台湾旅行の食事

一般食堂で麺類などの軽食

台湾を歩くと〜麺と書かれた店をよく見る、
日本のラーメン屋と比べるとシンプルで、軽食のようなもの
麺類の他、お粥ちょっとしたご飯類などを扱う食堂もよく見かけた。
街中はもとより田舎の集落でも見かけ安く気軽に食べれるのだ。


台湾旅行の情報

格安台湾旅行方法



食堂というよりほとんど屋台のようなところもある!
(台南)








 ツイート






 くらの旅行記

 台湾旅行の情報
 
 台湾はこうなっている
 
 格安台湾旅行方法
  フリープランで台北をまわる
  台北とその周辺に訪れる
  台北ともう一つの街に訪れる
  台湾周遊
  格安航空券で台湾旅行を楽しむ
  格安航空会社(LCC)
  初めての海外!でも自由な旅を!
  オプショナルツアーの魅力

 旅行前の準備
  出発までの計画
 台湾旅行をしての感想
 旅の持ち物
 海外旅行保険について

 旅の予算とレート
 円と元のレート
 台湾の日程と旅費について
 台湾の物価

 台湾までの道
 飛行機の旅(往路)
 1日本出国手続き
 2機内の様子(往路)
 3台湾入国手続き
 空港からのアクセス
 飛行機の旅(復路)
  1台湾出国手続き
  2機内の様子(復路)
  3日本入国手続き

 台湾の食事
  中華(台湾)料理
  民族(原住民)料理
  一般食堂で中華料理
  一般食堂で麺類など軽食
  茶芸館でお茶
  鼎泰豐で小籠包
  駅弁などの便當(弁当)
  ファーストフードや喫茶店

 台湾の市内交通機関
  観光バス(ツアー)
  MRT、地下鉄
  路線バスを利用する
  タクシーを利用する
  その他(レンタサイクル等)
  イージーカードについて

 夜市を歩こう!
  士林観光夜市(台北)
  華西街観光夜市(台北)
  師大夜市(台北)
  臨江街観光夜市(台北)
  六合国際観光夜市(高雄)

 台湾旅行での宿
  ホテル
  安ホテル
  旅館・旅社
  民宿
  ゲストハウス
  サウナ(三温暖)に泊まる

 台湾鉄道旅行方法

 長距離バス

 台北の楽しみかた

 台北観光スポット
  故宮博物院   忠烈祠
  中正記念堂   龍山寺
  孔子廟      保安宮
  TAIPEI101   占い横丁

 台北街めぐり
  台北駅周辺   迪化街
  南門市場    西門町
  天母

 台北郊外
 九分(きゅうふん)
 淡水の魅力
 新北投温泉

 高雄の魅力
 高雄の行きかた
 蓮池潭  澄清湖
 東帝士85ビル

 花蓮へ行こう!
 旧駅跡周辺  阿美文化村

 太魯閣峡谷について
 太魯閣峡谷の行きかた
 太魯閣峡谷の観光スポット

 台中の魅力

 台南について
 赤カン楼  台湾府城隍廟

 阿里山について
 阿里山中心部  森林鉄道
 森林遊楽区  御来光 祝山

 南部横貫公路
 宝来温泉  桃源








1.台湾にある麺店について

屋台やこじんまりとした個人営業店が多い
街を歩くと歩道にメニューがぶら下がり、
椅子や机が置いてあることがあった。
メニューには「〜麺」とか「〜飯」なんて書いてあり
35とか40なんて値段が表示されている。
麺類を扱う台湾の軽食屋といったところか?
屋台であったり、こじんまりとした店であることが多い。


こんな雰囲気の店が多い


味はシンプル サッパリ系

日本のラーメン屋はしっかりとした食事で
コッテリ系もあるのに対し
台湾の麺は至ってシンプル
味もサッパリしていた。
全体的に学校のソフト麺みたいな感じ。
日本でいえば軽い立ち食いそば屋のような感じか?


麺はサッパリした感じだ。(40元)

種類は多い
台湾でも麺の種類は豊富で
肉など中の具による違い。で値段が左右していることが多い。
麺も「きしめん」以上に太い麺もあれば、かなりの細麺もあるし、
皿うどんのようなものもあったので
いくつかの店で食べてみるのもよかった。

麺だけじゃない
麺だけはなかく〜飯とかお粥。お茶やフルーツジュース類もあった。
全体的に軽めで街歩き、小腹がすいたときによかった。
いずれにせよサッパリ系
脂っこい中華料理や食べ過ぎ飲みすぎなどで
胃もたれしたときによかった。


高雄名物の海鮮粥(80元)


気軽な台湾の味

シンプルな料理だが、日本では味わえない味と雰囲気
お客さんのほとんどは地元風の人だ。

値段は?
安い麺類なら30〜40元、お茶は10元〜、
1元3.5〜4円と思えば安い
ちなみに、自分が好んだのはパパイヤミルク(木瓜牛?)だった。
値段は40〜50元位で割高だが
暑い台湾 疲れがとれた。
あちこちで売られていた。


暑い台湾によかった
パパイヤミルク

どこで食べる

都市部はもとより田舎の集落でも見られたし
個人で台湾を歩くならよく見かけるはずだ。
ツアーなら夜市に訪れることがある。
そこに麺類を扱う屋台や食堂があるだろう。


田舎でも麺類を扱う店は見られた。
桃源にて


言葉の心配
(ほとんど心配なかったが・・・)

日本語も通じなかったし、メニューを見ても日本語表示はなかった。
漢字なので「〜麺」「〜飯」「〜茶」なら
どのような物がでるかだいたい判断できるが
木瓜牛=パパイヤミルクと連想できるだろうか?
そこで以下の方法をとった。
(台湾語会話集でチェックした)
旅行用台湾語会話集やガイドブックにあるメニュー表があれば便利だと思った。
気に入ったものに指をさせば大体通じた。
(適当に判断)
当てずっぽでメニュー表指をさして注文してもおもしろいし、
特別「まずい」と思ったことはない。
経験から判断すると値段が高いほうが美味しく、
安いほうがただの麺やお茶みたいで物足りないのが多かった。
衛生上の問題
空港やデパートのフードコートなど一部を除くと
全体的にあまり綺麗な店は少なく
衛生的に不安に思うかもしれない。
自分の経験から判断すれば
食器が汚いなんてことはなかったが
ウェットティッシュを持って
食器や箸など拭くことがある。

2.利用のしかた

店に入る。
店はほとんどオープン、中に入ってみよう。
店ではなく、歩道などに椅子やテーブルが並べていることもあった。

ガイドブックのメニュー表と見比べる
適当に指さして注文するのもいいが
ガイドブックの台湾語会話集と見比べて
気に入った物に指をさせばいい。
だいたい値段は表示してあった。
麺が出される。
時間もかからずササっと食べ終える。
日本の立ち食いソバ感覚

最後にお会計
最後にお金を払って店を後にする。




 






台湾の食事に戻る


トップに戻る
台湾旅行

07年9月に旅行
注意)経験とその後の調査からまとめました。
実際と状況が異なっていることもあります。
参考程度に自己責任での調査をしてください。