台湾旅行より

宝来温泉

深い山の中を通る南部横貫公路沿いにある温泉
大きな街ではないが、宿や食堂、店があり不便を感じないし
夜は静かで落ち着く 長い時間山の中を走ると
ホッと安らぐ空間なのだ。宿場町といった雰囲気もあった。






 ツイート







 くらの旅行記

 台湾旅行の情報
 
 台湾はこうなっている
 
 格安台湾旅行方法
  フリープランで台北をまわる
  台北とその周辺に訪れる
  台北ともう一つの街に訪れる
  台湾周遊
  格安航空券で台湾旅行を楽しむ
  格安航空会社(LCC)
  初めての海外!でも自由な旅を!
  オプショナルツアーの魅力

 旅行前の準備
  出発までの計画
 台湾旅行をしての感想
 旅の持ち物
 海外旅行保険について

 旅の予算とレート
 円と元のレート
 台湾の日程と旅費について
 台湾の物価

 台湾までの道
 飛行機の旅(往路)
 1日本出国手続き
 2機内の様子(往路)
 3台湾入国手続き
 空港からのアクセス
 飛行機の旅(復路)
  1台湾出国手続き
  2機内の様子(復路)
  3日本入国手続き

 台湾の食事
  中華(台湾)料理
  民族(原住民)料理
  一般食堂で中華料理
  一般食堂で麺類など軽食
  茶芸館でお茶
  鼎泰豐で小籠包
  駅弁などの便當(弁当)
  ファーストフードや喫茶店

 台湾の市内交通機関
  観光バス(ツアー)
  MRT、地下鉄
  路線バスを利用する
  タクシーを利用する
  その他(レンタサイクル等)
  イージーカードについて

 夜市を歩こう!
  士林観光夜市(台北)
  華西街観光夜市(台北)
  師大夜市(台北)
  臨江街観光夜市(台北)
  六合国際観光夜市(高雄)

 台湾旅行での宿
  ホテル
  安ホテル
  旅館・旅社
  民宿
  ゲストハウス
  サウナ(三温暖)に泊まる

 台湾鉄道旅行方法

 長距離バス

 台北の楽しみかた

 台北観光スポット
  故宮博物院   忠烈祠
  中正記念堂   龍山寺
  孔子廟      保安宮
  TAIPEI101   占い横丁

 台北街めぐり
  台北駅周辺   迪化街
  南門市場    西門町
  天母

 台北郊外
 九分(きゅうふん)
 淡水の魅力
 新北投温泉

 高雄の魅力
 高雄の行きかた
 蓮池潭  澄清湖
 東帝士85ビル

 花蓮へ行こう!
 旧駅跡周辺  阿美文化村

 太魯閣峡谷について
 太魯閣峡谷の行きかた
 太魯閣峡谷の観光スポット

 台中の魅力

 台南について
 赤カン楼  台湾府城隍廟

 阿里山について
 阿里山中心部  森林鉄道
 森林遊楽区  御来光 祝山

 南部横貫公路
 宝来温泉  桃源







宝来温泉
宝来温泉のメインストリート


宝来温泉とは?
南部横貫公路沿いにある温泉

高雄や台南から台東方面を結ぶ南部横貫公路
まさに秘境ともいうべき道を進むのだ。その中で最も大きな町が
宝来温泉なのだ。しかし秘境の中にある町 小さな宿場町といった雰囲気だ。
宿泊するのによかった。
宿もいくつかあるし温泉でもあるし宿泊地としてよかった。
南部横貫公路はバスの本数も少なく日帰りで行くのはもったいない。
食堂もあるので夜の食事にも不便を感じなかった。
逆に
南部横貫公路沿いには小さな集落がいくつかあり、それらの集落が
台湾旅行のガイドブックに紹介されていることもあるが宿のない集落も多い。
宿があるかは事前にチェックしたい。


