格安台湾旅行より

旅行会社の選びかた

年間100万人以上もの日本人旅行者が訪れる人気観光地「台湾」
企画する旅行会社も多く、同じようなプランでも旅行会社によって
同じ旅行会社でも値段やサービスが異なるのだ。もっというなら
格安航空券を用いた個人旅行だっていろいろあり、その人によって
好みがあるのだ。旅行会社の選び方についてまとめてみました。



 ツイート



台北の有名観光スポット
龍山寺












格安台湾旅行に戻る

トップ
台湾旅行の情報



旅行代金の違い

同じようなプランでも倍以上異なることがある
出発日や航空会社の違い
台湾旅行でよく見かけるプランは「台北3日間」とか台北4日間
日本(成田空港や関西国際空港など)から台北(桃園国際空港)までの往復航空券+台北での
ホテルのセットで原則は現地自由行動、実際は空港からホテルまでの往復送迎や
台北市内観光のオプショナルツアーなどがセットになっているプランである。同じようなプランでも
値段が2倍も3倍も異なることもある。もちろん出発日が土曜日 到着日が日曜日による追加料金
年末年始や夏休みゴールデンウィークなどのシーズンによる違い、泊まるホテルのグレードに
利用する航空会社によって値段は大きく異なるもの 売れる商品は値段があがるのだから
なんとも言えない。例えばピークシーズンからちょっとずらすなどの工夫で安くできよう。
同じような条件でも値段が異なることもある。
同じようなプランでも値段が異なることがある。一般的には高いプランの方が信頼性は高いと
思われるが、一概には言えず、人によっては安いプランの方がいいこともあるのだ。


いろんなフライトがあるのと同様 プランもいろいろある


旅行会社による違い

旅行会社によって値段が異なることがある。高くても安心感や満足度を重視している旅行会社もあるし
とにかく徹底した安さを追求している旅行会社もあるのだ。例えばJTB、日本で一番有名な旅行会社
と言ってもいいと思うが、値段が高いと思われがち、しかし、細かな気遣いが評判である。
例えば、台北にはツアーデスクがあり対応がしっかりしている。成田空港のような
主要な空港には現地に受付を設けていることもあり安心度が高い。また、空港からホテルまでの送迎サービス
もある一定以上の時間を待たせない。格安プランであっても、ある一定以上のグレードは保っている。
クレーム対応がしっかりしている。ホテルの部屋なども他の旅行会社よりもいい条件をもってくることがあるなど
ちょっとしたことかもしれないが、旅行はほんのちょっとしたことが大きな不満になり後々残ることもあるのだ。
多少高くても安心を重視する人も多いであろう。
ちなみに格安旅行会社の場合は薄利多売が多いと聞いた。
連絡が遅い、長く待たされたなど、お客さんのニーズとは異なるサービスであったなど
細かな対応が行き届かず不満を持つ人も多いようだが
旅行代金が半分になると思えばどちらがいいか?それは人によって異なると思う。
安心重視の旅行会社 格安旅行会社と2つに分けるのも難しい
最も、「この旅行会社が安い」「この旅行会社は高い」とはっきりとした線は引きにくい
例えば JTBと比較されやすいのがHIS JTBと比べてひとまわり安いと言われている。
ではサービスが悪いのか?と聞かれると、HISも台北など現地デスクを設けていることもあるし
クレーム対応もしっかりしているように思えた。成田空港のような主要な空港には現地に受付を設けていることもあり
安心感もある。では値段は安いのか?と聞かれると、
HISでも「〜航空や〜ホテル確約」というような安心重視のプランなら高くはなるはずだ。
とにかく安い旅行会社
インターネットで調べるとHISより格安旅行会社は沢山ある。
少ない人員で処理する薄利多売を設けていることが多いと言われている。
例えば
クレームや旅行相談の受付もできない、できてもかなり単純な返答・・・
経験上そういった旅行会社もあった。
しかしながら台北フリープランを1万円台とか2万円台前半というような驚き価格で売り出すこともある。
旅慣れている人や下調べをする人にとってはその方がいいこともある。

