ヨーロッパ
フランス旅行

安心ツアーに自由な
個人旅行など
それぞれのスタイルに
合った格安旅行方法
旅の準備や注意点
食事や買物
観光スポットなど紹介
芸術の都「パリ」に地中海の
日差しがまぶしい
リゾート地「コートダジュール」
落ち着いたたたずまいを
見せてくれる古き街「リヨン」
など魅力ある数々の街
そして、美食のフランス料理
やファッション、芸術
他にも魅力がいっぱい!





Tweet


くらの旅行記より

リヨンで食事をする
食事を楽しむ

ノートルダムの上からセーヌ川、エッフェル塔
パリの街を眺める

フランスの高速鉄道
鉄道旅行も楽しい



フランスについて思ったことなど時々書いてみます。
その他 フランスについて
思ったこと感じたこと












フランスに訪れての感想
パリやリヨンなどの
町並みの様子
文化や習慣の違い
交通機関や食事など
実際フランスに訪れて
思ったことや感じたことを
まとめてみました。



格安フランス旅行の方法
旅のしかたは人それぞれ
ツアー フリープラン
個人旅行の違い
お得なフランス旅行方法を
まとめてみました。
個人ツアー共にフランス
のみならず
イタリアやイギリス、
スペイン、ドイツなどを
セットして楽しむ人も多い
いろいろ調べて
自分にあった旅をしよう!

パックツアー
添乗員が同伴する
パックツアー
フリープラン
往復航空券+ホテルがセットで
現地自由行動
オプションをつけて
オリジナルティーな旅もできる。
個人旅行
格安航空券やホテル、観光など
別々に手配する。



お得で便利な情報
フランス旅行をするのにあたり
お得で便利な情報をまとめてみました。

行程表や電話番号表を準備しよう!

ユーロは日本で準備しよう

身近で便利なカフェを活用

ビストロで安く気軽に
コース料理を!


高級レストランは
オプショナルツアーで予約したい


便利!パリ・ミュージアム・パス

パリ観光の計画は綿密にたてたい





オプショナルツアー
に参加しよう!

現地発のツアー パリなど
日本語ツアーも豊富なのだ!
観光だけではなく
有名レストランのコース料理
を楽しむプランやクーポン券、
遠方まで訪れたり
ちょっと変わった体験をするツアーなど
その種類は豊富
個人では面倒な手配も
してくれるのもいい!
インターネットを通すと多くの
プランがあり簡単に
予約できるのもいいのだ!


自由旅行を楽しもう!

自由気ままな旅をしたいが
日本と勝手が違う海外は不安だし心配
そういったニーズに
答えるためにも、航空券やホテル
オプショナルツアーや
クーポンなどを組み合わせ
個人旅行がありながらも
自分の好みに合わせて
セットできる選択型の旅行もできる。
パックツアーの自由行動日や
フリープランを使って
小個人旅行をする方法もあるのだ。
経験と調査から自由旅行方法
についてまとめてみました。






ヨーロッパ(フランス )
出発までに準備や
チェックしたいこと

ヨーロッパの旅行を
するのにどのようなプランをたて
どのような手配ををしたか
そしてどのような確認が
必要かまとめてみました。


出発までの準備
ヨーロッパへ行こう!そう決めて
から出発までの下調べにチケット
などの手配 荷物の用意など
どのような準備をしたのか
まとめてみました。個人旅行
の他 ツアーでも参考になります。

旅の持ち物
パスポートにチケット 海外旅行保険証
といった必需品から衣類に筆記用具
など、実際にフランス旅行で持って
行った物や持って行けばよかった物
などをまとめてみました。忘れ物は
ないように準備をしたい。
スーツケース 
バックパックについて




気候について

国や地域によって気候は異なるもの
その国や地域の気候について確認
したいもの。日中は暑くても夜は
冷え込むこともあるし、どれくらい
の降水量など季節によっても異なる
もちろん服装も異なるのだ



現地通貨(ユーロ)
について

いうまでもなく通貨は
「ユーロ」EU統一通貨なので
フランスのみならず
イタリアなどにも使えて
ヨーロッパを旅行するのに
便利である。
日本の銀行や現地の
銀行などどこで
両替できるのか?
レートは?
物価はどうなのか?
個人旅行者にとっては
必要な情報 パックツアーで
ヨーロッパに訪れる
人にとっても
知っておきたい情報なのだ。
両替 レートの違い
物価について
まとめてみました。


ユーロに両替
日本円からユーロに両替するのは
簡単であった。しかし、両替する場所
によってレートに開きがあり、それで
旅費が変わることもある。どこで両替
するのがいい? T/Cやクレジット
は便利であるかまとめてみました。
物価は?
いうまでもなく為替の変動により
物価も大きく変動するものだ!
ユーロに換算するとどれくらいか?
1ユーロを日本円に置き換えると
どれくらいの値段に感じるのか?
経験や調査からまとめてみました。
ユーロに慣れよう!
日本なら無意識に円を使っているが
フランス旅行中はユーロ通貨を使う
ことになる。紙幣とコインに分かれるが
慣れない外貨どのような種類があるか
をある程度把握したいものなのだ。
小銭だらけにならないようにしたい。

参考
1日の出費
パリでの1日の出費を
まとめてみました。



空港までのアクセス
とヨーロッパまでの
飛行機の旅!

