信州旅行

信州の魅力

美しい山々に素朴な農村 風情ある町並み
そして温泉やそば、おやき 山菜料理など
信州の魅力やまわりかたを
自分なりにまとめてみました。


 ツイート


魅力いっぱいの信州を楽しもう!











トップ
信州旅行



いろいろ調べてお得な旅をしよう!
格安信州旅行の方法





信州の地図(手書き)





信州の魅力
広い信州いろんなエリアに分かれる
山を越えれば違った空気!?

信州の魅力といえば美しい山々や素朴な風景と思う人が多いと思う。
総合的に見れば、そうであるが、信州といっても広く、同じ自然でも
雰囲気が違うのだ。例えば志賀高原や野沢温泉といった北信濃は
雪深くまさに「雪国」といった雰囲気だし飯田(南信濃)へいけば
温暖で茶畑を見ることもできる。さらに地域性も強く、人柄も変わる。
北と南では「同じ長野県とは思えない!」という人もいた。

信州1周旅行はあまり聞かない
北海道1周旅行とか九州1周旅行とは聞くが
信州1周旅行はあまり聞かない。というのも陸続きで
県内というよりエリアごとにまわるといった雰囲気がある
例えば
志賀高原→白根→草津温泉(長野県+群馬県)
松本→上高地→平湯温泉→高山(長野県+岐阜県)
大町から黒部アルペンルート 宇奈月温泉(長野県+富山県)
となる。
信州だけでなくその周辺の観光スポットもまとめてみたいと思います。


志賀高原(長野県)から白根 草津(群馬県)へ向かう


1ヶ所滞在型も

信州は広いので周遊旅行するのもいいが、一ヶ所滞在するのも魅力的
例えば
軽井沢や上高地 長野市とその周辺(善光寺や小布施)など
そういったポイントに絞った旅行の方が楽だし
都市部から近いこともあり安く行けることもあるので
週末のドライブやバス、鉄道ツアーなどで
何度か分けて訪れるのもいい。


のんびりするのもいい
(戸隠 鏡池にて)


1泊はしたい

都市部から近い信州 東京から日帰りというのも可能だが
ちょっと慌ただしい気がする。1泊はしたいし
1泊すればまた違った信州を楽しめるかもしれない。
例えば
朝 長野駅に到着しレンタカーで湯田中(渋温泉)や草津温泉まで行き1泊
翌日 志賀高原や白根などまわり長野に戻る
という方法もある。

松本から乗鞍高原へ行き1泊
翌日 上高地に訪れて松本に戻るもいいかも?
(上高地はマイカー規制あり 沢渡からバスやタクシー利用が一般的)

ただ、シーズン中の渋滞はすごいので注意しよう。
思ったより時間がかかることがある。

リゾートペンションに温泉宿など宿もバライティーに富んでいる。


夜も楽しい(草津温泉にて)



信州の魅力をエリアごとに紹介


信州の地図(手書き)



志賀高原 野沢温泉エリア
雪深い北国のイメージ

長野県の北端に位置するエリアだ。野沢温泉 湯田中(渋温泉)
飯山など北国といったイメージ 志賀高原は高原といったイメージ
が強い。夏は涼しく 冬はスキーでも有名

コースとすれば
スノーモンキーで有名な地獄谷がある湯田中(渋温泉)から
志賀高原をまわりトレッキングを楽しむ
その後 白根経由で草津温泉など

また、野沢温泉でゆったりするのもいい。

長野市(善光寺)からバスやレンタカーなどで出発するのもいい。

志賀高原をはじめ野沢温泉や戸狩などスキー場もある。

 
  志賀高原から草津へ
(遠くアルプスを望む)



風情ある野沢温泉の様子


長野市 戸隠 飯綱エリア
善光寺からパワースポットで有名な戸隠など

長野市といえば「善光寺」北陸新幹線もあるし
交通の便もいい。安いバスも多いし、道路網も発達
安く気軽に行ける。路線バスや車で戸隠へ行くのもいい。
戸隠そばの店が多い 中社 深い森 杉の巨木で神秘的な奥社
森林植物園など魅力いっぱい
手前には飯綱高原もある。どちらかといえば市民の高原といった雰囲気だが、
渋滞に巻き込まれなければ
市街地から車で40分位で行けた(戸隠なら1時間ちょっと位?)