同じ旅行会社でも違うことがある。
同じ旅行会社で同じようなプランでも値段が異なることがある。
大きな旅行会社では東京支店と大阪支店でプランが異なることもあるようだ。
では何故 値段が異なるのか?よく聞かれるのが売りはじめは高くてその後ドンドン安くなる。
最初にプランを作成して売りはじめる。
出発日、航空会社、そしてホテルなど選択の幅は広いし
〜航空会社 〜便 〜ホテル確約という条件のいいプランを作ることができる。
(条件のいい商品は追加料金がかかるが・・・)
ドンドン売られていき 残った商品が安くなるのだ。
最後には航空会社未定とかホテル未定といったプランが残る。
自分の経験上 未定の場合 旅行代金を支払ってしばらくしてから知らされるパターンが多いが
まれに、予約時に教えてくれることもある。経験上 日本を夜出発、台湾朝出発とか
エコノミーホテル 部屋指定なしというような条件の悪い商品である。
とはいえ条件の悪い商品確約より安く売られるので、
時間帯を気にしない場合はいいと思った。
ちなみに、航空会社未定でも出発日の指定はできるが
「ピークシースン」とか「土曜日出発」というような条件のいい日は
早めに売れてしまうこともある。


格安航空券を用いた個人旅行の場合
インターネットを使えば航空券やホテル、オプショナルツアーの予約、ミールクーポンでも
簡単に購入できる時代、それぞれ別途手配の個人旅行で台湾に訪れる人も多いだろう。
ツアーとほぼ同じで土曜日の午前便など条件のいいチケットは高く売られ
航空会社未定のチケットは安く売られる。
航空会社未定のチケットは、夜日本出発 朝台湾出発というように条件の悪いチケットであった。
参考に
個人旅行というのは、主催者は個人(旅行者)で旅行会社はチケットを手配するのみ
安心重視の旅行会社で手配しても基本的には自己責任である。
例えば
ホテルでトラブルが発生した場合、個人(旅行者)とホテルで対処するものとなる。
旅行会社はホテルの予約手続きをしただけとなる。


空港になる旅行会社のデスク
(ツアーや格安航空券など、ここでチケットを受け取ることがある。)

インターネットでの予約をおすすめしたい。

旅行会社に直接足を運び、手配するのも安心感があっていいと思う。
ただ、インターネットで検索すると多くの旅行会社を比較できるし
同じ旅行会社であってもインターネットだと選択の幅が広がることもあるし
インターネット限定予約を設けている会社もあるのだ。
インターネットでもいろいろ調べてみたい。
自分に合った旅行に出会える可能性が高まるかもしれない。


出発!


どの旅行会社がいいのか?

安心を買うか?安さを買うか?
同じ台北3日間というようなプランでも格安旅行会社なら2万円程度
安心重視の旅行会社なら4万円程度ということがあった。
同じ条件ならば安い方がいいと思うが実際はどっちがいいのか?
自分が思うのに人によって違うと思う。
旅慣れている人や下調べをしっかりする人なら安さ重視でもいいと思った。
まず、旅慣れている人や自分で下調べをする人ならば安さ重視でも問題はないと思う。
というのも、クレームの一つに、おすすめのオプショナルツアーの紹介をしてもらったら
的違いであった。とか、クレームに対応してくれなかった。というようなことがある。
安いフリープランならば、航空券やホテル、その他クーポン等が送られるのみ
(メールの添付ファイルで送られることもある。)細かいことは自己責任と思った方がいい。
しかし、旅慣れている人や下調べをしっかりしているならば、そんなことは聞くまでもないだろう。
余計なお節介になるかもしれない。それに安さは最大の魅力であろう。
あと安いプランだと
空港〜ホテル送迎サービスがあっても出発まで待たされた
とか
宿泊ホテルから離れたところに降ろされたという話も聞いたことがある。
(下調べをしっかりする人や旅慣れた人にとっては大きな問題でないと思うが・・・)

ここをクリック

海外は慣れている自由度の高い旅をしたい



旅慣れない人や大切な旅行なら安心重視がいいと思った。
逆に旅慣れない人や大切な記念旅行の場合など安心重視の旅行会社がいいと思った。
というのもJTBなど細かな気配りでも知られているのだ。
これは自分の経験から
安いプランだと返答が遅くて本当に手配されたか不安になったことがある。
また、予約の漏れも経験したことがあるのだ。


ここをクリック

海外はちょっと不慣れ確実な旅をしたい。



台北の街を歩く 龍山寺近く



 ツイート











格安台湾旅行に戻る

トップ
台湾旅行の情報


スマートフォン




07年9月の旅行経験と09年9月の調査による。
(注意) 自分の経験と調査に基づいて作りました。
状況が変化している場合や考え方の違いもあり実際と異なる事もあります。
   自己責任のもとで調査してください。