韓国旅行より

韓国での食事について

焼肉に韓定食 チゲにトッポッキ、ビビムバブなど
美味しい料理が沢山そろっている。食事を楽しむために
韓国を旅する人も多いのではないか?一般的な食堂の他、
麺類や屋台の串刺し、伝統茶など日本人に馴染みありそうな
食事も多いが、本場の韓国料理はまた違うのだ!
自分の旅行体験からの韓国の食事情報をまとめてみました!



街中では多くの店を見かけた
(もちろん食事ができるところも多い)












トップ
韓国旅行


いろいろ調べてお得な旅をしよう!
格安韓国旅行の方法


どんなところで食事をしたのか?
自分の旅からどのようなところで食事をしたのか?
日本との違いなど簡単にまとめてみました。


一般的な食堂

日本でいえば定食屋とかラーメン屋のような感覚であろう。
例えば
チゲとかヘジャンクク ビビムパプといったもの
街中や観光地など最も多く見られる韓国の食堂といったところか?
市場や食堂街など一つのエリアに集中していることも多い。
昼食などによく利用した。
値段は1人4,500〜6,000ウオン位だった。


詳しくは下をクリック

一般的な食堂を利用して




値段の割に結構な量になる


居酒屋や焼肉屋など
一般的な食堂とどう区別すればいいか難しいが
夕食時に多くの人が訪れる居酒屋とか焼肉屋といったところか
日本でもそうだが韓国もソウルや釜山など街中には
歓楽街のようなところがあり多くの居酒屋や焼肉屋などがある。
焼肉屋などお酒が飲めなくても違和感はないと思った。
夕食によく利用した
ビール1人1本付けて1人10,000〜20,000ウオン位であった。
日本の赤ちょうちんの居酒屋もあった。


韓国へ行ったら焼肉料理を楽しみたい!
(ソウル 仁寺洞の民俗居酒屋にて)

西洋料理店

日本でもお洒落な雰囲気のパスタ屋などがあるだろう。
そういった店だ。パスタ店に入った経験から雰囲気や量は
日本と同じだが辛い感じがした。
店によって違うかもしれないが・・・
値段は7,000〜10,000ウオン程度だったかな?

ファーストフード
マクドナルドやスターバックスなど日本でも御馴染みの
ファーストフード店 基本的に雰囲気や味は日本と同じだ。
韓国の食事は全体的に辛くて胃の調子が悪いときに利用した。
韓国の食事と比べてはファーストフードの方がさっぱりしていた(^^;)
チーズバーガーセットで3,000ウオンほどだったかな?


街中はファーストフード店も多い
(軽い朝食にもよかった)

喫茶店

コーヒーとケーキのセットで5,000ウオンなど
だいたい日本と同じ感覚である。

屋台
ソウルや釜山の街では屋台を見かけることが多い。
例えば
仁寺洞や南大門市場 東大門市場など多くの市場が見かける。
屋台で食事もできるようだが自分の場合
街歩きにちょっとつまむ程度で利用した。
おでん1本で500〜600ウオン程度であった。


屋台も風情があってよかった

市場

市場には先に一般の食堂や屋台など見かけた。
他にも釜山のチャガルチ市場では1階で魚介類を購入し
2階で料理をしてもらう店もあり
ビールを1本付けて30,000ウオン程度であった。


釜山のチャガルチ市場では魚介類を料理してくれた


日本のようなファミリーレストランは見かけなかった。

調べると韓国にもファミリーレストランはあるようだが
旅行中確認できなかった。
どちらかといえば高級レストランになるとのこと

食事の量や値段 味など 全体的に見て
韓国料理の店は副食が多く結果的には量が多いと思った。
西洋料理や喫茶店 ファーストフードなどは
日本と変わらないか高いと思うこともあった。
値段は一概にいえないが 日本よりひとまわり安い気がした。
例えば
日本なら700〜800円だったら韓国なら600円位か?

