ヨーロッパ フランス旅行より

パリでの食事について

美食に都「パリ」 街には個性あるレストランが多く
食に対するこだわりは驚くばかり
ミシュランの星付レストランも多い!
もちろんカフェやビストロなどカジュアルな店も多いので
気軽にパリらしい食事を楽しむこともできるのだ!
自分の旅行経験からパリの食事についてまとめてみました。




パリの街中では多くのカフェやレストランを見かけた











トップ
フランス旅行



いろいろ調べヨーロッパへのお得な旅をしよう!
格安フランス旅行


パリでの食事方法
高級料理ばかりではない

パリで食事と聞けば高級フランス料理を想う人も多く
テーブルマナーなどかなりお堅く考えてしまう人も多いだろう。
多かれ少なかれ日本とは勝手が違うこともあるが
実際 ほとんどはカジュアルな店であった。
日本だって高級料亭に気軽に入れるそば屋などいろいろあろう。


食事の予約をするかしないか?
自分の場合 フランス旅行中 記念に1回や2回は食事を
予約して本格的なコース料理を楽しんでいる。



予約をする

高級レストランでコースを注文するなら予約なしでは入れないことも多い。
有名レストランともなれば数ヶ月前からいっぱいになることもあるという。
ガイドブックなどで紹介されているレストランをインターネットで検索すると
予約欄があるのでそこで予約をするのもいい
しかし
ほとんどのレストランは英語かフランス語の予約となり
さらに
メニューも分からないので慣れない旅行者にとっては不便を感じることもある。
まわりの雰囲気を損ねる可能性もあり
オプショナルツアーならば日本語で予約が可能なうえに
あらかじめコースがセットされているので安心だ。
なお、レストランによっては正装(ドレスアップ)が必要であったり
タクシーで訪れるのが望ましいとするところもあり
前もって確認しよう。




レストランの予約をするのにも便利な
オプショナルツアーサイト






予約をしない
パリでも ほとんどは予約なしでも入れるカジュアルな店だ
おもなところはカフェとビストロそしてテイクアウト(持ち帰り)だろう。
もう少し詳しくまとめると


カフェにて飲食

街の至るところにありパリ観光の途中で気軽に立ち寄れるカフェよく利用した。
例えば
シテ島近くにて朝食 8.2ユーロ
シテ島にて エスカルゴと甘いソーダ水(おやつ?)11.8ユーロ
シャンゼリゼ大通り(凱旋門近く)にてステーキの昼食 20.5ユーロ
モンマルトル(テルトル広場)にてコーヒータイム 3.3ユーロ
パリ リヨン駅近くにて列車待ちにてコーヒー 3.8ユーロ
といったとことか?


カフェでワインとステーキの食事


カジュアルなレストラン(ビストロ)で食事

気軽に入れるレストラン日本でも街中にちょっとしたパスタ屋や
フランス料理店があったりするそのようなものだ。
0時になっても営業しているレストランもあって夜遅いときの夜食にもなった。
例えば
バスチーユ(7月革命記念柱)近くのレストランでパスタとワイン 14ユーロ
シテ島近くのレストランにてちょっとしたコース 16ユーロといったところか?


注意点
ファミリーレストランはほとんど見なかった

全くないわけではないだろうが、パリ(フランス)には
チェーン店といえるようなレストランはほとんど見なかった。
小さな子供を連れてワイワイ食事を楽しむレストランはほとんどなく
それなりの品格を求められる。ちょうどお芝居を観るような感覚と思っている。
朝食は?
日本ではモーニングセットを扱う喫茶店も多い。
パリのカフェにもモーニングを扱うことがあるが、パン1個だけなど
その量は少ないしその割に高い。
あまり朝食を食べる習慣がないようだ。
アメリカンブレックファーストを求めるなら
ホテルで済ますことをおすすめしたい。


カフェでモーニング(8.2ユーロ)



パリでの食事について分けてみました。
本格レストラン カフェ ビストロ テイクアウトに分けてみました。

本格フランス料理を楽しみたい
パリにてフランス料理を楽しむ魅力

フランスに訪れたら、高級感のあるフランス料理を楽しみたい。
そう思う旅行者も多いのでは?
もちろんパリには多くの本格フランス料理店があるが、
どこにでもあるとはいいきれず
地図を見ないで街中を歩きブラリと立ち寄れることは難しいだろう。
その前にそれなりのレストランなら予約が必要となる。

そこで自分がとった方法を紹介します。

1.そもそもどのレストランがいいのか、その前にフランス料理とは何か?
フランス(パリ)=フランス料理=高級
と連想する人も多いだろう。
しかし、フランス料理といっても知っているのはフォアグラかエスカルゴくらいで
そもそもフランス料理とはどのようなものかよく分からなかったし
本音をいえば
フランス料理というのはよく分からないが
せっかくのフランス旅行(パリ旅行)だから 本場フランス料理(というの)を楽しみたい。
という考えの人も多いのでは?

