信州旅行

小布施を歩く

長野市から湯田中や志賀高原
野沢温泉へ向かう途中にある町「小布施」
風情ある町並みが魅力で
休日には多くの旅行者で賑わうのだ。



 ツイート




小布施を歩く











トップ
信州旅行



いろいろ調べてお得な旅をしよう!
格安信州旅行の方法




長野 戸隠 飯綱 小布施エリアの位置(手書き)



小布施の場所(手書き)



小布施の雰囲気
風情ある町並みと多くの店が集まる

小布施の中心部は北斎館とその周辺であろう。
特別広くはなく広く、ゆっくり歩いても30分もあれば
まわれてしまうほどであった。
しかしそのエリアには
多くの風情ある店や喫茶、食堂などが集まり
町並みもレトロな感じ
旅の道中、ランチをとったり、喫茶をすれば
旅の素晴らしい思い出になるほどであった。


いろんな店がある

休日は混雑している

休日は小布施中心部は混雑し
観光客で賑やか
車も渋滞することもあった。
昼時の食事をするときは
少々並ぶこともあった。
中心部は駐車場も満車であることがあるが
みたところ、駐車場は多く
ちょっと離れた駐車場が案外
空いていることがあった。
「離れた」といっても
そこから歩いて5分位で
中心部に着いた
ただし
ほとんどが有料である。


休日など賑やかである

夜は静か

休日の昼間は混雑しているが
夜になると、夜は静かで多くの店が閉まっている。
ゲストハウスにユースホステルの他
ちょっとしたペンションなど宿泊設備は多いが
多くの人は日帰りで帰るみたいだ。
コンビニやスーパーマーケット
小布施駅前にドラッグストアーを確認
中心部から1q弱も歩けばコンビニを確認できたが
多くの観光客が集まる
中心部にはそういった店を見かけなかった。
多くの旅行者は小布施に数時間滞在し
次の観光地へ向かうように思えたが
そこに宿泊し雑貨品や嗜好品を購入するなら
事前に買っておいた方がいいと思った。
ちなみに
自分は夕食前の運動でちょっと離れた店へ行った。


長野電鉄「小布施駅」

小布施へ行く
車(マイカー レンタカー)

小布施のみならず、北信州を周遊するなら車が便利
志賀高原や野沢温泉へ向かう途中に降り立つのがいいと思った。
先にも述べたとおり中心部の駐車場が満車なら
ちょっと離れたところを利用すればいい。
なお
休日など渋滞もしていることが多いが
小布施中心部の一角のみで
そこを抜けると案外スイスイということがあった。
余談だが
小布施から志賀高原方面へ向かった
中野インター付近で渋滞に巻き込まれたことがある。
(断定はできないが・・・)


小布施に入る


公共交通機関

長野電鉄で訪れるのが便利だろう。
長野駅から30分ちょっと
670円(特急利用は+100円)
特急では
以前 成田エクスプレスや小田急ロマンスカー
に使われた車両が走ることがあり
なかなか興味深い。
(善光寺から小布施へ向かうには)
長野電鉄「善光寺下駅」がある。
善光寺から「善光寺下駅」まで近道であるが
少々急な坂を登ることになるし
道中の風情もあまりない。
長野駅から善光寺までは
駅前からバスに乗り
善光寺から善光寺下まで歩いて
そこから長野電鉄で小布施へ向かう方法がある。
なお
善光寺下駅は地下の駅で
特急は停まらなかった。

まれに
長野市善光寺からシャトルバスが出ることがある。
片道700円で観光客にとって便利だが
御開帳など本当に一部に期間のみ


長野電鉄「小布施駅」

小布施を楽しむ
滞在時間

人によって異なるが
食事や喫茶に立ち寄り、町の雰囲気を味わうだけでもいい
1時間半位あれば十分だろう。
ただ、休日の昼食時ともなれば列ができる店もある。
北斎館などまわるなら+30分〜1時間

岩松院といった郊外観光スポットをまわる場合は
3時間位はほしい。
1泊して小布施を堪能するのもいいが
県外からの旅行者の多くは
志賀高原や野沢温泉など北信州旅行の道中に
訪れるように思えた。

まずは小布施中心部を歩こう!
雰囲気だけでも満足!

自分が思うのに小布施の魅力は
町の中心部の雰囲気であろう。
北斎館周辺や栗の小路などを
歩くだけでも旅にでた気分になる。
できれば
食事や喫茶を楽しみたい。
多くの店も多い。
また北斎館など美術館もいくつかある。


雰囲気そのものがよかった!


名物は「栗おこわ」その他個性的な店もある

食事の名物といえば栗おこわだ。
御飯の中に入った甘い栗の香りがなんともいい。
小布施堂や桜井甘精堂など知られる
内容によるが値段は1,500〜2,000円位だった。
「信州ならそば!」
という人 そば屋も多いし
栗おこわ+そばセットを扱う店もあった
他にも
7,000円も9,000円クラスの懐石料理店もあった。
ヴァンヴェールというフランス料理風の店では
ランチの「そばガレット」が1,100円から
扱っていた
3,000円ちょっと〜5,000円ちょっとの
ディナーコースもあった。
宿泊設備もあった。


栗おこわを食べる


ちょっと豪華な食事も!
ヴァンヴェールのディナー


興味があったら小布施郊外も!
郊外にも魅力的なスポット多し!

中心部は賑やかな小布施だが
ちょっと郊外にでるとのどかな栗やリンゴ畑
遠くの山々がなんとも素晴らしい。
郊外にも魅力的なスポットが多いのだ!
個人的には
東の山間に魅力的なスポットが多い。
その一つは


郊外はのどか
(小布施温泉 穴観音の湯から)

岩松院(がんしょういん)

山間にあるなんとも風情あるお寺だ
福島正則公や小林一茶、ゆかりのお寺で
おそらく 小布施郊外で最も人気あるスポットであろう!
最大のみものは
葛飾北斎作の天井図「大鳳凰図」である
寝そべってみるのだが
迫力を感じる。
拝観料300円払うが
それなりの価値はあると思った。


岩松院に到着


浄光寺

その近くに
浄光寺というお寺がある。
岩松院と比べると訪れる人あ少なかったが
それゆえに素朴な雰囲気がよかった。
岩松院から近い


風情ある浄光寺


周遊バスもあり!

岩松院も浄光寺も 小布施中心部や小布施駅から
離れており徒歩で行くのは大変だ。
周遊バスが出ていた。
1時間に1本の出発で周遊券300円であった。


可愛らしい周遊バス

レンタサイクル

元気ならば自転車でもOK
小布施駅前や主な駐車場にレンタサイクルあり
2時間で400〜500円ほどだった。
小布施中心部から岩松院 浄光寺は道も平坦で
走りやすかった
けど
車に注意したい

あとは
タクシー
小布施中心部の北斎館から岩松院まで
1500円しない位だった
と記憶している。



 ツイート







長野 戸隠 飯綱 小布施エリアに戻る



トップ
信州旅行



スマートフォン




(注意)
2015年までの旅行経験から2015年に作成しました。
状況が変化している場合や実際と異なる事も考えられるので
参考程度に自己責任のもとで調査してください。