台湾旅行より 花蓮へ行こう!
台北ともう一つの街にも訪れたい!といえば次は花蓮を選ぶ人
も多いだろう。ここは台湾でも人気観光スポット
太魯閣峡の玄関口であり、アミ族の民族舞踊でも有名だ!
そしてそこは、地方都市としての風情も感じられた。
花蓮は台北から約220kmのところにある。






 ツイート







 くらの旅行記

 台湾旅行の情報
 
 台湾はこうなっている
 
 格安台湾旅行方法
  フリープランで台北をまわる
  台北とその周辺に訪れる
  台北ともう一つの街に訪れる
  台湾周遊
  格安航空券で台湾旅行を楽しむ
  格安航空会社(LCC)
  初めての海外!でも自由な旅を!
  オプショナルツアーの魅力

 旅行前の準備
  出発までの計画
 台湾旅行をしての感想
 旅の持ち物
 海外旅行保険について

 旅の予算とレート
 円と元のレート
 台湾の日程と旅費について
 台湾の物価

 台湾までの道
 飛行機の旅(往路)
 1日本出国手続き
 2機内の様子(往路)
 3台湾入国手続き
 空港からのアクセス
 飛行機の旅(復路)
  1台湾出国手続き
  2機内の様子(復路)
  3日本入国手続き

 台湾の食事
  中華(台湾)料理
  民族(原住民)料理
  一般食堂で中華料理
  一般食堂で麺類など軽食
  茶芸館でお茶
  鼎泰豐で小籠包
  駅弁などの便當(弁当)
  ファーストフードや喫茶店

 台湾の市内交通機関
  観光バス(ツアー)
  MRT、地下鉄
  路線バスを利用する
  タクシーを利用する
  その他(レンタサイクル等)
  イージーカードについて

 夜市を歩こう!
  士林観光夜市(台北)
  華西街観光夜市(台北)
  師大夜市(台北)
  臨江街観光夜市(台北)
  六合国際観光夜市(高雄)

 台湾旅行での宿
  ホテル
  安ホテル
  旅館・旅社
  民宿
  ゲストハウス
  サウナ(三温暖)に泊まる

 台湾鉄道旅行方法

 長距離バス

 台北の楽しみかた

 台北観光スポット
  故宮博物院   忠烈祠
  中正記念堂   龍山寺
  孔子廟      保安宮
  TAIPEI101   占い横丁

 台北街めぐり
  台北駅周辺   迪化街
  南門市場    西門町
  天母

 台北郊外
 九分(きゅうふん)
 淡水の魅力
 新北投温泉

 高雄の魅力
 高雄の行きかた
 蓮池潭  澄清湖
 東帝士85ビル

 花蓮へ行こう!
 旧駅跡周辺  阿美文化村

 太魯閣峡谷について
 太魯閣峡谷の行きかた
 太魯閣峡谷の観光スポット

 台中の魅力

 台南について
 赤カン楼  台湾府城隍廟

 阿里山について
 阿里山中心部  森林鉄道
 森林遊楽区  御来光 祝山

 南部横貫公路
 宝来温泉  桃源








アミ族の民族舞踊
(花蓮)



台北から花蓮や太魯閣峡谷への日帰りツアー
日本語ガイドもいて安心

せっかくの台湾旅行!台北だけではなく地方にも行ってみたい
けど言葉も通じないし不安、それに太魯閣など交通の便が悪く個人で行くのは大変!
そのとき便利なのがオプショナルツアー
現地発の観光だ。台北から花蓮や太魯閣ツアーも豊富
行きかたとしては飛行機で一気に花蓮へ!
太魯閣峡谷や大理石公園などまわるツアーがあり帰りは列車で帰るというパターン
経験上 日本語ガイド同行で安心
日帰りなので個人旅行者の他、フリープランで台湾旅行をしている人におすすめだ!
Alan1.net「アラン・ワン・ネット」がよかった
オプショナルツアー専門サイト

多くの旅行会社でオプショナルツアーを企画しているが
安さの面でよかったのがAlan1・net「ワラン・ワン・ネット」
私もオプショナルツアーに参加するときは利用します。
もし他社の方が高ければその旨を伝えることもできるのだ!
ではサービスが低下するのでは?と思うかもしれないが
どこでも、現地の旅行会社に委託していることが多いので
結局 同じ会社のツアーというのもあるのだ。
ただし メール等で送られてくる予約確認書を持って行くことと
何かあったときの連絡先も必要 万一予約漏れがあったらホテル等を通してすぐに連絡をしよう!

Alan1.netのサイトです
インターネットで簡単に予約できました!





花蓮へ行くには
ツアーで行く
日本から台北・花蓮2都市とか高雄を含め1都市周遊といったプランがある。
4〜5日位で添乗員は同行せず、現地係員が対応というのが多いようだ。
もう一つ
台北からオプショナルツアー(日帰り観光)で参加することもできる。
台北フリープランで参加することも、格安航空券などの個人旅行で参加することも
可能だ。
まわるところは、花蓮というより太魯閣峡谷や大理石工場といったところだろう。
日帰りで帰るのでアミ族の民族舞踊は含まれないと思う。(夜に開演)
台北〜花蓮の移動は列車か飛行機だ。
なお、花蓮駅前やホテルから出る太魯閣峡谷ツアーもあった。

詳しくは下をクリック

格安台湾旅行(台北ともう一つの地域へ行く)

