スキー旅行
スキーにかかる費用

スキーをするのにだいたいいくらくらいかかる?
経験から簡単にまとめました。



スキー場へと向かう


トップ
スキー旅行



意外と安くスキーに行けることもある!?
格安スキー旅行








どのようなスキーをするかによっても異なる
値段といってもまちまちで
例えば
スキーやスノーボード(もちろんウエアーなども)
を持っていて、東京から日帰りで軽井沢や白樺湖(長野県中央部)
の日帰りスキー旅行ならば
スキーツアーのバスがでており
リフト券セットで4千円前後で参加できることもある。
あとは昼食代やドリンク代で千円位とみたら
5千円以下でスキーを楽しむことができよう。
逆に
スキーやスノーボードの装備がなく
志賀高原を3日位でスキー旅行となれば
宿もちょっといいところで1泊2食付で1万円数千円
スキーレンタル3日で1万1千円
ウエアーレンタル8500円
リフトも3日分で1万2〜3千円位はいってしまうのでは?
昼食も1回千円以上したり
夜の飲み代に交通費などで
軽く5万円以上はするだろう。
セット割引を利用したい
インターネットを調べると
ツアーバスなど往復交通+リフト1日券のセットや
リフト券付宿泊セット
リフト券+食事券や入浴券がセットで割引になることもあった。
また、割引クーポンとかで1日券が3000円のところ2500円になる
スキー場もあった。
スキー旅行前にいろいろ調べて
お得な情報をつかみたいと思った。

ただし、
例えば入浴券は付くものの、制約つきでスキー場終了時間帯(込み合う時間)
はは入れなかったり、平日限定といったものがあった。

簡単に費用をまとめると
参考程度にどれくらいの費用をかけているか
まとめてみました、人によっても異なるので参考にお願いします。
交通費
まずはスキー場までの交通費だ。
マイカーで行く人も多いが、インターネットなど調べると
ツアーバスや鉄道でもお得な情報があったりする。
いろいろ調べてみたい。
これも面白いもので
レンタル
スキー装備がなければレンタルとなる。
スキーやスノーボードとウエアーのレンタルは異なることが多く

スキーやスノーボードはセットで
1日1500とか4500円など
ウエアーも
1日2000円とか3500円といったところだ。
スキー場によって値段はまちまちである。
インターネットなどでいろいろ調べた方がいいと思う。
個人のレンタルショップもあってその方が安いこともあった。
他にも
グローブや帽子、ゴーグルなどもあることもあるが
購入する場合も多い。
細かいことだが、用意していなければスキーのワックスを購入することもある。
グローブは必要で
吹雪で帽子とゴーグルがないと地獄となる。
グローブならスポーツショップで安く売っていることがあった。
リフト代
一般的には1回券、回数券、半日券、1日券、ナイター券
その他2日とか3日券や4時間券とかシーズン券といったものがある。
値段はスキー場によってまちまちで
例えば
1日券で3000円のところがあれば5000円位のところがある。
また、その日が感謝デーとかでリフト1日券半額とか
無料というのもあった。
ちなみに
スキー場入場料なんてのはなくリフト券が入場料みたいなものだろう。
歩いて登れば無料なのだろうが重い板を背負って登る人はほとんど見たことがない。
あと
1日5000円程度でスキースクールのレッスンを受けたことがある。
(リフト代は別)
昼食代
スキー場内にレストハウスがあることがほとんど
値段は割高でラーメンやカレーで700円とか800円というのが普通だ。
それもインスタントばかり(でも運動した後だからとても美味いのだ。)
ちょっと離れたコンビニへ行って食事というのもあるが
重い靴をはいての移動も面倒だし、
レストハウスの方が雰囲気もいいのでほとんどそこで食事している。
ちなみに
戸隠スキー場へ行ったときは
昼食時にスキー場を離れ名物の戸隠そばを楽しんだことがある。
旅行気分も味わいたい。
あとはコンビニおにぎりを携帯している人もみた。
まれに休憩室にカップラーメンの自動販売機があることもあった。
経験上、カップ麺、200円位が多い。
宿泊代
スキー場によっておおよその宿の値段が決まっていることもある。
スキー場によっては意外と安いことも多い。
経験上 安い=宴会料理のような豪華な食事は期待できない。
スキー旅行者は若者が多い。質より量だろう。
飲食代
夜の飲食代がかかる。
宿の中で騒ぐのは問題となるので
団体で宿を貸しきったり外で騒いでいる。
それとも、それなりの整った宿をとる。
あと、行き帰りの道中での食事やスキー場内のドリンク代など
その他
土産代など、他にも人によって必要になるものがあるだろう。





トップに戻る
スキー旅行



今までのスキー旅行の経験から08年11月に作成しました。
主観的なところもあったり、状況の変化、実際と異なることもあるので
あくまでも自己責任のもとで調査してください。