格安台湾旅行方法

ジャンル別にお得な旅行方法をまとめてみました。

      


台湾へ向かって出発!



目次

1.台湾旅行方法
どのような旅行方法があるか?

(1)フリープラン  (2)個人旅行  (3)ツアー



2.ジャンル別に分けた格安旅行方法
ジャンル別にお得な旅行方法を紹介

(1)台北を中心にまわる  (2)台北とその周辺をまわる

(3)台北と他の観光地(高雄、花蓮、阿里山等)へ行きたい。

(4)台湾を周遊したい  (5)航空券だけで台湾へ行く




3.航空会社 安さのポイント
安い航空券を見つけよう!

4.注意点
安さを求めるときの注意点








 ツイート










 くらの旅行記

 台湾旅行の情報
 
 台湾はこうなっている
 
 格安台湾旅行方法
  フリープランで台北をまわる
  台北とその周辺に訪れる
  台北ともう一つの街に訪れる
  台湾周遊
  格安航空券で台湾旅行を楽しむ
  格安航空会社(LCC)
  初めての海外!でも自由な旅を!
  オプショナルツアーの魅力

 旅行前の準備
  出発までの計画
 台湾旅行をしての感想
 旅の持ち物
 海外旅行保険について

 旅の予算とレート
 円と元のレート
 台湾の日程と旅費について
 円と元のレート
 台湾の物価

 台湾までの道
 飛行機の旅(往路)
 1日本出国手続き
 2機内の様子(往路)
 3台湾入国手続き
 空港からのアクセス
 飛行機の旅(復路)
  1台湾出国手続き
  2機内の様子(復路)
  3日本入国手続き

 台湾の食事
  中華(台湾)料理
  民族(原住民)料理
  一般食堂で中華料理
  一般食堂で麺類など軽食
  茶芸館でお茶
  鼎泰豐で小籠包
  駅弁などの便當(弁当)
  ファーストフードや喫茶店

 台湾の市内交通機関
  観光バス(ツアー)
  MRT、地下鉄
  路線バスを利用する
  タクシーを利用する
  その他(レンタサイクル等)
  イージーカードについて

 夜市を歩こう!
  士林観光夜市(台北)
  華西街観光夜市(台北)
  師大夜市(台北)
  臨江街観光夜市(台北)
  六合国際観光夜市(高雄)

 台湾旅行での宿
  ホテル
  安ホテル
  旅館・旅社
  民宿
  ゲストハウス
  サウナ(三温暖)に泊まる

 台湾鉄道旅行方法

 長距離バス

 台北の楽しみかた

 台北観光スポット
  故宮博物院   忠烈祠
  中正記念堂   龍山寺
  孔子廟      保安宮
  TAIPEI101   占い横丁

 台北街めぐり
  台北駅周辺   迪化街
  南門市場    西門町
  天母

 台北郊外
 九分(きゅうふん)
 淡水の魅力
 新北投温泉

 高雄の魅力
 高雄の行きかた
 蓮池潭  澄清湖
 東帝士85ビル

 花蓮へ行こう!
 旧駅跡周辺  阿美文化村

 太魯閣峡谷について
 太魯閣峡谷の行きかた
 太魯閣峡谷の観光スポット

 台中の魅力

 台南について
 赤カン楼  台湾府城隍廟

 阿里山について
 阿里山中心部  森林鉄道
 森林遊楽区  御来光 祝山

 南部横貫公路
 宝来温泉  桃源










1.台湾旅行方法

大きく分けて以下の通り分けることができる。

(1)フリープラン  (2)個人旅行  (3)ツアー




(1)フリープラン
フリープランとは?
現地自由行動

インターネットやチラシで
台北3日間19,800円なんて表示を見たことがある人が多いだろう。
その多くはフリープランといい
往復航空券+現地のホテルがセット
現地自由行動 添乗員やガイドは同伴しない。


フリープランなど現地は自由に歩ける
(台北)



最も人気がある
とにかく安い!