個人で行く
台北からのアクセスはいい

台北から花蓮へは飛行機もあるが列車のほうが気軽に乗れると思う。
台北から自強号(特急)で2時間30分位で30分〜1時間に1本ほど出ていた。
但し、全席指定で満席も多いとのこと。そのときは?光号(急行)もある。
3時間弱で着くのもあれば4時間位かかるのもあった。自強号ほどでは
ないが本数は多かった。
私の場合、花蓮から台北へ行く途中、九分近くの瑞芳に立ち寄った。
(ただし瑞芳は通過する列車も多いので注意したい)


花蓮までの道中車窓を楽しむのもよかった

詳しくは下をクリック

台湾鉄道旅行方法





花蓮のまわりかた
花蓮駅からちょっと離れた旧駅周辺が街の中心となるようだ。
個人旅行の場合
まず、花蓮の繁華街は花蓮駅周辺の新駅とそこからちょっと離れた旧駅に分かれていた。
個人の場合、鉄道で花蓮駅に立ち寄る旅行者も多いのではないか?
花蓮駅(新駅)周辺も賑やかでホテルも多いが、
少し離れた旧駅周辺のほうが夜市があったり街中心部となるようだ。
なお、バスの場合(空港からのバスも含む)新駅と旧駅両方に立ち寄るみたいだ。
鉄道で遅く着いたり、早朝にでるには新駅周辺のホテルに泊まるのがいいと思うが、
花蓮の街を楽しむには旧駅周辺をすすめたい。

ちなみに花蓮駅周辺でホテルの客引きを見たし、ホテル(宿)も多かった。
安宿が多く経験から平日など500元とかかなり安く泊まれた。
しかし、快適さは予約しない以上は経験のみで保障はできない。
自己責任となる。(まあ、大丈夫だとは思うが)
それなりのホテルに泊まりたいなら、予約したほうがいい。
インターネットでも簡単に予約できるし、日本の旅行会社を経由するので日本語可能で
それなりのホテルならその方が安いことも多い。
というか、高級感のあるホテルで空室ありますか?は
あまり一般的だとは思えない。
(ちなみに旧駅周辺にも安宿はある。)

花蓮滞在日数
個人差によるが花蓮に訪れたら、大半の旅行者は太魯閣峡谷へ行く
ので、それで1日かかるだろう。時間がなければツアーをすすめる。
花蓮発でもツアーを企画しており、経験から花蓮駅を7:30過ぎに出発
大理石工場や太魯閣峡谷をまわって16:00前には花蓮駅に到着
その後、個人でアミ族の民族舞踊を観て、後、花蓮の夜市を歩いて
原住民料理を楽しんで宿に帰り、翌朝花蓮を出発といった具合だ。
ツアーについては旅行会社をインターネットなどで調べてみるのもいい。
ツアー(フリープランも含む)の場合
花蓮にある主な観光スポットは郊外にあることが多いので
花蓮の街中に立ち寄ることは少ないと思う。
ただ、花蓮で宿泊する場合、旧駅周辺のホテルに宿泊することも
あるので、ちょっと街を散策するのも面白いだろう。
夜市もあり夜も賑やかだし、台北とはまた違った地方都市の趣があった。

地方都市としての魅力を感じた
私の感想をいえば花蓮の夜市など歩いても
観光という雰囲気ではなく地元の人の街といった感じであった。
しかし、旅行者も少なく、地方都市としての魅力を感じさせてくれた。
ツアーでも夜など時間があれば花蓮の
夜市を歩いてみるもいいかもしれない。



旧駅と新駅の移動
距離にして1〜2km程度、歩いて行けないことはないだろう。
路線バスもあると思うが、面倒だったのでタクシーで移動した。

太魯閣峡谷にも近い
台湾でも有数の景勝地である「太魯閣峡谷」花蓮はその玄関口のようなものだ。
花蓮に訪れたら太魯閣へ行くのが一般的だ!
詳しくは太魯閣峡谷



迫力ある太魯閣峡谷

花蓮は太魯閣(タロコ)峡谷の玄関口!?
台北である人が「花蓮へ旅行したら太魯閣へ行くのが普通」と言っていた。
確かに、花蓮から太魯閣へ行く路線バスや観光バスもあり。
旅行会社のツアーをみても花蓮へ行くというより太魯閣峡谷観光の宿泊先としての
要素がつよいものが多かった。
先にも述べたが昼間に太魯閣峡谷観光して、夜は花蓮の街歩きはよかった。
参考に
台北から日帰りで太魯閣峡谷観光だけをするオプショナルツアーもあった。



花蓮の街と観光スポット
訪れたいくつかの観光スポットを紹介します!
旧駅周辺
夜市もあり、ファーストフードやコンビニもある繁華街
旅行者らしい人は少なく「観光地」という雰囲気ではないが
地元の人と一緒に歩きまわるのもいい思い出になるのではないか?
飲みに行くにもよかった。近くの宿に泊まるなら夜にでも立ち寄って
みるのもいいかも?夜市もあった。

詳しくは下をクリック

花蓮旧駅周辺



花蓮 旧駅周辺


阿美(アミ)文化村
太魯閣峡谷についで花蓮観光で人気があるのがアミ族民族舞踊である。
台湾の山岳部や東海岸沿いには台湾原住民族(先住民族)が
多いといわれている。その一民族であるアミ族の民族舞踊を観る。
観るだけではなく、その中に加わるような魅力もあるのだ。


詳しくは下をクリック

阿美(アミ)文化村



アミ族の民族舞踊






 






トップに戻る
台湾旅行




スマートフォン


07年9月に旅行
注意)経験とその後の調査からまとめました。
実際と状況が異なっていることもあります。
参考程度に自己責任での調査をしてください。