1.食堂の種類と食事方法

(1)韓定食

① 種類の多さにビックリ!

テーブルの上にギッシリと出される韓国料理の数々
種類の多さに初めて見る人は驚くかもしれない。


数の多さにビックリ!(これで15,000ウオンだ)

どんな物が出されるか?

店によっても違うし、値段によっても大きな開きがある。
例を挙げると
御飯 味噌汁 スープ、キムチ サラダ 焼魚 豚肉 天ぷら チゲ・・・
といったところか?
高級料理になると刺身や高麗人参の天ぷらなども付く
大体20種類位のメニューが出る。

② 値段は?

安い店なら15,000ウオン程度
高級感あり店なら60,000ウオンとか80,000ウオンとか
中にはミシュラン星付の店もあり軽く10万~18万ウオンはする。
そこにドリンクを追加する。
安い店の場合
ドリンクの値段は600㏄程度の瓶ビールや
韓国でよく飲まれる330㏄程度焼酎(アルコール12%程度)で4,000ウオン
果実酒などもあり物によっては10,000ウオンなど
店によっては薬酒という薬味の効いたお酒もあった。

安い店と高い店の違い(経験から)

ボリュームは同じくらい、むしろ安い店の方がボリュームがあるように思えた。
15,000ウオン程度のメニューは定食屋のような所で
一般的な韓国家庭料理のような雰囲気
コースではなく、一度にドッと出される。
個人経営の店が多く、地元の人が集まって宴会をしていることもあった。
60,000ウオン以上の高級店になると
それなりの店構えで
刺身や高麗人参の天ぷら ウナギなども付く
コースのように少しずつ出されることが多い。
日本語メニューや日本語スタッフがいることもある。


高級店だとコースで出される(63,000ウオン)

③ 味は?量は?

味は?

基本的に韓国料理は辛いものが多いが
韓定食の場合は一概にはいえない
経験から
庶民的な店は
韓国の人に合わせているのか?辛い、しょっぱい、酸っぱいなど刺激のある味が多く
ソウルにある外国人観光客の多そうな高級店は全体的にマイルドな味が多いと思った。

量は?

20種類前後とはいえ 盛られるのは少量なので驚くほどでもないが
種類の多さから結果的には結構な量
また、庶民的な店の方が量がある上に
刺激の強いメニューもあることから
食べきるのは難しいかもしれない。
ちなみに
昔は食べきれないほど出され 残すのが普通(常識・礼儀?)という傾向があったが
「もったいない」という観点か最近はそうでもないようだ。
お腹ペコペコにしてトライするのもいいかも?

④ 予約や事前のチェックをすすめる。

焼肉屋やスープやビビンバを出す韓国料理屋はあちこちで見られたが
韓定食を出す店は少なく
街中を適当に歩いて見つけられるほどではなかった。
また、地方だとちょっと裏手に入った隠れや的な店もあり見つけるのは困難
それも値段も気になるところ、事前に確認することをすすめる。
今やインターネットで簡単に検索できる。
庶民的な店なら予約は不可能だが
休業日でもなければ 予約なしでも入れた。
高級店なら予約をすすめるし
クーポンが付くこともある。

オプショナルツアーでの予約をすすめる

オプショナルツアーのサイトをとおすと
レストランや韓国グルメの手配が可能
日本語で楽々、さらにはお得なことも多い。

詳しくは
オプショナルツアー


穴場的な店もある(慶州にて)

⑤ 食事の流れ

利用方法は簡単だ。

日本の食堂と同じ
店に入る。予約してあるなら予約確認証を見せればいい。
してなければ、ジェスチャーで人数を示せばいい。
テーブルに案内されるだろう。
指さし韓国語会話集でもあれば安心だが
言葉の心配はほとんど不要であった。

注文をする

メニューは2~3種類と少なく、いずれもコース(セット)
店によっては1種類しかないこともある。
日本語メニューが備えている店もあるが、
コース(セット)なので困ることはなかった。
注文をとりにくるので、好みの(又は適当な)コースに指をさせばいい。
写真付メニューは少ない。
なお、1種類しかない店なら
注文はドリンクだけで
料理は自動的に出される。