深夜も営業していることも

日本でもそうだがソウルや釜山の歓楽街など
0:00が過ぎても多くの人で賑わっていた。
知らず知らずに最終の地下鉄が出てしまい。
タクシーのりばは行列なんてこともあった。
逆に田舎は観光地でも静かで 夜遅くついたら 店が全部閉まっていて
食事をするのに困ることもあったので注意したい。
都市部でもちょっと離れれば暗くて怖そうなエリアもあったので
あまりそういったところは歩きまわらないようにしたいと思った。


街中の歓楽街は深夜でも賑やかであることがある。





韓国での食事方法
一般的な韓国の食堂を中心に食事方法についてまとめてみました。

食堂を見つける

一般的な食堂なら街中の歓楽街に食堂や屋台が多く街中では多くの食堂を見かけた。
仏国寺や水安保温泉など地方の観光地でも見かけた。
ちなみに
自分が韓国旅行にて韓国料理を楽しむ場合
ガイドブックを開くと、ソウルにしろ釜山にしろ いわゆる歓楽街を見つけることができる。
ソウルの仁寺洞や南大門、東大門
釜山の南浦洞や西門など
もちろん他にもいろいろある。
そのエリアにあるレストランの紹介をみれば
店の名前と「焼肉の店」とか「ビビムパブの店」なんて説明してある。


歓楽街など多くの店が集まる

食堂に入る そして料理を注文する。
(メニューが分からない!?)

食堂の雰囲気はだいたい日本と同じだが問題は言葉や文字
韓国料理に詳しい方は別であろうが、大方の人はメニューをみてもそれが何だか
分からないだろう。
 一部日本人観光客の多いエリアなどをぬくと、メニューはほとんどハングル文字だ。
 仮にカタカナで書いてあったとしても、「アンチャンサル」 「スンデクック」など、
訳の分からな い名前ばかりだった。そこで自分は以下の方法をとってみた。
日本人が多そうなエリアへ行く。
私の知っている限りでは、仁寺洞通りの裏手にある民族居酒屋など
日本人旅行者が多いらしく。
店の表に日本語のメニューがあるのをよく見かけた。
それも専門用語ではなく「韓国の焼肉」とか「スープ」などというように分かりやすく書いてあったのだ。
他にも、写真付で表示されていることもあったので分かりやすかった。
私の入った店の店員は日本語ははなせなかったが、
外国人慣れしていた感じで、ジェスチャーや身振りでもだいたい理解をしてくれたし
基本的にメニューに指をさせばいいだけだ。
また、店の雰囲気も日本人が好みそうな居酒屋風が多く、旅情を高めてくれた。
ただ、雰囲気はいいものの、個人的にはにちょっと高上がりのような気がした。
 ガイドブックにある韓国料理の写真欄に頼る。
 韓国旅行のガイドブックを開こう!多くのガイドブックには韓国料理の図鑑などという欄があり、
料理名と料理の簡単な説明、料理の写真がある。
肉料理、スープ、鍋、ご飯、麺、海鮮、韓定食、キムチや軽食 その他
ジャンルごとに分かれていて分かりやすいのだ。
 店へ行きその写真を見せて、どのような品があるか聞く。(というより、ガイドブックのメニュー
写真をみせれば、いわんとすることを理解してくれた。)
店員は「これならあるよと」と指をさしてくれた。
そして、これが自分好みならこの店に決めた。
 ソウルの新村や釜山の徳川などあまり外国人(日本人)旅行者にいなさそうなところ
ではこの手を使った。
自分からメニューを指定するのは難しかった。
 但し、韓国料理は専門店が多いらしく、例えば、
焼肉屋へ行き、図鑑の写真を見せて「これを食べたい!」と自分から指定しても。
ほとんどNOと言われた。そこで焼肉の料理図鑑をみせてどの料理を扱っているかを
指さしてもらい、あとは値段などを聞いて納得いったらここにするという手を使った。
どうしても食べたい物があったら
 私は韓国の料理にこだわりはなかった。(どれも似たように見えたのだ)しかし、
韓国で知り合った人からトッポッキがうまいと聞いたので、
トッポッキを扱ってそうな店へ行き「トッポッキ」と言ったら、トッポッキを扱っている食堂へ案内してくれた。
他でも多くの屋台や食堂の集まるエリアならその手を使えた。
焼肉屋でもその手を使えるかもしれないが、混んでいるところだと、
言葉も通じないし、向こうも面倒なのでなかなか相手してもらえなかったし、
逆にすいているところは聞きにくかった。
 ちなみにある韓定食の店へ行き。「メニュー」といったら、メニューはないと言われ。
値段だけ示されてあとは多くの小皿に入った食事がだされた。
一品だけのメニューで「おまかせ」であったのだ。


トッポッキの店を紹介してもらった
(南大門市場の食堂にて)


門前払いされることもあった(;_;)