そこで、まず注目すべきは フランス旅行やパリ旅行のガイドブックを開く。
だいたいのガイドブックにはレストラン情報というのがあるだろう。
そこには3つ星を獲得したレストランとか〜風味の人気レストランなど書いてある。
そこから、自分好みのレストランをピックアップした。
(複数のガイドブックで比較した)
あとは複数のガイドブックを開いてみて、同じレストランが紹介されているかを見た。
(ミシュランの星で判断!?)
今までの海外旅行ではなかったがフランス旅行では
レストランのレベル(星の数)にこだわった。
その星をつける代表がミシュランではないか?
例えば、友人との会話で
「フランス旅行で星付レストランで食事をする」
という話をしたら、その星の対象は必然的にミシュランであった。
ガイドブックやインターネットで調べても1つ星とか2つ星と紹介されているのは
だいたいミシュランによる星数ではないかと思っている。
一つのステータスとしてみていた。
星数を調べるのに
ミシュランガイドがあればいいが、その他のガイドブックにも〜年に
〜星獲得なんて書いてあったからそれを参考にした。
(予算や服装の問題)
高級レストランであれば、それなりの費用がかかる。
最高峰の3つ星レストランとなれば300ユーロ位することもあろう。
2012年1月のレートなら3万円程度となるのだ。高い!
さらに服装にも注意しなくてはいけないだろう。

ちなみに私は、1つ星レベルのレストランのランチにした。
(ランチだと安くなることがある。ガイドブックのおおよその予算で確認した。)
トータルで50ユーロ以下と思いきや?ワインを注文したりして
60ユーロ位いってしまった。
高級レストランなら正装で食事を楽しむものだろう。
1つ星ならカジュアルな格好でも入れることはあったが
まわり「ひんしゅく」をかう恐れもあるし、店員のサービスも悪くなることがあった。

(星にこだわらない?)
個人差によるがミシュラン以外にも評価するところがあるし
星にこだわらなくても魅力的なレストランはあった。
(ディナークルーズなど)
インターネットで調べると、セーヌ川のディナークルーズ
といったプランもあった。日本の旅行会社を通して予約も可能だ。

2.予約をする
(インターネット予約)
さっそく予約! といっても遠いフランス、言葉も通じない。
そのとき便利だったのはインターネットによる予約だ。
大体のレストランは英語のサイトがあったので辞書を調べながら予約したが
メニューなどが分からない、慣れない旅行者にはおすすめできない。
(旅行会社を通して予約)
もう一つ、旅行会社(オプショナルツアー)で予約する方法がある。
インターネットで食事プランを紹介されていることも多いようだ。
服装について相談することもできるし安心だ。

3.メニューをチェック
個人で予約した場合や予約なしの場合
メニューを開いてその場で注文するのだが なんだか分からないことが多い。
(日本で調べても分からなかったが・・・)
インターネットでメニューが紹介されていることも多いので
前もってチェックした方がいいと思う。
レストランによっては
Menuというあらかじめセットされたコースもあるが、
前菜やメイン、デザートの中で選択するということが多かった。
日本の旅行会社を通せばその点でも安心ではないか?

あとは服装も注意したい。一般的な観光なら
服装もカジュアルにしたいもの、かといってネクタイが必要なレストランもある。
一度ホテルに戻って着替えるなど工夫が必要かもしれない。


詳しくは下をクリック

本格フランス料理を楽しむ




パリにてフランス料理を楽しみたい!



カフェを楽しむ
パリの街中ならいたるところにある「カフェ」

パリを観光して一番気軽に楽しめたのはカフェであった。
道沿いにテラスがあるのですぐに分かろう。
カフェといえば喫茶店と思うが食事や飲酒などもっと幅広いもので
コーヒーだけ注文してゆっくりするのもいいし
ステーキやエスカルゴ、ワインなど楽しめた。
庶民的で利用しやすく もっともフランスらしいとも思えた。
コーヒーなら2.5とか3.5ユーロ位で食事で15〜20ユーロ位だったかな?


詳しくは下をクリック

カフェを楽しむ




街中には気軽に入れるカフェも多い



カジュアルなレストラン
ビストロなどで食事

日本でも街中などちょっとしたフランス料理レストランがあるが、
そのような感じであった。だいたい店先にメニューが置かれているので
どのようなメニューがそろえているか分かる。コースメニューもあるので便利
フランス料理と思いきや入ってみたらイタリア料理ということもあった。
明白は区別が付きにくかった。
日本料理や中華料理の店もあった
パリには日本料理や中華料理の店もよくみた。
ご飯が食べたくなった場合など便利


詳しくは下をクリック

ビストロを楽しむ






テイクアウト
持ち帰って食べるもいい

例えば、パリにあるスーパーマーケットなどで
チーズやヨーグルトを買ってホテルや車内で食べたりするのもいい。
パリの庶民的な食に会える。
売店や自動販売機でドリンクやソフトクリームを買って食べるもよかった。

詳しくは下をクリック

テイクアウト












トップ
フランス旅行


(注意)
08年7月のフランス(ヨーロッパ)旅行経験
とその後の調査による。
主観的な内容も含まれており、人による視点に違い状況の変化、
その他、実際と異なることもあります。
参考程度に、自己責任のもとで調査をしてください。