シーズンや条件によるが
東京(羽田)空港から台北までの往復航空券

台北のホテル2泊
で17,800円など

LCC(格安航空会社)の往復航空券よりも安いこともある。

初めての海外旅行でも安心!?
往復航空券+ホテルセットだけ
と聞けば
初めての海外旅行者にとっては不安
しかし
いろんなオプションを付けることで
安心な旅行ができる。

例えば

空港〜ホテルまでの送迎サービス
桃園国際空港に到着 空港で現地日本語係員がお出迎え
台北市内のホテルまで送迎してくれるサービスだ

オプショナルツアーの手配
ホテルまで送迎付 日本語での観光
台北市内のみならず、九分や花蓮 高雄まで行くツアーがある。
他にも
食事や夜市 エステ、エンターテイメントになど
バライティーに富んでいる。


オプショナルツアーで太魯閣峡谷へ行くこともできる。

携帯電話貸し出し

携帯電話はスマートフォンを貸出し
旅行会社によっては台北などにデスクを設け
困ったとき、いつでもサポートできる体制が整っている。






台湾フリープラン
おすすめサイト











オプショナルツアーの
おすすめサイト

観光の他、空港送迎やグルメなど種類は豊富












航空会社やホテルの選択可能
指定された範囲での航空会社(出発時間帯)や
ホテルの選択が可能なことが多い。
日本航空や全日空といった航空会社は高く
スクートやジェットスターといった航空会社は安い
出発時間帯も
往路午前便 復路午後便は高く
往路夜便 復路朝便は安くなる
いうまでもないが
ホテルもアップグレードすれば高くなる。
安いホテルでも悪くはない
旅行会社が紹介するホテルなら
エコノミーホテルでも
部屋は清潔でベッドは広く 快適であった。
エコノミーホテルは
ロビーやフロントが小さく
部屋が狭いことが多いが
MRT(地下鉄)駅が近かったり便利なことが多い。
ホテルは泊まるだけ
外を楽しみたい!
というならエコノミーホテルもおすすめだ。


エコノミーホテルでも快適だった


その他、フリープランについて
激安!航空会社未定!

ときどき台湾3日間12,800円など
破格ともいうべきツアーが企画されることがある。
その多くは
航空会社やホテルが未定というものだ。
(何故 激安!?)
簡単に言えば余り物のバーゲン品みたいなもの
売れ残った商品を集めて激安にして売るのだ。
経験上
夜出国 朝帰国の航空会社で
エコノミーホテルと思った方がいい。

時間的に余裕あるなら
おすすめだ。

3日間より4日間の方が安いことがある
午前便で出国 夕方便で帰国の台湾3日間より
午後便で出国 午前便で帰国の台湾4日間の方が安いことがある。

契約上ではツアーになる
旅行会社を通して手配するのだが
契約上ではツアーとなる。
つまり
旅行会社が企画して募集するという形だ。

そこで以下の注意が必要だ。

(周遊旅行には不向き)
例えば
台北4日間の場合
往復航空券とホテル3泊のセット
台北滞在を目的としているのだ。
高雄や花蓮へ行くので
1泊分キャンセルと言っても応じてきれない。
(その分安くはならない)

(以下の場合は高くなることも!?)
ハイシーズン

GWや夏休み(8月) 年末 土曜日など
値段が2〜3倍位に跳ね上がる。
LCCなど個人で手配した方が安いこともあった。
1人旅
フリープランは2人1部屋で設定されている。
1人参加の場合 1人部屋追加料金がかかり
個人旅行より割高になることもある。
長期滞在
台湾の場合、だいたい3〜5日位で設定していることが多い。
追加料金で最大14日まで延泊できるプランもあるが
あまり長いと個人旅行と比べ割高になることもある。

