台湾旅行より

一人旅の方法

日本から近く気軽に行ける台湾!
台北を中心に多くの日本人旅行者を見かけた。
層も広く家族や友人、夫婦などさまざま
また、一人で台湾旅行を楽しむ人も見かけた。
台湾一人旅についてまとめてみました。



一人で自由に歩いてみたい
(台南にて)












トップ
台湾旅行


いろいろ調べてお得な旅をしよう!
格安台湾旅行方法


一人旅なら個人旅行も多いだろう
より自由な旅を楽しみたい

一人参加可能のツアーもあるが、一人旅なら個人旅行をする人も多いだろう。
ツアー(フリープラン)の多くは2人1部屋で考えているので
一人参加だと一人部屋追加料金がかかる。
ホテルによるが台北4日で1万円とか3万円とかではないか?
安い宿でもいいなら個人旅行にした方が安いこともあるのだ。
そして
何よりも自由というメリットがある。
鉄道やバスを利用して台湾周遊旅行をしたい
ツアーでは泊まらないようなゲストハウスや民宿に泊まったり・・・
個人旅行ならではの魅力がある。


せっかくの一人旅 自由気ままに旅をしたい!


航空券はもちろんホテルの予約もネットで簡単!

以前は個人旅行のといえば格安航空券だけ手配
バックパックを背負って、現地で宿さがしなどをする。
というのが定番であった。
しかし、今はインターネットを使えば
航空券(格安航空券や正規割引航空券)の他
ホテルも高級ホテルはもちろん
エコノミーホテルにゲストハウスのドミトリールーム(相部屋)
だって予約できてしまう。いうならゲストハウスは
情報なしに現地で探すのは難しい
ネットで予約した方が楽だし、値段も1人1泊1千円台2千円台もザラ
オプショナルツアーを通してグルメのクーポンの手配もできるのだ。
他にも空港の送迎など細かな手配も可能もできるのだ。
しかしながら
街中の観光スポット
地下鉄などの利用方法や食事など
ある程度下調べはしたいものだ。
出発までの計画に自分が台湾個人旅行をするのにどのような
計画、準備をしたかまとめてみました。

 
観光ホテルでもゲストハウスのドミトリー(相部屋)でもインターネットで予約できる。


食事について

一人旅で一番 不便に感じるのは食事である。
台湾の場合は屋台や一般的な食堂も多い
また、ファーストフード店も多く一人でも
気軽に食事ができるところが多い。
ただ、本格的な台湾料理のコースとなれば
少々抵抗を感じる人が多いかもしれない。
全く一人で入れないわけではないので
慣れかもしれない。
注意したいのは基本的に中華料理を皿で
みんなで取り合って食べるのだ。
3人いれば3皿注文 5人なら5皿と
人数が多いほど多くの皿になる。
自分の場合
小サイズの皿を2つほど注文した。
それでも結構 お腹ふくれた。


一人旅なら小サイズのお皿で注文した


自己責任

一人旅に限ったことではないが個人旅行の場合
自己責任となる。例えば航空会社やホテルとトラブルがあっても
手配した旅行会社は何もしない。あくまで手配しただけなのだ。
また、宿の予約をせずに現地で宿さがしをする旅行者もいると思う。
自分の経験上 台湾の主な街で宿がなくて困ったことはないが
例え、なくても自分の責任だ。
しっかりと下調べをしよう。
もっとも格安フリープランなどもトラブル発生時など
旅行会社がバックアップしないことがあるので
しっかり下調べはしたい。


一人参加OKのフリープラン
往復航空券+ホテルセットで安心
一人旅なら個人旅行が多いと思うが、不安な場合
ツアーがいいと思う。台湾旅行で多いのは
往復航空券+ホテルがセットになったフリープラン
台北3日間とか4日間といったプランだ。
添乗員は同行せず原則として現地自由行動
送迎など一部を除き 団体行動でないので
一人旅だから浮くという心配はないだろう。
フリープランといっても多種多様で
本当に往復航空券とホテルのバウチャーが添付ファイルで
送られるだけということもあるが
旅行会社によっては
桃園国際空港~ホテルの送迎
無料で携帯電話を貸出し
困ったときに現地オフィスへ連絡できる
というようなサービスを設けていることもある。
自分好みのプランを見つけたい。
なお
2人1部屋で考えているので
1人参加なら1人部屋追加料金がかかる。

オプショナルツアー
せっかくの一人旅 台北などの街中を自由気ままに歩いてみたいが
公共交通機関を利用しなくては不便な場所(忠烈祠や故宮博物院 九分など)
言葉も通じないし不安という人もいるだろう。
その場合 便利なのが現地発のオプショナルツアー
台北市内観光の他 郊外へ観光するツアーなどさまざま 日本語ツアーも豊富だ。
グルメやエステといったツアーもあり
ただ、一人だと浮いてしまうのでは?
と思う人もいるだろう。
確かにまわりはグループばかりで自分だけ一人ということもあるし
逆に、知り合った人と親しくなり、旅のいい思い出になったこともある。
なんともいえない。

周遊旅行
台北3泊4日のフリープランにした場合
ホテルは1つに絞られる。
つまり
3日目に個人で花蓮へ行くからホテルキャンセル
と言っても応じてはくれないのだ。
(その分安くはならない)
フリープランで台湾周遊旅行は難しい
しかし
台湾沿岸部など交通の便はよく
台湾高速鉄道を使えば、台北から高雄まで日帰り観光も可能
台北を拠点にかなり遠方まで行くことは可能だ。


フリープランに参加して街を歩くことも


一人旅限定のツアーも!?
海外は不安!という人のために

一緒に台湾旅行する人がいない、でも一人ではどうしても不安
という場合は パックツアーとなろう。しかしながら
みんなグループ 自分だけ一人というのは浮いてしまう
旅行会社では一人旅限定ツアーを設定していることもあり
活用してみたい。

毎日出発ではない
基本的にパックツアーの出発日は指定されているし
ある程度人が集まらなければ催行されないことがある。
日程が合わず フリープランにする人もいた。


一人旅限定ツアーおすすめ旅行会社
クラブツーリズム

台湾は多くの旅行会社がいろんなプランをだしているが
一人旅限定ツアーというのは数少ない
その中でも興味を注いだのはクラブツーリズムの
おひとり参加限定ツアー、みんな一人旅なので安心だろう。
中には女性一人旅限定なのもあるのだ。

詳しくは



















トップに戻る
台湾旅行



07年9月の経験と調査によるものです。
実際と異なるものや、状況が変化していることも考えられます。
自己責任のもとで調査をお願いします。