台湾旅行の食事
一般食堂で麺類などの軽食

日本でいえばラーメン屋といったところだろうが、実際はもっとシンプルで安い。
麺類やお粥ちょっとしたご飯類などを扱う食堂もよく見かけた。
街中はもとより小さな田舎でも見かけ安く気軽に食べれるのだ。



格安台湾旅行方法



食堂というよりほとんど屋台のようなところもある!
(台南)








 ツイート






 くらの旅行記

 台湾旅行の情報
 
 台湾はこうなっている
 
 格安台湾旅行方法
  フリープランで台北をまわる
  台北とその周辺に訪れる
  台北ともう一つの街に訪れる
  台湾周遊
  格安航空券で台湾旅行を楽しむ
  格安航空会社(LCC)
  初めての海外!でも自由な旅を!
  オプショナルツアーの魅力

 旅行前の準備
  出発までの計画
 台湾旅行をしての感想
 旅の持ち物
 海外旅行保険について

 旅の予算とレート
 円と元のレート
 台湾の日程と旅費について
 台湾の物価

 台湾までの道
 飛行機の旅(往路)
 1日本出国手続き
 2機内の様子(往路)
 3台湾入国手続き
 空港からのアクセス
 飛行機の旅(復路)
  1台湾出国手続き
  2機内の様子(復路)
  3日本入国手続き

 台湾の食事
  中華(台湾)料理
  民族(原住民)料理
  一般食堂で中華料理
  一般食堂で麺類など軽食
  茶芸館でお茶
  鼎泰豐で小籠包
  駅弁などの便當(弁当)
  ファーストフードや喫茶店

 台湾の市内交通機関
  観光バス(ツアー)
  MRT、地下鉄
  路線バスを利用する
  タクシーを利用する
  その他(レンタサイクル等)
  イージーカードについて

 夜市を歩こう!
  士林観光夜市(台北)
  華西街観光夜市(台北)
  師大夜市(台北)
  臨江街観光夜市(台北)
  六合国際観光夜市(高雄)

 台湾旅行での宿
  ホテル
  安ホテル
  旅館・旅社
  民宿
  ゲストハウス
  サウナ(三温暖)に泊まる

 台湾鉄道旅行方法

 長距離バス

 台北の楽しみかた

 台北観光スポット
  故宮博物院   忠烈祠
  中正記念堂   龍山寺
  孔子廟      保安宮
  TAIPEI101   占い横丁

 台北街めぐり
  台北駅周辺   迪化街
  南門市場    西門町
  天母

 台北郊外
 九分(きゅうふん)
 淡水の魅力
 新北投温泉

 高雄の魅力
 高雄の行きかた
 蓮池潭  澄清湖
 東帝士85ビル

 花蓮へ行こう!
 旧駅跡周辺  阿美文化村

 太魯閣峡谷について
 太魯閣峡谷の行きかた
 太魯閣峡谷の観光スポット

 台中の魅力

 台南について
 赤カン楼  台湾府城隍廟

 阿里山について
 阿里山中心部  森林鉄道
 森林遊楽区  御来光 祝山

 南部横貫公路
 宝来温泉  桃源









街中でも田舎でも見られた
ほとんど屋台みたいなものであろう。
道を歩くと歩道にメニューがぶら下がり、椅子や机が置いてあることがあった。
ほとんど屋台みたいな雰囲気であった。店内で食事ができるといっても至ってシンプルである。
メニューは麺類やお粥といったもので麺といっても日本のラーメン屋の麺よりシンプル
全体的に学校のソフト麺みたいな感じだった。
街中を歩いていても 田舎でも見られることがあった。
地元の人がちょっとした食事に訪れるような店であろう。日本でいう立ち食いそば屋のような感じ?


田舎でも麺類を扱う店は見られた。
桃源にて

安い

安い麺類なら30〜40元、お茶は10元〜、
ちなみに旅行中、特に好んだのはパパイヤミルク(木瓜牛?)だった。
値段は40〜50元位で、どこでも売られ、気軽に飲めるし、座って休めることも多く
疲れもとれた。
言葉
まず日本語も通じなかったし、ほとんど日本語の表示はなかった。
漢字なので麺や飯ならだいたい分かるが、木瓜牛?=パパイヤミルクと連想できるだろうか?
お茶やドリンクなどメニューが多く「〜茶」などは分かるがそれがどのようなお茶かは
連想しにくい。
やっぱり旅行用台湾語会話集やガイドブックにあるメニュー表があれば便利だと思った。
まあ
適当に指をさして注文してもおもしろいし、はずれたことはなかった。
経験から高いほうが美味しく、安いほうがただのお茶みたいで物足りないのが多かった。
最も気軽に台湾の味を楽しめた
麺類やドリンクなどの食堂は、街中でも田舎でも、おおよそどこにでもあったし、
日本では味わえない雰囲気もある。
店は小さかったり、ほとんど屋台のようなところもある。
フルーツドリンクなど買って飲み歩くことも多かった。
さっぱりしているのが多い
お茶やフルーツドリンクの他、麺もさっぱりしておりお粥なんかもあった。
油っこい中華料理に胃もたれをしたときによかった。
お茶やドリンクだけでも楽しめるのが多いのでツアー参加者でもいいかもしれない。
日本だと「こってりラーメン」もあるが台湾ではさっぱりがほとんどだった。
台湾の麺類
(値段は安いが中身はシンプル)

日本のラーメンとはちょっと違うようだ。
台湾にあるちょっとした食堂で麺類を注文すると30〜40元
日本円に換算すると200円もしない位だから格安である。
しかし、日本のラーメンはそれだけでしっかりとした食事になるようなものが多いし
ラーメンが名物という観光地もある。
しかし、私が思うのに
台湾の麺はちょっとした食事(軽食)程度のものであり
学校給食のソフト麺とか駅の立ち食いそば程度のものが普通だと思った。
経験からすると、台湾のラーメンは日本ほどしっかりした食事とは思わなかった。
ちなみに
私は、食事時だけどあまり空腹ではないときや小腹がすいたときなど麺類を食べた。
しかし
台湾でも麺の種類は豊富で
肉など中の具による違い。(それで値段が左右していることが多かった。)
麺も「きしめん」以上に太い麺もあれば細麺もあるし、皿うどんのようなものもあったので
試してみるのも面白かった。


さっぱりした麺
(台湾旅行より)





 






台湾の食事に戻る


トップに戻る
台湾旅行

07年9月に旅行
注意)経験とその後の調査からまとめました。
実際と状況が異なっていることもあります。
参考程度に自己責任での調査をしてください。