台湾旅行より

お土産を買う

台湾旅行のお土産 どんな物がおすすめ?
どこで買うのがお得か?費用は、注意点など
自分の旅行経験からまとめてみました。


トップ
台湾旅行

お得に旅をしよう
格安台湾旅行方法


         




土産物屋もよく見られた
(阿里山にて)






目次


1.どこで買うか・値段は?


2.注意点











1.どこで買うか・値段は?

(1)夜市でお菓子をまとめ買い!?
夕暮れ時、多くの屋台が並び
祭りの縁日のような賑わい。
日本人観光客にも人気の夜市だ。
台北の街中にはあちこちに見られるし
台湾の主要な街中には必ずといっていいほど見られる。
庶民的で観光客よりも、地元の人が多いだけに
お得な買物ができることが多い。
士林観光夜市で購入
とはいえ地元の人ばかりの小さな夜市では
お土産にふさわしい品はほとんど見かけない。
そこでおすすめ 士林観光夜市
台北最大規模の夜市で日本人旅行者にも大人気
オプショナルツアーで紹介されることも多い
スケールの大きさに圧倒
歩くだけでも楽しいのだ。
箱詰めのお菓子をまとめ買い
マンゴーやパイナップルの箱詰菓子
1箱100〜150元で売られていた。
1元≒4円とみても1箱400〜600円程度
日本なら1,000円位のボリューム感があった。
バラまき土産によかった。
値切ってみよう!
まとめ買いをすると「おまけ」してくれることもある
自分の場合 10箱買ったら1箱サービスしてくれた。
片言英語で十分
語学力はほとんど不要だ!


賑やかな夜市


お土産にいい品も多い


(2)コンビニや売店を活用
コンビニは沢山ある
台湾の街中を歩くと、コンビニの多さに驚く人も多いだろう。
コンビニやスーパーの品でもお土産になる。
海外旅行の魅力だ。
どんな物があるか?

台湾麦酒(ビール)
台湾の定番ビール
コンビニへ行けば当たり前のように売られていた。
値段は
500t缶で42元 350t缶で35元ほど
1元≒4円と思えば安いし日本ではなかなかお目にかかれない。
免税範囲
確か
アルコール類を台湾から日本に持ち込む場合
免税になるのは
1L×1本まで
それ以上は関税の対象
ビールの場合 1L当たり200円と記憶している。
スナック
コンビニの他、駅の売店で売られているスナック
パッケージが台湾語だから日本から見て珍しい
値段は20〜40元位で売られていたが
お土産用として売られていないので
見た目はお土産らしくないことも
味も日本の物とあまり変わらないことがある。


台湾はコンビニが多い


屋台で台湾ビールを飲む
(お土産にもいい)


(3)観光地のお土産屋
九分・鳥来温泉・太魯閣峡谷・阿里山

九分は台北近くにある代表的な観光スポットである。
台北から半日程度で行けることから日本人旅行者に大人気
オプショナルツアーでも紹介されることが多い。
他にも
鳥来温泉に花蓮近くの太魯閣峡、阿里山など
観光地へ行けば
多くの土産物街をみることができる。
絵葉書など買って日本の友人へ送るのも楽しいものだ。
お茶や珈琲、小物など
台湾土産として有名なのが高山烏龍茶や珈琲などだ。
値段はまちまちで
例えば
高山烏龍茶
安いものは150g200元 3箱で500元
高いものは120g位で1箱300元 4箱1,000元となっていた。
高いものは手摘みらしい。
あまり安いのは美味しくないとのこと


人気観光スポット「九分」を歩く


お茶を買う


(4)迪北街
古き繁華街

清の時代の繁華街として有名な台北の迪北街
今も古き商店街としてその趣がある。
そこでは多くの菓子や飴、漢方薬に柑橘類などが
山のように積まれているのだ。
袋いっぱいに詰めても100元程度だった。
ちょっと変わった土産物にいいかもしれない。


風情ある迪北街


(5)空港で買物
高い が・・・

台湾の玄関口「桃園国際空港」
ただ、値段は高く 夜市と比べ倍以上ということも!
しかし、品ぞろえ豊富、外国人旅行者向けの土産物なので
衛生的だし
持ち込み禁止のリスクも少ない
余った通貨を使う
台湾元を余らせてしまうことが多い。
日本円に戻すことは可能だが
少額なら面倒
余った通貨を使ってお菓子など
ちょっとしたお土産を買った。
タバコなど免税価格
出国手続を済ませ、搭乗ゲートへ向かうと
そこは免税エリア タバコはかなり安く
1カートン200本で2千円程度であった。
(ただし 免税範囲は200本まで)
お酒も安い?と思いきや
高級なお酒ならともかく
ビールなどかえって割高だ。


桃園国際空港で買物


2.注意点

日本への持ち込み禁止品
生肉、果物、植物など

基本的に生肉や果物・植物など持ち込み禁止である。
出国前、日本の空港にも注意書きしてある。
ただ ウッカリということもあるのだ。
例えば
カップ麺に生肉が入っていることがある。

免税範囲か?
免税範囲を超すと関税がかかる

酒やタバコ、香水など
例えば酒は1Lまで
とか
紙巻タバコなら200本まで
香水2オンス
など
免税範囲が決まっている。
それをオーバーすると日本の空港にて申告して税金を払うことになる。

荷物多すぎ!?
お菓子など大量に買うと結構な荷物に

個人で旅行するときはあまりないと思うが。
航空会社などエコノミークラスなら20kgなど
機内に持ち込める荷物にも重さ制限がある。
サイズにも制限があり
それをオーバーすると追加料金がかかる。
今は、通販でもお土産を買うことができる。
高いとは思うが
多量に購入するならその方が安心かもしれない。


日本に持ち込んでいいか出国時に確認しよう!







トップに戻る
台湾旅行


スマートフォン



07年9月の経験と調査によるものです。
実際と異なるものや、状況が変化していることも考えられます。
旅行会社などへリンクしていろいろ調べてください。