ゆっくり食事

お酒でも飲みながらゆっくりと食事を楽しむ。
ただ、観光地にある安い食堂で混雑時に
ゆっくりしていると何か言われることがある。
韓国の人は意外にストレートなのだ。

お会計

レジでお会計 日本と同じ

(2)焼肉を食べる

① あちこちで見られる焼肉屋

ソウルや釜山 地方都市でも歓楽街を歩けば
「必ず」と言っていいほど見かけるのが焼肉屋
店を覗くと鉄板で肉をジュージュー焼いているからすぐ分かるはずだ。
ちなみに
「すたみな太郎」のような大手店は、ほとんど見かけず
個人で経営しているような店が多かった。


歓楽街を歩けば焼肉屋はよく見かけた

② 値段は?

店によって異なるが
ソウルにある地元向けの一般的な焼肉屋でカルビを注文した場合
ザックリと1人前で8千~1万ウオンほど
通常2人前以上なので1人なら×2になる。
高級店なら5万ウオンとか6万ウオンなど


ビールと焼肉

③ 味は?量は?

まずいと思ったことはない

まずいと思ったことはなく、美味しく食べられた。
ちなみに
焼肉屋もキムチやサンチュ、白菜に玉ねぎにスープといった副食が多く
自分の好きなようにトッピングして食べられる。
味付けもキムチを包んで辛くしたり、焼肉のたれや味噌をつけて食べたりできる。

肉を1~2人前だけで十分だろう

カルビやロースだ野菜盛り合わせだなど日本みたいに
いろんな種類を注文しない。
肉を1~2人前だけ注文すればいい。
追加料金なしで多くの副食が出され、かなりのメニューになることも
ボリュームもあった。
後はビールとか焼酎とか・・・


肉2人前でこれだけの副食が付くことも

④ 食事の流れ・注意点

店に入る

店に入ろう!
店の人が席に案内してくれるはずだ。

メニューが読めない

韓国の焼肉屋では写真付のメニューをほとんど見たことがない。
外国人旅行者が少ない場所だと、ハングルのみで困ることがある。
日本みたいに 牛肉だ、豚肉だ、カルビだロースだの
メニューはそれほど多くはないようで
豚肉専門とか牛肉専門ということもある
(ちなみに韓国では豚肉の方が美味しいことがあった)
韓国語会話集で確認
そのとき便利なのは韓国語会話集
旅行に便利なコンパクトな指さし会話集が便利
食事編を見せて どのような料理を扱っているか教えてもらおう。
語学力はほとんど不要だ。
ただし、忙しいときは避けた方がいい。
不機嫌な顔をされたことがある
日本人旅行者が多そうな店
仁寺洞や明洞など、日本人の他 外国人旅行者が多そうなエリアなら
日本語メニューや日本語看板が置かれている店も多い。
従業員が日本語を話せなくても、メニューの指さしでなんとかなった。
ただ、若干割高なこともある。

注文は1人で肉1~2人前

日本みたいにカルビだロースだハツだだの何品も注文することはない。
とりあえず1~2人前だけ注文しよう
最低2人前からなので1人だと必然的に2人前になる。
肉と一緒に
サービスの副食が沢山出されてボリューム感を感じるだろう。
キムチやサンチュは必ずといっていいほど出るし
副食はお代わり自由が一般的
そうそう 庶民的な店なら
瓶ビールや焼酎が4~5千ウオン位で注文できた。

食べ方

日本の切った肉が出され鉄板で焼く
そして
肉だけとって食べるが
韓国は肉の塊がドンと出る。
鉄板の上でハサミを使って切ることが多い。
従業員が切ってくれることもある。
また、肉だけ食べると不自然
サンチュに肉をのせて
たれや味噌、キムチやその他、野菜などと一緒に包んで食べる。
初めての人は違和感を感じるが
慣れるとくると美味
そして 自分の好きな味にできるし
多くの野菜が取れてヘルシーにも思えた。


肉をハサミで切る


サンチュに包んで食べる

お支払い

ゆっくりと食事を楽しんだ後はお会計
レジにてお金を払い、店を後にする。

(3)韓国の居酒屋

① 韓国にもある歓楽街

ソウルや釜山など都市部へ行けば
多くの歓楽街があり、焼肉屋の他 居酒屋も見かける。
夜になると店内では多くの人が飲んだり食べたり
日本の歓楽街と雰囲気は同じだ。


街中には歓楽街もよく見かけた。

② 値段は?

