スキー旅行
スキーの楽しみかたについて

最近は単に滑るだけのスキーではない。
白銀の山々を楽しんだり、温泉や郷土料理を楽しむこともできる。
そして健康のためにスキーをする人も多いようだ。



スキー以外でも楽しみはある。
スキーシーズンでない11月に撮影


トップ
スキー旅行



意外と安くスキーに行けることもある!?
格安スキー旅行








(スキー)+(温泉)
よくみるのはスキー場に温泉があることだ。
例えば、野沢温泉スキー場のようにもともと温泉地にスキー場
があるというパターンもあるが、
駒ヶ根や飯縄リゾートスキー場といったちょっとしたスキー場でも
温泉があったりするのだ。
スキーの後、温泉につかるのは本当にいいものだ。
スキーやスノーボードがメインではない人もいた!
スキー旅行だからスキーだけ と思う人も多いかもしれないが、
スキー旅行の企画などするとそうでない人もいた。
温泉の他にもスキー場によっては
プールやゲームセンター、買物など博物館や資料館など
観光スポットもあるし、
山の上から白銀の世界を楽しむことができる。
そして、夜、宿で飲んだり騒いだりと・・・
コミュニケーションをとることを楽しむことも多い。

街中の歓楽街とはまた違った空間を感じるのだ。

冬になると道には雪が積もり、交通が不便になるし
田舎だともともと交通が不便で公共交通機関も割高であるもの
しかし
スキー場への道は整備されているし
さらに最近はツアーバスなどで東京や名古屋、大阪といった都会から
格安でスキー場へ行くことができる場合が多い。
なので
格安に白銀の感動を味わえることができるのだ。
そういったところで楽しく過ごすのもいい!
でも
せっかくのスキーちょっとはスキーやスノーボードを楽しみたいものだ。

スキー場によっては1泊2食5千円台とか6千円台というような
ところもあった。
インターネットなどでいろいろ調べてみよう!
融通を利かせて5千円以下のこともあった。

本格的にスキーやスノーボードをしたい場合
例えば、スキーの資格ととりたいとかで、本格的にスキーやスノーボード
をしたい人も多い。
その場合はスキースクールをおすすめしたい。
基本からしっかり教えてくれる。
もっとも安全にスキーやスノーボードを楽しむためにも
最初はスクールのレッスンを指示するスキー場が多い。

私が見たところ、小学生とか一部の人を除いて、見よう見まねで
スキーやスノーボードをしている人がほとんどに感じる。
個人個人の運動神経にもよるだろうが
見よう見まねでも滑れるようにはなる。
(正しい姿勢で滑っているかは別として・・・一応、楽しめる滑り方はしている。)

まあ、私も楽しめればいい という考えではあるが
実力がないのにスピードをだすとか無理はしないほうがいいと思った。
安全だけは注意したい。
スキー旅行前にちょっとは滑り方を勉強したい
初めてのスキーやスノーボードの場合
ほとんどの人は最初、滑ることができず苦労するだろう。
個人的には
スキー旅行前にスキーやスノーボードの滑り方は勉強したいと思う。
スキー雑誌とか、写真付きで
初心者の滑り方やターンの仕方とか書いてあるものもあった。。
経験上、それを読むか読まないかでも大きく違ったことがあるのだ。

託児所や仮眠室などがあったり
小さな子供連れのためにも託児所完備のスキー場も多い。
スキー場によるが確か1日3000円とか5000円とかだったはず。
また、夜遅くついて朝一からスキーを楽しむために仮眠室があるスキー場もあった。





トップに戻る
スキー旅行



今までのスキー旅行の経験から08年11月に作成しました。
主観的なところもあったり、状況の変化、実際と異なることもあるので
あくまでも自己責任のもとで調査してください。