長野といったら善光寺


戸隠 奥社へ続く道


白馬 大町エリア
雄大な北アルプスを背景に楽しめる

白馬岳(しろうまだけ)などの登山など有名な白馬(はくば)
登山だけでなく、ゴンドラやロープウェイで栂池植物園や八方尾根
などトレッキングもいい。また 大町は黒部ダムなど
立山黒部アルペンルートの玄関口だ。
白馬など安い宿も目立った。
冬はスキーでも有名


のどかな白馬の風景



栂池高原をトレッキング!


松本 安曇野 上高地エリア
迫力ある大自然や美しい風景

まず拠点としても便利な松本 城下町としての魅力があり
松本城付近の雰囲気もいいのだ。
近くには宿泊にもいい浅間温泉や美ヶ原温泉もある。
そして
のどかで雄大な自然の安曇野
ダイナミックな自然 上高地に乗鞍など
その風景はバライティーに富んでいる。
ただ、上高地や乗鞍岳はマイカー規制あり
公共交通機関利用になるがシーズンはすごい混雑している。


松本城


山の魅力いっぱいの上高地


軽井沢 佐久エリア
有名な避暑地

軽井沢といえば明治時代から避暑地として有名
旧軽井沢などその面影を感じさせてくれる。
ロマンあふれるスポット そして新軽井沢のアウトレットで有名
東京から日帰りツアーも数多く出している。
足を延ばして佐久や上田へ行くのもいい
メジャーなスポットは見かけなかったが
上田近くには風情ある温泉「別所温泉」などがある。


旧軽井沢を歩く


人気のアウトレット


諏訪 八ヶ岳エリア
諏訪湖と八ヶ岳山麓の自然を満喫

まず、有名なのが諏訪
諏訪湖畔にあり、高級感ある宿が多い上諏訪温泉
旧中山道沿いで風情ある雰囲気の下諏訪温泉
観光も諏訪大社 上社に下社(春宮 秋宮)
諏訪湖遊覧に数多くの博物館に美術館など見どころ沢山!
八ヶ岳山麓には蓼科高原に清里 ちょっと離れるが野辺山など
雄大な風景を背景としたスポットが多い。


風情ある下諏訪温泉


上諏訪温泉を望む


木曽エリア
宿場町で有名

木曽と言えば 宿場町、旧中山道沿いのエリアで
昔ながらの雰囲気を残す 奈良井宿や妻籠宿 馬籠宿など
外国人にも人気で多くの旅行者で賑わうのだ。
昔の旅籠のような雰囲気の宿も多い。
昔の旅人になった気分で歩くのも楽しい
特に妻籠宿〜馬籠宿は遊歩道も整っており多くの
旅行者で賑わっていた。
奥に入れば 開田高原や赤沢自然休養林など
自然休養林で森林浴をするのもいい。


かつての宿場町 奈良井宿


妻籠から馬籠までの道中にて


伊那 駒ケ根 飯田エリア
南信濃の素朴な雰囲気

伊那から飯田といっても南北に長く雰囲気は異なる。
伊那周辺の見どころといえば高遠の桜
そして駒ケ根ロープウェイに千畳敷のトレッキングは有名
さらに飯田の天竜川下り
さらに南のエリアは
信州の中で最も田舎と思っている。
素朴な雰囲気がとにかく魅力
南信濃の大鹿村に遠山郷
日本のチロルとして紹介される下栗の里
急斜面に造られた段々畑や集落は
なんとも印象深い風景だ。
また、霜月祭や大鹿歌舞伎など伝統芸能も盛ん
懐かしい時代にタイムスリップしたような魅力があるのだ。


南信濃 下栗の里



 ツイート






トップ
信州旅行



スマートフォン



(注意)
2015年までの旅行経験から2015年に作成しました。
状況が変化している場合や実際と異なる事も考えられるので
参考程度に自己責任のもとで調査してください。