宿もあるし宿泊するにもよかった


宝来温泉へ行くには?
個人旅行が一般的

数多くの台湾旅行ツアー(フリープラン)にオプショナルツアー
などが紹介されているが南部横貫公路に訪れるプランは見たことがない。
個人で訪れることになるだろう。高雄や台南から1日数本のバスがでていた。
ちなみに自分の場合
高雄駅前のターミナルを15:30に出発し18:30頃宝来温泉に到着
宿泊をした。自分の場合 宿の予約をせずに現地で宿探しをした。
ほとんどの宿は空室があったが保障できるものではない。
宿の予約サイトに宝来温泉が紹介されていることもあった。
場所は 高雄縣 六亀郷宝来村 である。
旅行者
山奥とはいえコテージが並ぶリゾート風ホテルもあり、宝来温泉を楽しむ
旅行者もいたが、そのほとんどが台湾の人であり日本人旅行者は見かけなかった。
(最も台北や花蓮 高雄などを除くと日本人旅行者はあまり見かけない。)
また、台湾の人はマイカーで訪れる個人旅行者が多いように見えた。
日本の田舎の観光地と同じであろう。日本語もほとんど通じなかいだろう。


宝来温泉の様子
食堂やコンビニ 雑貨屋などがある。

メインストリートは中正路であり、町の端には大きな川が流れている。
ちょうど宿場町といった雰囲気でもある。
町の中にはいくつかの宿があり、メインストリートには食堂に雑貨品の店
コンビニエンスストアーもあった。これだけの山奥にコンビニがることには驚いた。
夜はビールを飲みながら中華料理を楽しむこともできたのがよかった。


台湾ビールと一緒に食事を楽しむ


静かな町である

シーズンによるかもしれないが自分が訪れた経験から賑やかな温泉街ではなかった。
夜のメインストリートは、コンビニや店の明かりはあったがシーンとしていた。
まわりは山で、大きな川が流れているので雰囲気はいいし
しなびた温泉街といった雰囲気でもないのだ。
ちょっと離れると台湾の住宅地といった雰囲気で、
ホテル近くに学校があり朝など朝ともなると通学の子供でにぎわっていた。
いうなら生活の街とも感じた。
お土産屋もないことはないが、店もほとんどが生活用品の店だろう。
メインストリートは一本でそこを外れると住宅地、街をぬけると山や谷だろう。
いずれにせよ違った台湾を味わうことができた。


ちょっと離れるとこんな感じだ


宿(ホテル)の状況

メインストリートの他 宝来温泉の中にはいくつかの宿を確認した。
いくつかの宿をあたってみたところ 田舎でかつ平日である宿代は全体的に安かった。
ちなみに自分は
メインストリートにある鴻来温泉渡暇山荘に宿泊
コテージ風のリゾートホテルといた雰囲気で広くて結構いいホテルだった。
ロビーもあり、大きな温泉(プール?)もあって、
朝食(バイキング)付きで1680元のところ1000元にしてくれた。
余談だがコテージの場合、虫が入ることがあったので窓はあまりあけない方がいいと思った。
他にも
旅館のような宿もあり、1泊800〜1000元ほどだった。
また、メインストリートからちょっと外れたところにも、宿があった。
こじんまりして家庭的な宿が多いようにみえた。
また、観光ホテルのような巨大高級ホテルは望めず、
言葉も中国語(台湾語)か片言の英語位だった。
しかし、ジェスチャーか中国語(台湾語)会話集でなんとかなった。

 
メインストリートにある鴻来温泉渡暇山荘に宿泊 結構いい宿でした。


温泉の様子

無色透明のお湯で 台湾の温泉はぬるいことが多い。プールのような雰囲気も楽しめる。
鴻来温泉渡暇山荘という宿の温泉に入った経験から
屋外で湯船(プール)が二つあり一つは水で、一つはお湯であった。
男女別ではなく水着を着て入る。
ちなみに
台北郊外の新北投温泉の公衆浴場に入ったときも水着であった。
自分は水着を持ってこなかったので、宿近く宝来温泉街の店で水着を買った。


温泉 プール


 






南部横貫公路に戻る



トップに戻る
台湾旅行


07年9月に旅行
注意)経験とその後の調査からまとめました。
実際と状況が異なっていることもあります。
参考程度に自己責任での調査をしてください。