韓国旅行より ソウル
南大門市場で買物を楽しむ!

韓国名物の海苔や松茸、高麗人参茶、雑貨品、
他にも多くの土産物屋や日常品など所狭しと多くの品が並べられている。
「南大門市場」600年以上の歴史をもつこの市場は、
いつも賑やかで、まさにアジアの市場だ。また、南大門はメガネ店が多く、
ほとんどの店は日本語OKだった!
それと並んで有名なのが南大門で1398年に造られたといわれ
2008年の2月、放火により焼失してしまった。
現在は復元中で2012年には再び完成するとのこと




南大門市場の賑わい
お土産を買うのによかった!








トップ
韓国旅行


南大門市場の楽しみかた、滞在時間
買物と飲食を楽しむ

ソウルの中心部に位置し地下鉄でも簡単に行ける南大門市場
そして、賑やかな市場!韓国海苔や松茸、高麗人参といった土産物や
衣類や雑貨品といった品々が並ぶ。土産物の店など日本語可能な場所も多いし
まとめ買いすれば値切ることもサービスをしてくれることもあるのだから
買物そのものを楽しむこともできるのも特徴
韓国旅行の土産のまとめ買いもしている。
日常品だって、金属でできた韓国の食器など買ってみるのもいい。
私は日本で鍋を作るとき今も韓国のスプーンを使っている。


韓国海苔を買った!

軽い食事も

ソウルの市場には屋台や食堂をよくみるが南大門市場でも沢山の屋台や食堂を見る。
そこで、トッポッキとビールで軽く食事をするというのもいい。
また、私は昼食に市場の食堂を利用した。
値段も安いし 韓国らしいB級グルメを楽しめるのもいいのだ。


軽く食事も楽しめる

滞在時間
私の場合2〜3時間位だった。

急げば1時間位でも見てまわれそうだが、韓国の日常生活用品も多く売られているし
興味深い、2時間3時間とたってしまった。また 夕暮れ〜夜の南大門市場も楽しいので
昼間のソウル観光を終えてから訪れるのもいいかもしれないし
逆に市場など朝早めに訪れるのもいいと思った。


夕暮れ時の南大門市場

以前は南大門に近寄れた

そして有名なのが南大門 崇礼門といわれ1398年に造られた歴史的な建造物であった
以前は門に近寄ることもできず影薄の存在だったが2006年頃から
門に近寄りくぐることもできるようになった。しかし、先にも述べた通り
多くの旅行者が近くまで行き記念写真を撮っていた。
しかし、2008年2月に放火のより焼失残念である。
現在 再建中 2012年には完成するという。


焼失前の南大門(2006年撮影)


南大門市場への行きかた
地下鉄4号線 會賢駅からすぐ

元気があればソウル駅や景福宮、仁寺洞から歩いても行けるが
車通りの多い道を歩くことになり道中はあまり面白くなかった。


南大門市場の魅力
雰囲気のよさ

 買物にもいいが雰囲気もいい、アジアの市場の喧騒だ。
日本人旅行者も多く日本語通用度が高い特に海苔やマツタケ高麗人参茶など
日本人旅行者好みのお土産屋は ほとんど日本語で話しても違和感がないほど、
土産物屋は日本語通用度が高く、日本人旅行者が多い。
まとめ買いするとき値引き交渉もできた。
いろんな店をあたってみたい
同じような物が売られている店が多いのでいろんな店をあたってみよう!
だいたい同じ値段だが、まとめて買うなど条件次第では安くしてくれた。
おまけがつくこともあった。
日常品も見てみたい
その他の品物 とにかくいろんな物が売られている。旅行者は少ないが、
衣類や韓国らしい金属製の 箸や食器なども売られている。
所狭しといろんなものが売られ、ちょっとした小物など
小さな子供のお土産(玩具)を買うのもよかった。
両替所や観光案内所もあった。
円→ウオンにしてくれる両替所があった。 銀行よりレートがよかった。
お目当ての店がある場合など
分からないことがあったら観光案内所に聞くのもいい。
日本語で親切丁寧に教えてくれた。
屋台や食堂も多し 多くの屋台や食堂が並ぶエリアもあった。
南大門市場を歩いて思ったのは
ゴチャゴチャしているものの品ごとにエリアが決まっているようだ。
そこに多くの食堂が集まるエリアもあった。
韓国の地元的な味を楽しむことができるのだ!
おでんみたいにちょっとつまむものでも良かった。
品数が豊富
 所狭しと、とにかくいろんな物が売られている。
値切れる
値切ることができる。市場ならではの楽しさではないか?
日本語が通じるからなおさら楽しめた。
ただし、驚くほど安くしてくれるというより、まとめて買った場合のサービスといったところ
値切れても最高2割位だった。
ちなみに
自分の経験上では、南大門市場でぼられたことはない。
(というより韓国ではボッタクリが少ない)ので、だいたい定価で言ってくる。
最も、日本でもボッタクリ屋台があるくらいだし、韓国の屋台でもトラブルがあるとは
聞いたことがあるので
心配なら複数の店をあたってみよう。
値段の違い
 例えば同じ海苔でも天然かそうでないものでは値段が倍以上違う。
よく分からないと混乱してしまうかもしれない
あまり値段が違う場合は、店員に聞いてみよう。
メガネを作ってもらった
食品やお土産の他、以前はメガネも安く作ってもらった。
韓国(ソウル)でメガネを作るのは有名で、自分も作ってもらったことがある。
日本語も通じたしよかった。
ただ、最近は日本でも安くメガネを作れるのでどうだろうか?よく分からない。


いろんな店がある



南大門市場に訪れて06年9/17(日)夕方
 お土産を買うために南大門市場へと向かう。

まずは地下鉄で會賢駅へ、地下鉄をでると、市場の喧噪だ。
 お金(ウオン)がないので、両替、観光案内所の隣に換金所があった。
 パラソルに机だけの簡単なものだったが。10000円→81000ウオンであり、レートは
かなり良いと思った。さて、買い物だ!まず目立ったのは、
韓国海苔だ!値段を聞くと5000ウオン高いのは20000ウオン位したかな?
 他にも高麗人参茶や松茸、複数の店に値段を聞いてみる。
 どこの店も、似たかよったかの値段だが、1〜2割ほどひいてくれることが多い。
 他にも、韓国の食器なども売られていた。いろいろ買い物を楽しんでいるうちに
お土産でいっぱいになってしまった。また、メガネ屋さんも多い、日本語の
表示に日本語を話せる店員がいる。自分も以前南大門でメガネを作って
もらったが、アフターサービスもしっかりしていた。日本からメールでの質問にも応じてくれた。
 値段は24000円位だったかな?

次に南大門へ行ってみた。その後、焼失してしまったが
2006年現在は南大門に近寄ることができ多くの旅行者が集まっていた。
詳しくはソウル観光(南大門)
その後、南大門市場の食堂で韓国の軽食にあたるトッポッキとビールで
軽く食事をして帰る。20時を過ぎてしまった。
まだ宿決めてない!







ソウルで買物に戻る


トップに戻る
韓国旅行

(注意)
 自分の経験に基づいて作りました。
実際と異なる場合や状況が変化している場合もありますので
参考程度に自己責任のもとで調査してください。