格安台湾旅行

格安航空会社LCC

ジェットスターやバニラエアーなど
よく聞かれる格安航空会社(LCC)
その名のとおり条件次第では
台北(桃園国際空港)まで往復
2万円前後という破格で売られる
こともあるのだ!自分の経験から
LCCについてまとめてみました。
(一部 国内線のLCCの写真を使ってます。)






 ツイート




 くらの旅行記

 台湾旅行の情報
 
 台湾はこうなっている
 
 格安台湾旅行方法
  フリープランで台北をまわる
  台北とその周辺に訪れる
  台北ともう一つの街に訪れる
  台湾周遊
  格安航空券で台湾旅行を楽しむ
  格安航空会社(LCC)
  初めての海外!でも自由な旅を!
  オプショナルツアーの魅力

 旅行前の準備
  出発までの計画
 台湾旅行をしての感想
 旅の持ち物
 海外旅行保険について

 旅の予算とレート
 円と元のレート
 台湾の日程と旅費について
 台湾の物価

 台湾までの道
 飛行機の旅(往路)
 1日本出国手続き
 2機内の様子(往路)
 3台湾入国手続き
 空港からのアクセス
 飛行機の旅(復路)
  1台湾出国手続き
  2機内の様子(復路)
  3日本入国手続き

 台湾の食事
  中華(台湾)料理
  民族(原住民)料理
  一般食堂で中華料理
  一般食堂で麺類など軽食
  茶芸館でお茶
  鼎泰豐で小籠包
  駅弁などの便當(弁当)
  ファーストフードや喫茶店

 台湾の市内交通機関
  観光バス(ツアー)
  MRT、地下鉄
  路線バスを利用する
  タクシーを利用する
  その他(レンタサイクル等)
  イージーカードについて

 夜市を歩こう!
  士林観光夜市(台北)
  華西街観光夜市(台北)
  師大夜市(台北)
  臨江街観光夜市(台北)
  六合国際観光夜市(高雄)

 台湾旅行での宿
  ホテル
  安ホテル
  旅館・旅社
  民宿
  ゲストハウス
  サウナ(三温暖)に泊まる

 台湾鉄道旅行方法

 長距離バス

 台北の楽しみかた

 台北観光スポット
  故宮博物院   忠烈祠
  中正記念堂   龍山寺
  孔子廟      保安宮
  TAIPEI101   占い横丁

 台北街めぐり
  台北駅周辺   迪化街
  南門市場    西門町
  天母

 台北郊外
 九分(きゅうふん)
 淡水の魅力
 新北投温泉

 高雄の魅力
 高雄の行きかた
 蓮池潭  澄清湖
 東帝士85ビル

 花蓮へ行こう!
 旧駅跡周辺  阿美文化村

 太魯閣峡谷について
 太魯閣峡谷の行きかた
 太魯閣峡谷の観光スポット

 台中の魅力

 台南について
 赤カン楼  台湾府城隍廟

 阿里山について
 阿里山中心部  森林鉄道
 森林遊楽区  御来光 祝山

 南部横貫公路
 宝来温泉  桃源








最近はLCCもよく見かけるようになった


とにかく安い格安航空会社LCC
片道で1万円前後ということも!
一時 話題となったLCC(ローコストキャリア)
徹底したコスト削減を行って、格安に利用できる航空会社だ。
桃園国際空港(台北)や高雄など日本から台湾へ乗り入れているLCCもある。
例えば ジェットスターやバニラアエアー、スクートといった航空会社だ。
航空運賃も中には1万円以下が表示されていることもあり
かなりのお得感を感じるのだ。
ちなみに
日本航空や中華航空など
従来のサービスを提供する
航空会社は「レガシーキャリア」といって比較している。

ネットで簡単に購入できる。
LCCの場合 インターネットで簡単にチケットを購入することができる。

LCCが誕生する前、格安に飛行機を利用するとなれば
「格安航空券」が有名であった。
の格安航空券がお得な価格で売られることが多い。
ただ、格安航空券とは旅行会社の団体ツアーのバラ売り
といった形、あまりにも安い格安航空券ともなれば航空会社未定
などとなっており、はっきりとしないこともある。
また、利用便が分かっていても、空席があるか旅行会社に
問い合わせなくてはいけなく手間である。
LCCの場合、直接航空会社のサイトを開いて
空席チェック、すぐに購入できるので便利である。
もっというなら片道だけの航空券も可能
往復割引がないことも多いので
ネットで片道ずつ安い航空券のチェック
往路がバニラエアー 復路がジェットスター
という組み合わせも可能なのだ。
注意したいのは
片道の航空券だけで帰りは現地で調達する場合
査証が必要となることもあり
台湾旅行前に往復の手配はしておきたい。