物にもよるが魚の盛り合わせで3万~4万ウオンとか
焼き魚でも1万ウオンとか
瓶ビール(約600㏄)焼酎(約300㏄アルコール12%ほど)で1本4千ウオンとか5千ウオンとか
10ウオン≒1円と見ると
1品料理は高そうに思えるが
1品注文すれば、かなりの副食が出るので
結果的に飲み代も含め1人3万~4万ウオン位で済むことがある。


魚の盛り合わせ(4万ウオン)と焼酎(4千ウオン)
その他副食はサービス 済州島にて

③ 食事(飲食)の流れ・注意点

店に入る

店に入ろう!
店の人が席に案内してくれるはずだ。

メニューが読めない

韓国料理の居酒屋で写真付メニューはあまり見たことがない。
外国人旅行者が少ない場所だと
文字も言葉もハングルのみということもある。
韓国語会話集で確認
そのとき便利なのは韓国語会話集
旅行に便利なコンパクトな指さし会話集が便利
食事編を見せて どのような料理を扱っているか教えてもらおう。
語学力はほとんど不要だ。
ただし、忙しいときは避けた方がいい。
不機嫌な顔をされたことがある
日本人旅行者が多そうな店
仁寺洞や明洞など、日本人の他 外国人旅行者が多そうなエリアなら
日本語メニューや日本語看板が置かれている店も多い。
従業員が日本語を話せなくても、メニューの指さしでなんとかなった。
ただ、若干割高なことがある。

注文は1人1品位にしよう

日本の居酒屋では一度にいろいろ注文することがあるが
韓国の場合 とりあえず1人1品だけ注文しよう。
1品の他 キムチにスープに白菜など
沢山の副食がサービスで付く
お酒が主なら1品で十分なこともある。

お支払い

ゆっくりと食事を楽しんだ後はお会計
レジにてお金を払い、店を後にする。

(4)定食屋

① あちこちで見られる一般食堂

街中や観光地、田舎でも よく見かけるのが定食屋
日本の定食屋の韓国料理バージョンといったところだ。
ビビンバだのヘジャンククといった料理の店だ。
おそらく、最も身近な韓国料理屋であろう。


仁寺洞には風情ある店が多い(日本語メニューも多い)

② 値段は?量は?味は?

値段は?

シンプルなものだと4千ウオン位
アワビ粥など高いものだと1万5千ウオンとか
ビビンバなど一般的な料理で7千~8千ウオン位だった。
日本と同じ位の物価だが副食が多い分 豪華に感じるかも?


ヘジャンクク(6~8千ウオンほど)


4千ウオン位メニュー

③ 食事の流れ

店に入る

店に入ろう!
席に案内されることもあるし、自由ということも
日本の定食屋と同じだ。


こんな雰囲気が多い。家庭的

メニューが読めない

写真付メニューはあまり見たことがない。
文字も言葉もハングルのみということもある。
韓国語会話集で確認
そのとき便利なのは韓国語会話集
旅行に便利なコンパクトな指さし会話集が便利
食事編を見せて どのような料理を扱っているか教えてもらおう。
語学力はほとんど不要だ。
ただし、忙しいときは避けた方がいい。
不機嫌な顔をされたことがある
日本人旅行者が多そうな店
仁寺洞や明洞など、日本人の他 外国人旅行者が多そうなエリアなら
日本語メニューや日本語看板が置かれている店も多い。
従業員が日本語を話せなくても、メニューの指さしでなんとかなった。

結構なボリューム?