(ある程度の下調べをしたい)
現地自由行動なので、台北のどこへ行きたいか?
どのようなツアーをセットするか
ある程度 下調べをしたい。









(2)個人旅行
個人旅行とは?
航空券やホテルを別々に手配する

航空券やホテルなど別々に手配して旅行する方法
ツアー(フリープラン)の場合
主催者は旅行会社でお客さんを募集する
のに対し
個人旅行の場合
主催者はお客さんで、旅行会社は手配のみ
といったものだ。
ホテルを予約せずに現地で宿探しという方法もある。

インターネットで細かな手配も
気軽に個人旅行を楽しめる。

インターネットで
お得な航空券、ホテル
グルメクーポンにオプショナルツアー
交通機関の手配など
日本語で細かな手配ができる。
それこそ
ツアー(フリープラン)では紹介されないような
宿泊設備の手配もできる。
今や個人旅行もお得で身近である。

個人旅行がお得な場合
よりオリジナルティーな旅

阿里山や南部横貫公路などツアーでは
なかなか行かない所へ行く場合
台湾を周遊旅行する場合など
個人旅行の方が安いことがある。
1人旅
ツアーでもフリープランでも2人1部屋を基本としている。
1人旅の場合 1人部屋追加料金がかかる。
1人旅専用ツアーもあるが割高になる。
ハイシーズン
GWやお盆 年末などハイシーズンは
ツアーでもかなり割高だ
格安航空券やホテルを
個人で手配した方が安いことがある。


阿里山森林鉄道
(ツアーでもなかなか行けない)



自己責任
現地自由行動

ツアーの場合
飛行機が1日遅れてホテルに泊まれなくても
旅行会社側が保障してくれることが多い。
個人旅行の場合
全てお客さんの責任である。
飛行機が遅れてもホテル側には何の責はない。
キャンセル料はとられるだろう。

(旅行会社もあてにならないことが多いが・・・)







(3)ツアー
台湾4都市周遊など
食事やツアーなどセット

ホテルに食事、ツアー、交通費など全てがセットになったツアー
添乗員や現地係員対応なので
下調べなしでも楽しめる魅力がある。
フリープランは台北など1ヶ所滞在に対し
ツアーなら周遊旅行にいい。

  
ツアーでも個人でもそれぞれ異なるよさがある。

現地係員対応
添乗員なし

添乗員同伴は少なく、空港などに現地係員がお出迎え
観光やホテルの案内といったパターンが多い。
いずれにせよ
フリープランや個人旅行と比べ安心感が高い。

格安周遊ツアーも
3都市周遊で4万円以下!?

パックツアーは割高?と思いがちだが
台北や高雄、花蓮の周遊ツアーで
4万円以下なんてツアーもある。
往復航空券、台湾でのホテルや交通費
一部食事も付いてこの値段
下手な個人旅行より安いこともある。


台湾新幹線で周遊するツアーもある


地方空港発もおすすめ!?

成田空港や関西国際空港発が多いが
小松空港や仙台 新千歳空港など
地方から出発するツアーもあり

毎日出発ではない
ある程度人数が集まらないと催行できない
安いツアーなど平日出発など出発日が限られる。


台湾ツアー
おすすめサイト














2.ジャンル別に分けた格安旅行方法

以下のとおり分けました。

(1)台北を中心にまわる  (2)台北とその周辺をまわる

(3)台北と他の観光地(高雄、花蓮、阿里山等)へ行きたい。

(4)台湾を周遊したい  (5)航空券だけで台湾へ行く









(1)台北を中心にまわる
台北だけでも楽しめる

台北が台湾の中心であり
観光にグルメ ショッピング(市場めぐり)など
台北だけでも台湾を満喫できる
最も安く
そして気軽に
台湾旅行を楽しむことができる。

台北フリープランが一般的
台北だけをまわるならフリープランを利用した方が
安いことが多い。
台北3日間や4日間なら往復航空券と同じ値段で
ホテル+航空券のセットになることがある。

個人旅行
格安航空券やホテルなど別々に手配して訪れる個人旅行
1人旅やGW お盆 年末などハイシーズン出発なら
個人旅行の方が安いことがある。


詳しくは下をクリック

台北をまわる





台北だけでもみどころは多い
(忠烈祠にて)







(2)台北とその周辺をまわる
台北だけではもったいない!?