フランスやイタリアまでは
10時間以上もの
フライト時間となる。
狭い機内であるが、
できるだけ楽しく
すごしたいもの!
例えば
空からの眺め
砂漠や草原、
広大なシベリアの森林、
そして西洋風の家々が
見えたときはヨーロッパ
を想わしてくれた。
せっかくだから
空港も楽しもう!
いろんなサービスや
施設があるのだ!
他にも、成田空港や
アクセスと搭乗手続き
機内での過ごしかた
などまとめてみました。


空港までアクセス
成田空港や関西国際空港の
アクセスを鉄道やバスタクシーなど
に分けてまとめてみました。他にも
前日に到着して空港近くのホテルに
泊まる方法もある。自分にあった
期間を選びたい!

空港での手続き
いよいよ空港に到着 チェックイン
をしてセキュリティーチェックや
出国審査をおこない。いよいよ
搭乗ゲートに出る。レストランや
喫茶店 会員などのラウンジサービス
などの設備もあるのだ!

機内での過ごしかた
日本からヨーロッパ(フランス)までは
直行便でも10時間以上はかかる。
その間の機内食にドリンクサービス
機内映画や免税品の販売、そして
窓からの風景や機内でどのように
過ごしたか?経験からまとめました。

海外の空港で乗換
(トランスファー)

ヨーロッパまでのフライトとなると、
アジアや中近東など
途中で飛行機を乗り換える
人も多いと思う。
(トランスファーという)
多少時間はかかるものの
その方が安いこともあるのだ。
経験や調査から
トランスファーについて
まとめてみました。
降り立った国にて観光や食事
を楽しめることもある。





フランスの街を歩く

ツアーでも自由時間を
活かしその国や地域の街を
歩いてみたいもの
パリの街を歩いた経験から、
どのように計画して
歩いたのか自分なりに
まとめてみました。



街歩きの方法
個人旅行はもちろん、
現地自由行動のフリープラン、
そしてパックツアーの自由行動日
などを利用して街を自由に
歩いてみたい。
街歩きの楽しみかたに
ついてまとめてみました。





フランス鉄道旅行
を楽しもう!

鉄道の本場ともいえる
ヨーロッパ、速くて便利
な交通機関
レイル・パスを
使うことにより
個人周遊旅行での
交通機関は鉄道が
主になることもあるし
ツアーでも自由時間を
活かしてTGVなどを
利用するのもいいのだ!
経験と調査から
フランス(ヨーロッパ)の鉄道
について
まとめてみました。


フランス(ヨーロッパ)鉄道旅行
鉄道の種類や座席や寝台車などの
種類 そして鉄道の
利用方法などまとめてみました。
有名なTGV(高速鉄道)を利用したり
国境を越える夢の
ヨーロッパ鉄道旅行など、
魅力がいっぱい
個人旅行者の他、ツアーでも
鉄道を利用する場合の参考になります。

TGVを利用して
フランスといえば世界最速とも
いわれる高速鉄道「TGV」
速いのでフランス国内移動
はもちろん、
国際移動としても便利なのだ!
個人旅行で利用するもいいし
ツアーでも利用することがある。
日本でもチケットの
手配が可能なのだ

国際夜行列車の旅
パリからローマまで
国際夜行列車「アルテシアナイト」の
旅をしました。
夕方 パリを出発 朝
目が覚めると地中海地方を想わす
風景が広がる
イタリアに入ったのだ!
感動的な旅である。






旅行中の食事
ホテル
お土産について

グルメの国として有名なフランス、
高級料理だけではない
バライティーに富んだ
食事を楽しめる。自分好みの
ホテルで快適に過ごしたい!
食事を楽しむも、
西洋風のホテルに泊まるも
フランス旅行の魅力だ!

食事について
グルメの国フランス、本格的な
フルコースにカジュアルレストラン
ビストロそして生活感を感じるカフェ
などフランスの食を満喫したい!
利用方法や予算などまとめました。
ホテルについて
高級感あふれるホテルからお洒落な
プチホテル、
そこに生活している気分に
なれるアパートメント、バックパーカー
などに人気のユースホステルなど
その種類は多種多様なのだ!
お土産を買う
旅の思い出そして
みんなの送るのに
お土産を買ってくる
旅行者は多いはず
身近な品からそこそこ高級な品まで
どのようなところでお土産を買えば
いいのか?まとめてみました。






パリへ行こう!