ボリュームがあるというより
副食も多いし、ビビンバやクッパなど熱々である。
また、別にライスがつくなど、結果的に満腹にある。
あと、熱い辛いで結構水を飲む
後でトイレに行きたくなることがあった。
長距離バスに乗る前など注意しよう。
(韓国のバスにはトイレ付を見たことがない)

注文は1人1品位にしよう

日本の居酒屋では一度にいろいろ注文することがあるが
韓国の場合 とりあえず1人1品だけ注文しよう。
1品の他 キムチにスープに白菜など
沢山の副食がサービスで付く
お酒が主なら1品で十分なこともある。

お支払い

ゆっくりと食事を楽しんだ後はお会計
レジにてお金を払い、店を後にする。

(5)屋台

① 歓楽街や市場 観光地などで見られる。

夜の歓楽街へ行けば、ズラリと屋台が並んでいるのをみるだろう。
昼間でも明洞、南大門市場や観光地周辺には屋台を見かけることがある。
特に「おでん」はよく見かけた。
観光地に立ち寄るついでにいいかも?


屋台街をよく見かける(ソウル 東大門近く 夜の広蔵市場)

② 値段は?

おでん1本700~1,000ウオン、プルコギ 3,000ウオン
焼酎(300㏄瓶、アルコール12%)で3,000ウオンとか
副食はない。


おでん 700ウオンだった 慶州郊外 仏国寺にて


焼酎とセットで6,000ウオン ソウル 夜の広蔵市場にて

③ 注文方法 注意点

おでんを1本つまむ位なら簡単だ。
指をさせば分かる。
値段も700とか書いてあることも
言葉はほとんど不要だ。
飲酒のため、座って飲むなら
韓国語の指さし会話集があれば便利だ。

(7)喫茶店

① 場所によっては伝統喫茶もある。

日本同様 都市部へ行けば多くのカフェを見かける。
店内の雰囲気や味などほとんど日本と同様
また、韓国特融といえば伝統喫茶
仁寺洞の裏手に見かけた。
ノスタルジックな店内で韓国伝統のお茶を飲みながらゆっくりと過ごす。
五味子茶など酸味が効いて疲れたときによかった。

② 値段は?

日本と同じ雰囲気と値段
例えば
コーヒー 4,000ウオンなど
伝統喫茶の場合 少々割高でお茶で8,000ウオンとか


伝統喫茶五味子茶(8,000ウオン)

2.その他、韓国の食事について

(1)会話集を準備しよう!

韓国の食堂には写真付メニューを扱う所は少なく
明洞や仁寺洞など外国人観光客の多いエリアを除くとメニューもハングルのみ
困ることがあった。
韓国語の指さし会話集などあれば便利だ。

(2)キムチはメニューにない!

韓国といえばキムチと思うが まずメニューにはない
焼肉や韓国料理の店には 副食がサービスされ
「必ず」といっていいほどキムチが出される。
韓国の食堂では副食の良し悪しが、その食堂の良し悪しを決めることもあるとか?


韓国料理店など必ずキムチが付く

(3)辛い!?

全て とは限らないが 全体的に辛い
また、連日韓国料理ばかり食べていると胃もたれをすることもあった。
朝食はファーストフードなどで軽めにした

(4)食後のトイレが近くなる?

熱々のビビンバやクッパなど
食事中、水分を沢山とり
その後、トイレが近くなることがあった。
長距離バスに乗る前など注意したい。
韓国の長距離バスでトイレ付を見たことがない。


食後 トイレが近くなることも!? 長距離バスに乗るときは注意したい

(5)食べきれない!?

韓国料理は一度に多く注文せずに 1人1品位にした方がいい
サービスの副食がドカドカとでるのだ。
副食だけで十分なおかずになることがあった。

(6)ファミリーレストランは見かけなかった

「ガスト」や「デニーズ」「すたみな太郎」のようなファミリーレストランは
少なくても街中で見かけなかった。
喫茶店やファーストフード店を除くと個人で経営しているような小中規模の店が多いように思えた。
日本で言えば街中の定食屋といったところか?

(7)コーヒーの自動販売機

韓国各地でよく見かけるコーヒーに自動販売機
なんとコーヒー1杯300ウオン 10ウオン≒10円とみると30円
美味しいし旅行中何度も飲んでしまった。(カップは日本と比べ小さめだった)

韓国でよく見かけたコーヒーの自動販売機


コーヒー3,000ウオン

 


 

韓国旅行に戻る