ちなみに
レガシーキャリアでも正規割引航空券があり
ネットで簡単購入できるが少々高い感じがする。

フリープランだと、さらに安いこともある
格安航空会社のサイトを開き直接チケットを購入することもできるが
旅行会社を通してLCCの格安航空券やLCC利用のフリープランを
利用するとさらに安上がりになることがあった。
シーズンによるが
例えば
LCC利用の台北3日間で19,800円
往復航空券+ホテル2泊セット
など
往復航空券にちょっと足すだけで
台北のホテルで2泊できることになる。
(2人1部屋を基準としているが)
旅行会社をとおしてチェックしてみるのもいいと思った。


格安旅行ができる台湾が身近に思える


LCCでなくても安いことも

航空会社の競争が激しくなっているのか
格安航空券やフリープランをとおして
格安プランを出すこともあった。
また、一度に多くの乗客を乗せることから
主要な空港間を結ぶことが多いLCC
空港までの交通費や時間的ロスを思えば
地方空港発のレガシーキャリアを利用した方が
安いと思う人も多いのでは?


中華航空など安いこともあった


安さの理由

言うまでもなく、徹底したコスト削減を行っている。
例えば

メンテナンスを安くするため機材を統一している。
またはその種類が少なくしている。
参考に
B737 A320が多い。
(短距離路線で運行コストが低いとのこと)
席数が200席未満のジェットであり
B777やB787など多く見られる主要な空港で見れば小さく思える。

座席数が多い
その分狭く感じる

少ない機材で多く運行させる。

空港では沖止が多い
経費削減のためボーディングブリッジを使わず

などいろいろだ。。

LCCを利用するのにあたって注意したいところ
先にも述べたとおり徹底したコスト削減をしている格安航空会社、
自分の搭乗経験や調査から
不便やリスクをまとめてみました。

席が狭い

先にも述べたが、なるべく多くの人を乗せて飛んだ方が
コストは安くなる。席の数を多めに設定しているせいか
窮屈な感じがした。


シートピッチが狭い感じがする


機内食などのサービスはない

通常国際便は必ず機内食が出される
ものと言われていたが、LCCは原則付かない
または、事前予約、有料で購入することになる。
ソフトドリンクは付くことがあるようだが、
有料といったことが多い。
コーヒーなどもインスタントコーヒーでかつ1杯300円
などというように有料ということもあった。


コーヒー有料だった


欠航や遅れの可能性が高い

LCC最大の注意点と思っている。
レガシーキャリアと比べて
欠航する可能性が高いのだ。
少ない飛行機であちこちまわっているため、一部 遅れや欠航があれば
連鎖が大きくなる可能性が高い。
例えば
成田空港から台北(桃園国際空港)まで
天候には全く問題ないのに、その前のフライトの天候が悪くて
欠航というのもありうるし、機材整備(機材の不良)で欠航の可能性もある。

(欠航や遅れでも保障もされないことも)
これはレガシーキャリアでも安い航空券の場合ありうるが
欠航した場合、運賃の払い戻しはあっても
他社への切り替えには応じないだろう。
自分も以前 LCCの手配はしたが台風が近づいており
かなり不安な思いをしたことがある。
幸い運行はしたが
欠航となれば、直前に他の交通機関(航空会社)を利用するため
かなりの出費になっただろうし
ハイシーズンなら席の確保すら困難と思えた。
欠航や遅れで
かなりの苦情を受けたという話は聞いたことがある。

困ったときの連絡先
当日 飛行機が飛ぶのだろうか?
心配で航空会社へ連絡するにもなかなかつながらないし
ネットで調べても状況が分からない。
レガシーキャリアでもそういったことはありうるが
LCCの方がその可能性が高いと思った。
ただ
旅行会社のツアー(フリープラン)なら
旅行会社側が対応してくれるかもしれない。

空港にスタッフがいない!?
早めに空港に着いたが自分が利用する予定のLCCのスタッフはもとより
カウンターすらなくて不安になったことがある。
出発の2時間位前にカウンターが開いて安心したが・・・

荷物の重量やサイズの制限が厳しい
レガシーキャリアの場合は23kgまで持ちこみ可能なのに
LCCは10sまででそれ以上になると追加料金が必要になるとか
受託荷物(チェックイン時に預ける荷物)は有料など
LCCの方が厳しいと思った。
自分は
インターネットで持ちこみ可能な荷物をチェックして
旅行前に荷物の重さやサイズを測ったりした。
LCCによって違いはあるが、チケットにもいろんな種類があり
受託荷物20sまで追加料金不要というようなチケットもあった


しかしながら、LCCは破格ともいえる
チケットを出すことが多いし、
ネットで簡単にチケットの手配ができる。
自分自身、LCCを利用することが多くなっている。
ただ、記念旅行など重要な旅行の場合は
レガシーキャリアを利用するツアーなど
安心を重視している。


 






格安台湾旅行方法に戻る


トップに戻る
台湾旅行




スマートフォン



07年9月に旅行
注意)経験とその後の調査からまとめました。
実際と状況が異なっていることもあります。
参考程度に自己責任での調査をしてください。