フランスといったらまず訪れたいの
が首都「パリ」である。
ルーブル美術館に凱旋門 
エッフェル塔にノートルダム寺院な
ど魅力的なみどころがいっぱい
そして街そのものが芸術的で
魅力的なのだ!どのように
歩いたのか?パリの交通機関に
観光スポットや食事など
実際に訪れた経験から
まとめてみました!
数日かけてゆっくりと
歩いてみたい!


パリはこうなっている

そもそもパリの街は
どのようになっているのか?
どのエリアにどのような魅力
そして観光スポットがあるのか?
交通機関に食事 観光など
実際に訪れて感じたことや
その後の調査
からまとめてみました。
ちなみにパリ発の
オプショナルツアーも
充実していた!

パリに訪れたらここを歩きたい
自分の経験からサン・ルイ島や
シテ島 モンマルトルなど
歩いてみたい
エリアをいくつか
ピックアップしてみました。
パリは街そのものが魅力的
途中カフェに立ち寄ったりして
ゆっくりと街歩きを楽しみたい!

自分はパリをこうまわった
4日間かけてパリに滞在してみました。
観光に食事 食事など
その間どのようなところをまわり 
どのように楽しめたか
まとめてみました。
せっかくのパリ滞在を満喫したい。

パリの宿泊について
パリには多くの
宿泊設備がある。
どのような宿があるか
まとめてみました。


パリの交通について
地下鉄や路線バス、RERに
タクシー、観光バスなど
いろんな移動方法がある。
それらを使い分けて
その人に合った旅行を楽しみたい!
経験と調査から
どのような交通機関があるか?
どのように利用すれば
いいのかまとめてみました。

地下鉄


路線バス


 RER(高速郊外鉄道)


オープンバス


タクシー


   パリのレンタサイクル
ヴェリブ



パリの観光について
多くの観光スポットが集まるパリ 
実際に訪れたスポットを中心
にまとめてみました。
簡単にはまわりきれない
観光スポット 楽しくそして
手際よくまわって
みたいものだ!

ノートルダム大聖堂


ルーブル美術館


サン・ルイ島


   セーヌ川クルーズ


凱旋門


エッフェル塔


モンマルトル


オペラ・ガルニエ


コンシェルジュリ


サント・シャペル


オルセー美術館


ベルサイユ宮殿


ベルサイユ宮殿の行きかた


ベルサイユ宮殿に訪れて


パリでの食事

パリに行ったら
グルメも満喫したい!
予約が必要な本格的な
コース料理から
街角にある
カジュアルレストラン「ビストロ」
にカフェなど下調べもしっかりして
いろんなグルメを
楽しんでみたいのだ!
本格フランス料理


カフェを楽しむ


ビストロを楽しむ


テイクアウト




パリ ルーブル美術館
ルーブル美術館前にて


リヨンの魅力

フランス第2の都市リヨン、
落ち着いた、たたずまいの中
フルビエールの丘や旧市街といった
レトロな街や教会が建つ。
そしてグルメを楽しむのもいい。
高級レストランの他
庶民的な店も多く
気軽に名物料理を楽しむことが
できるのだ!場所もよく
パリからTGVで2時間程度なので
パリからの小個人旅行もできたし
フランスツアーでも
訪れることあった!


リヨンの魅力
リヨンの行きかたや
どのようにまわったかを書いてみました。
ノスタルジックな旧市街を
歩いて名物料理のランチ
丘の上から眺める
感動的な風景など
都会のような喧騒もなく
半日〜1日でも十分に
楽しむことができたのだ!

フルビエールの丘


旧市街を歩く


フランス リヨンの街角にて
リヨン 旧市街の街角にて



ニース

フランスでも代表的な避暑地
地中海と日差しと
街の雰囲気がよかった。
フランスを代表する
避暑地である。


コートダジュール ニース
モナコを経由してニースに
立ち寄ってみました。
地中海の美しい海と強い日差し、
美しい町並みが魅力
夏のシーズンに訪れたとき
多くの旅行者で賑わっていた。


フランス コートダジュールニースへと向かう
コートダジュール
ニースへと向かう。




その他

注意したいと思ったこと

自分の経験上不安に
思ったことや注意した方が
いいと思ったことを
まとめてみました。

フランスの歴史(ブルボン朝
長いフランスの歴史の中で
絶対王政で有名な
ブルボン朝(ルイ王朝)時代
(1589〜1792年 1814〜1830年)
について簡単にまとめました。

フランス一人旅
「自由気ままな一人旅をしたい」
そういった旅行者も多いはず
旅慣れている人、
下調べをしっかりしているなら
一人旅も不可能ではない。


リンク集






Tweet






(注意)
08年7月の
フランス(ヨーロッパ)
旅行経験とその後の
調査による。
主観的な内容も
含まれており、
人による視点に違い
状況の変化、その他
、実際と異なることもあります。
参考程度に、
自己責任で
調査をしてください。