった雰囲気である。ときどき 「民泊」なんて書かれた家も
見かけるが見つけるのは困難と思われる。
ガイドブックや韓国語会話集で民泊という字をハングルで記入
食堂でも行って筆談で聞いてみて紹介してもらったことがある。

詳しくは

民泊




ゲストハウス
ゲストハウスといってもいろいろあるが、本サイトで紹介するのは
ユースホステルのような宿泊設備、個室もあるが、ドミトリーという
相部屋が多い。旅先で知り合った人と片言英語などで話が弾むこともある。
値段は安く ドミトリーなら1人千円台で泊まれるところもザラ
好きな人は大好きだが、プライバシーがないなど嫌いな人は嫌いなようだ。

詳しくは

ゲストハウス



チムジルバン
先にも述べたとおり、24時間営業のサウナや健康ランドのようなものである。
雰囲気も日本とほぼ同等だった。ただ、見つけるのは困難
街中で聞くか?ガイドブックや旅行雑誌 インターネットなどで事前
にチェックしておきたい。なお、チムジルバンとは宿泊設備でなく
仮眠室で寝るようなものなので、24時間営業でないこともある。
また、行ってみたら「閉鎖していた」なんてこともあった。

詳しくは

チムジルバン




韓屋
先にも述べたとおり韓国の伝統家屋を利用した宿舎、「韓国らしさ」を味わえるし
快適さや高級感を味わえることもあるみたいだ。
これは予想の範囲だが、一般の家屋と思えば
宿泊できる人数は少ないだろう。
みるとオーナーも個人といった感じがあり
観光ホテルと比べると日本語や英語通用度は低いと思う。
もっとも
経験上 日本語や英語通用度ゼロでも
ジェスチャーでなんとかなると思うが・・・


仁川国際空港にあるスパ「ON AIR」
ちなみに、仁川国際空港にはON AIRというスパがあり
仮眠室やその他、個室などがあり2万ウオン 個室なら3万2千ウオン
から泊まることができるのだ。深夜の到着 早朝出発に便利である。
泊まれない場合も考えとこう!
「一杯で泊まれない」ということもあった。その場合はソウル(又は空港近くのホテル)
などに行って泊まることになるだろうが、0時前には最終の列車が出てしまう
ので注意、最悪空港で野宿となる。
空港での野宿の場合 チェックインカウンターは深夜でもエアコンが効いており
野宿している人を見かけた。地下などは冬寒くて泊まれる状態でなかった。
また、紛失がないように注意しよう。空港では荷物が多いこともあるので
盗難や紛失も多いようだ。
仁川国際空港に
荷物を預ける場所はあると聞いたことがあるが、
あと空港にロッカーはなかった。

















トップに戻る
韓国旅行






(注意)
06年の旅行経験による
自分の経験とその後の調査に基づいて作りました。
状況が変化している場合や実際と異なることももありますので
参考程度に自己責任のもとで調査をしてください。