韓国旅行 モーテルについて
韓国の地方都市などで宿探しするとよく目につくのはモーテルだった。
予約なしでも気軽に泊まれるし、駅の近くなどに集中していることが多いので
宿の予約をしない個人旅行者にとっては便利ではあるが、見た目はほとんど
ラブホテルであった。普通に泊まることができるとはいえ
慣れないと抵抗があるかもしれない。
ツアー参加者や旅行会社からホテルを手配をした場合は
モーテルや旅館に泊まることはほとんどないだろう。


モーテルの部屋
(オンドル部屋にしてもらった。)


トップ
韓国旅行


お得な旅をしたい!
格安韓国旅行





モーテルに泊まってみて
基本的には旅館と同じであった。
基本的には旅館(韓国の旅館、日本の旅館とは異なり質素だ。)と同じであった。
例えば、慶州のモーテルに泊まったときは、駐車場があった。
(釜山の場合は不明、マイカー(レンタカー)利用でなければあまり関係ないが・・・)
言葉
いくらかのモーテルに泊まったがほとんどハングルや
片言英語のみだが、しかし、本当に泊まるだけだから
片言英語でも何とかなった。
値段
旅館と同様 1部屋1泊30000〜35000ウオン程度で2人位は泊まれる
1泊50000ウオンはゆうに越えるような観光ホテルと比べればかなり安いので
宿の予約をしない個人旅行者にはうれしいかもしれないが
設備もそれなりだ。
ツアー(フリープラン)で泊まることはまずないだろうし
日本の旅行会社から予約を受け付けることもなかった。
その前に予約そのものも受け付けないかもしれない。
私自身 予約して泊まったこともない。
ただ、予約しない以上必ず泊まれるという保障もできない。
観光客向けではないようだ
旅館にせよモーテルにせよ、あまり観光客向けといった感じではなかった。
街中だと、飲み屋街近くにあることが多く。どちらかというと
飲み帰りにブラっと泊まるような宿みたいなものだった。
日本で旅館だ、モーテルだ といえばそれなりの旅情を感じるかもしれないが
そのような期待はしないほうがいいだろう。
蚊に刺されたり、寝苦しいなど快適でないこともあった。
快適さなら観光ホテルの方がいいと思った。
韓国観光旅行なら、だいたいは観光ホテルに泊まるだろうし
日本の旅行会社を通して手配した場合もほとんどは観光ホテルに泊まるだろう。
(みためはラブホテル)
日本人旅行者からみて最大の抵抗はやっぱりラブホテル風であることだろう。
実際、カップルで入るところもあるし、かといえば普通の家族で入ることもある。
実際一人で入っても韓国にとっては違和感はないようだ。
つまり、ラブホテルとしても機能もあるということだろう。
メリットもあった
しかし、いくらかのメリットもあった。
まずは予約なし気軽に入れるということだ。さらに街中にモーテル街があったりするので
分かりやすいし、いろんな宿(モーテル)を見比べることもできた。
またモーテルの看板は旅館同様 温泉マークなのでハングル文字が読めなくても
すぐ分かった。(ただし予約をしないのだから絶対空室があるという保障はできない。)
もう一つは、こじんまりとしていることだ。アットホームな雰囲気もあった。
ただ、建物や部屋がきれいでなかったりするので
好き嫌いも大きいだろう。
あとは
一人旅なら安上がりというメリットもあった。
フリープランで1人参加だと1人部屋追加料金がかかるのだ。

旅行記
釜山のモーテルに泊まって 06年9月19日(火)

0:30頃タクシーで南浦洞に着く。夜の釜山駅は静かだったが、南浦洞は夜も賑やかだ
屋台が目立つ、裏手にモーテルがある。どうもモーテルはネオンがチャカポカして抵抗がある。
日本人の目にはほとんど「ラブホテル」なのだ。仁寺洞の旅館街は
そのような感じはしなかったが、場所によっては、周辺の安宿全てが
モーテルつまりラブホテルってこともある。室内も一つの蒲団に2つの枕ということもある。
 以前、慶州駅周辺でホテル探しをしたときまわり全てモーテルで入りにくくて
困ったことがあった。
 ただ、韓国ではそのような境がないらしくモーテルからカップルが出てきたと思えば、
家族連れがでてきた。なんて話も聞く。1件のモーテルに入る。片言の日本語を
しゃべれるお婆さんがいた。オンドル部屋をお願いする。
 お願いしたら1泊30000ウオンのところ20000ウオンにしてもらっちゃった!
部屋もきれいだったし、テレビやエアコンもあり
バスタブも大きい。ありがとう!とにかく疲れた!お風呂に入って2時頃に寝る。
翌朝、 8:00に起きる。8:20頃チェックアウト チャガルチ市場へと向かった。


部屋にはテレビなどもあった


韓国の宿についてに戻る



トップ
韓国旅行


(注意)
06年の旅行経験によるものです。
自分の経験とその後の調査に基づいて作りました。

状況が変化している場合や実際と異なることももありますので
参考程度に自己責任のもとで調査をしてください。