台北だけでも楽しめるがせっかくの台湾旅行
周辺の風情ある町や農村そして温泉などへも行ってみたい。
九分や鳥来など台北周辺には魅力的な観光スポットが多い。
九分など日本人旅行者の多い観光地でありながらも
ちょっと離れればそこは観光化されていない素朴な世界が広がる。
それに台北から安く気軽に訪れることができるのだ。
より満喫した台湾旅行を楽しめるだろう。

行きかた
「台北+九分4日間」とか「台北+鳥来温泉4日間」といった
あらかじめセットされたツアーに参加する。

フリープランもしくは格安航空券のみの個人で台北に訪れて
台北からオプショナルツアーもしくは個人で切符をとって訪れる方法がある。

海外は不安 安心を重視したいなら
あらかじめセットされたプランに参加するのがいいし
格安旅行を求めるならフリープランで台北に訪れて
台北から個人で訪れる方がいいと思う。
好みは人それぞれであろう。



詳しくは下をクリック

台北とその周辺を訪れる





台湾人気観光スポット「九分」を歩く
(格安台湾旅行)






(3)台北と他の観光地へ行きたい!

台北が台湾の中心となるが 高雄や花蓮(太魯閣峡谷) 台南など
台湾には他にも魅力的な街は沢山あるのだ!
そういった街にも訪れてみたい!
花蓮(太魯閣峡谷)や阿里山など地域性を感じるような魅力的な観光地も多いのだ。
行きかた
台北+花蓮(太魯閣峡谷)5日間というように
あらかじめセットされたツアーに参加する方法(パックツアーに近くなる)
フリープランや個人旅行で台北に訪れて
そこからオプショナルツアーで高雄や花蓮などに訪れる方法
別々にチケットを手配して 個人旅行で訪れる方法などが挙げられる。

あらかじめセットされたツアーに参加した方が安心だが
台北フリープランと台北からのオプショナルツアーを
セットにした方が安いことが多い。
しかし
花蓮や高雄など地方都市での宿泊ができない。
個人旅行で訪れた方が自由で安いことが多いが
それなりの下調べを求められるなどいろいろだ


詳しくは下をクリック

台北ともう一つの地域へ行きたい





高雄へも行ってみたい!
(格安台湾旅行)






(4)台湾を周遊(1周)したい!

せっかくの旅行 台湾各地のいろんなところへ行ってみたい!
台湾はそれほど広くはないうえに交通機関が発達しているので
短期間でも周遊旅行を楽しめるのだ!
行きかた
周遊旅行ともなれば、ツアーに参加するか
バスや鉄道のチケットを手配して個人旅行を楽しむかになる。
ツアーの方が安心で、5日位で手際よくまわることができる。
個人の方が自由気まま
ツアーでは訪れないようなところに訪れることができる。
思わぬ感動に出会える可能性が高いが
思わぬトラブルに巻き込まれる可能性も高い。
旅慣れた人向けだろう。
どちらが安いとも判断しにくいのだ。



詳しくは下をクリック

台湾を周遊しよう





太魯閣峡谷に入る
(格安台湾旅行)






(5)航空券だけで台湾へ行く

往復の航空券だけで台湾旅行をするのだからほぼ完全な自由旅行だ。
そこそこの旅行知識やそれなりの自己責任も問われるが
あまり観光客が訪れないような地域に訪れるなど
自分のオリジナルな旅をつくることもできる!
ホテルなど現地で探すこともできるが、
日本の旅行会社を通しインターネットなどで予約することも可能だ。
インターネットの普及でより自由な旅行を便利に!
最近はインターネットの普及で格安航空券とホテルの手配を
バラで行うことができるようになっている。
他にも
ツアーや食事(レストラン)の予約などバラでおこない
より自由な台湾旅行が格安にできることもある。
また、最近は格安航空会社(LCC)もあり
ネットで簡単に安く手配できる。


詳しくは下をクリック

格安航空券で台湾旅行


格安航空会社(LCC)



ツアーではなかなか行けないところもある。
(祝山)










3.航空券・安さのポイント
LCC(格安航空会社)が安い!