歓楽街にある小さな食堂でも人気があるところは列ができていることがある。
食堂の人も忙しそうで、言葉の通じない日本人旅行者など
相手にされないこともあった。
時間をずらすなり、他にすいているところを利用した。
食事が出される
注文してしばらくしたら食事が出される、食事をする日本と同様
注意したいといえば食事のマナーか?
韓国での食事のマナーについて
多くのガイドブックには韓国の食事のマナーについてふれている。
一見韓国の人が食事をしているところを見ると雑のようだが
「器を口につけない」など細かいルールがあるようだ。
ちなみに
マナーについて自分の経験を一つ挙げると
ある食堂でわかめの味噌汁がでた。おそらく日本人なら器に口をつけて飲むだろう。
韓国の人を見ていたら、スプーンで飲んだり、汁をスプーンにすくって、
ご飯にかけて食べたりしていた。
それも韓国旅行に慣れてないと抵抗があるだろうが
韓国ではそれが普通のようだ。逆に器に口をつける方がマナーに欠けるとのこと
焼肉は野菜に包んで食べる。
 後(別ページ)にて示す韓国料理体験記にも示すが、韓国で焼肉はサンチュという野菜の上に
肉をのせ、そこに酢、ミソ、ニンニク、キムチなどと一緒に包んで食べる。
最初は抵抗があるが、慣れるとおいしいし、肉のわりに野菜を多くとるので体にもいい!
なお、サンチュはサービス(副食)で付きおかわり自由である。
焼肉屋でありながら結構 野菜をとれる気がした。
刺身も?
チャガルチ市場で刺身が出されたとき同じようにサンチュやキムチなど出された。
刺身も野菜を包んで食べるのだろう。
実際 そうしてみたら結構美味しかった。
お会計
食事が終わればレジにてお会計 日本と同じ
基本的には韓国の食堂でのチップは不要なのだ。
自分自身 韓国旅行中食事でチップを払ったことはない。





その他 韓国料理について
韓国での食事について思ったことや感じたことをまとめてみました。

副食「ミッパンチャン」が多い

焼肉でもスープでも韓国料理はキムチや野菜など副食が多いし、それらは無料で
おかわりもできるし、その前に食べきれなかった。
1品だけ注文すればテーブルの上はかなり賑やかになる。
 逆に韓国の人が日本に来たとき、副食の少なさにびっくりした と聞いたことがある。


副食が多い
(実は黒い器のスープしか注文していないのだ!)
釜山にて


食べるのに時間がかかった。
 これは個人の問題かもしれないが、辛いものも多いし、味に刺激があることもあり
副食やボリュームがあるのでスープでも1時間位かかってしまった。
 満腹になる!
 韓国料理はボリュームがあり、お腹いっぱいになる。朝食に韓国料理を食べたら、
昼食はいらないなんてこともあった。辛いものが多いので胃もたれも起こしやすい
 ファーストフードや日本料理店も多かったので胃がもたれたらそういうところにも
そういったところにも。行きたいと思った。
パスタも韓国風?
 梨大のパスタ専門店でパスタを食べたら。基本的に味は日本とかわらなかったが、辛みが強かった。
その店だけのオリジナルかもしれないが、韓国料理以外の店でも以外な味があるかも?
さすがに、ドーナツやマクドナルドは日本と同じだったけどね。
トイレに注意
個人差によるが韓国料理は全体的に辛いので水分を沢山とる。後でトイレへ行きたくなった。
トイレが近い人は食事の後トイレのついてないバスに乗るときなど注意したい。
悲惨な目にあった。