成田や関西などから台北(桃園)まで
日本航空やチャイナエアラインなど
レガシーキャリアなら
4〜5万円位するのに対し
LCCなら2〜3万円程度など
格安台湾旅行をするなら
LCCがおすすめである。


やっぱりLCCは安い!


LCCでも値段の差がある

LCCと言っても台湾便は
ジェットスター、バニラエア、ピーチエアライン、スクートにタイガーエアー
などその数は多く、値段に差があり
2倍位差が開くこともある。
さらに
条件によって値段が変動することが多く
「〜航空が安い」と判断も難しい。
行きと帰り別々の航空会社にするのもいい
LCCの場合、往復割引というのがなく
安くするために、行きと帰り別の航空会社を利用する方法がある。
レガシーキャリアが安いことも?
安い順で航空券の一括検索で調べると
その多くはLCCが占めるがエバー航空など
まれに
レガシーキャリアが安く提供されることがある。
機内食やアルコールなどドリンクのサービスがあるなど
LCCと比べるとお得なことがある。

航空券の一括検索
LCCの場合、直接航空会社のサイトから予約ができるが
航空会社ごとに検索するのは、かなりの手間
最近は
多くの航空会社を一括に検索できるサイトもあるのだ。


おすすめサイト









4.注意点
安さの理由

例えば
LCC(ジェットスターやバニラエア)は
レガシーキャリア(日本航空や中華航空)より
安いのが一般的
理由としてよく紹介されるのは

機内食やドリンクのサービスがない(あっても有料)
席が狭い
機内に持ち込めない荷物は別料金がかかる。

といったところだろう。

しかし

レガシーキャリアとてエコノミークラスなら
弁当のような機内食
数p席が広いだけ
千円位の追加に荷物を預けることができる。

それで1万円も2万円も安くなるなら
多くの人はLCCを選ぶだろう。

注意したいのは欠航時など
LCCは保有機材が少なく 欠航リスクが高いと言われている。
例えば
シンガポール〜台北〜成田
と結ぶ場合
シンガポール〜台北が欠航 遅延があれば
連鎖的に成田便も欠航、遅延となる。
さらに
欠航になったとき、払い戻しで済まされるリスクが高いだろう。
高い航空券なら後継便や他社への乗り換えをしてくれることが予想される。
ツアー(フリープラン)においても
安いツアーは
スタッフの手がまわらないなどサービス低下のリスクがある。

自分の場合
ハネムーンや記念旅行など
重要度の高い旅行なら
多少高くても
日本航空や全日空航空会社利用
旅行会社も大手の有名旅行社を利用している

その他 追加料金がかかることが多い
ちなみにその他に個人旅行でもツアーでも飛行機利用なら
空港使用料(成田2060円、関西2650円、台北1060円など)
燃料チャージ(変動あり、07年の台北で7500〜10000円程度か?)
などで7000〜14000円ほど料金が追加されていた。
あと
帰国日が日曜や祝日なら追加料金がかかることも多い。
(大阪〜台北のノースウエスト航空で5000円だった。)

他にも
一人旅の場合 一人部屋追加料金などいろんな追加料金があったが
インターネットでも
電話やメールで聞けば最終的な値段を教えてくれた。


多少高くても安心を買う!?




 






トップに戻る
台湾旅行



スマートフォン



07年9月に旅行
注意)経験とその後の調査からまとめました。
実際と状況が異なっていることもあります。
参考程度に自己責任での調査をしてください。