バスに乗る前には大量の水分をとらない方がいいと思った。



韓国の食事の種類や値段についてもう少し詳しくまとめてみました
料理の値段について

海外旅行ともなれば、食事をするにもこれがいくらなのか分かりにくいものだ。
メニューと値段が書いてあるが、メニューはハングル、なんて書いてあるか分からない。
これは自分の韓国旅行経験からだが
韓国にてぼったくられた経験はない。(むしろ安くしてくれたことが多い。)
しかし、聞いたところ「ぼったくり」はないわけではないことと、(被害もあるみたいだ。)
思ったより安いこともあれば、高いこともあった。(本当に高いのだ。)
おおよその値段は知っておいた方が安心だろう。
これは、経験によるおおよその目安である。
焼肉を食べる
 ソウルの新村にある焼肉屋さんへ行った。そこは、旅行者が少なく、どちらかろいうと地元
風の人が多かった。
焼肉が1品3900〜6000ウオン位だった。
しかし、
ほとんどの店は1人前では受け付けてくれなく。
たいてい2人前からだ。「1人前にしてくれ」という顔をしたら、
炭に指を指して
「火をおこす炭代もあるから2人前からになってしまう」なんて顔をされた。
3900×2 = 7800ウオンにして、ライスとスープ(スープ頼だっけ?)で+1000ウオン
合計8800ウオンだった。
参考にビール1瓶4000ウオンだとしたら12800ウオンだろう。
言葉が通じなくても不思議と理解できた。
他のメニューは?と思うかもしれないが、後で説明するように、
韓国料理はキムチやサンチュという肉に包む野菜、その他、副食が多いので1品頼めば、
大体満足した。以上紹介した焼肉屋は個人的に安かったと思う。
だいたい10000ウオン以上した。
他にも好意をもってくれて料金を割引いてくれた店があった。
(街中にあるようなごく普通の焼肉屋 高級料理店で焼肉ともなれば数万ウオンはいくだろう。)

 スープや麺、ご飯物等の食事
最初に述べた一般的な食堂 日本に例れば、一般的な定食屋のようなものだろう。
 個人的に昼食など食堂でスープを頼んだ。スープといえばそっけなく感じるかもしれないが、
中にライスが入っていたり、副食が多いのでスープでも満腹になるのだ。
値段は5000ウオン前後だった。

ソウルで伝統茶を楽しんだ。
自分の場合、韓国旅行でソウルへ行くと、そこで「伝統茶」を楽しむことがある。
仁寺洞の伝統喫茶で五味子茶を飲んだら8000ウオンだった。
5000ウオン程度で食事ができると思えば高い。
しかし、店の雰囲気も 高級感があり、
味もよかった。伝統喫茶でゆっくりとしていくのもいい。
韓国にきたら是非、伝統茶を楽しみたい。


五味子茶
(ソウルに仁寺洞にて伝統茶を楽しむ)

 その他(韓国のコンビニや屋台など)
 観光中、小腹がすいたなら屋台などでちょっとしたものを食べるのもよかった。
ソウルの南大門や釜山の南浦洞や西面などの一角に屋台街があったりした。
屋台の串ざしが1本500ウオン位だったかな?
 コンビニの普及率は高いらしく、地方でもよく見た。日本と同様、
ちょっとした菓子を買うのにもよかった。
ファーストフード
値段は日本と変わらないと思ったが 韓国の料理は全体的に安上がりと思えば
ファーストフードは意外に高いことが多く、
小さなドーナツとコーヒーセットで2900ウオンということもあったし、
シェイクで3000ウオン近くしたこともあった。喫茶店のコーヒーが5000ウオン位
することもあったのだ。
日本と変わらないともいえようが、自動販売機のカップコーヒーが300ウオンで
買ったと思うと高いのだ。
なお、ファーストフードは英語表示や写真付も多いので分かりやすかった。
coffeeくらいなら読めよう。

屋台
韓国旅行中、ソウルや釜山などの屋台を利用したが、
串刺しをちょっとつまむ程度で「食事」というほどのものではなかった。
なので細かいことは分からないが、
「ちくわ」のようなもので1本500ウオン前後だったはず!
みていると食事もできそうだが
屋台の場合、値段の表示がなく確認しにくいこともあった。
ぼったくりに注意しよう。

韓定食
慶州に訪れたとき自分は8000ウオンで韓定食を食べたが数え切れないほどのおかずがでて
大満足だった。自分が思うのにかなり安い部類の店で
韓定食の店は一般的にはもっと高いと思う。
どこでも簡単に見つかるほどでもなかったので
値段とともに韓国旅行のガイドブックで調べてみたい。


これで一人前なんてところもあった!
(慶州にて)


参考にメニューにはだいたい値段も書いてあったし、心配なら
筆談でも値段を教えてくれたので、前もって予算を把握することもできた。
(もちろん、ひたすら飲み食いすれば高上がりにある。)

















韓国料理体験記
焼肉屋にて
韓国旅行で焼肉屋に入ってみました。
日本でも普通にある焼肉屋だが、最初はハプニングの連続であった!



トップに戻る
韓国旅行



(注意)
06年の旅行経験による
自分の経験とその後の調査に基づいて作りました。
状況が変化している場合や実際と異なることももありますので
参考程度に自己責任のもとで調査をしてください。