台湾旅行より 阿里山観光

森林遊楽区(森林公園)

祝山についで訪れたいのが「森林遊楽区」 いうなら森林公園だ。
森の中 遊歩道が整っていて、そこには神秘的な杉林に湖
そして 学校や寺院など生活を垣間見ることもできる。
森の中に広がる世界 心が和む。
森林遊楽区の魅力についてまとめてみました。






 ツイート







 くらの旅行記

 台湾旅行の情報
 
 台湾はこうなっている
 
 格安台湾旅行方法
  フリープランで台北をまわる
  台北とその周辺に訪れる
  台北ともう一つの街に訪れる
  台湾周遊
  格安航空券で台湾旅行を楽しむ
  格安航空会社(LCC)
  初めての海外!でも自由な旅を!
  オプショナルツアーの魅力

 旅行前の準備
  出発までの計画
 台湾旅行をしての感想
 旅の持ち物
 海外旅行保険について

 旅の予算とレート
 円と元のレート
 台湾の日程と旅費について
 台湾の物価

 台湾までの道
 飛行機の旅(往路)
 1日本出国手続き
 2機内の様子(往路)
 3台湾入国手続き
 空港からのアクセス
 飛行機の旅(復路)
  1台湾出国手続き
  2機内の様子(復路)
  3日本入国手続き

 台湾の食事
  中華(台湾)料理
  民族(原住民)料理
  一般食堂で中華料理
  一般食堂で麺類など軽食
  茶芸館でお茶
  鼎泰豐で小籠包
  駅弁などの便當(弁当)
  ファーストフードや喫茶店

 台湾の市内交通機関
  観光バス(ツアー)
  MRT、地下鉄
  路線バスを利用する
  タクシーを利用する
  その他(レンタサイクル等)
  イージーカードについて

 夜市を歩こう!
  士林観光夜市(台北)
  華西街観光夜市(台北)
  師大夜市(台北)
  臨江街観光夜市(台北)
  六合国際観光夜市(高雄)

 台湾旅行での宿
  ホテル
  安ホテル
  旅館・旅社
  民宿
  ゲストハウス
  サウナ(三温暖)に泊まる

 台湾鉄道旅行方法

 長距離バス

 台北の楽しみかた

 台北観光スポット
  故宮博物院   忠烈祠
  中正記念堂   龍山寺
  孔子廟      保安宮
  TAIPEI101   占い横丁

 台北街めぐり
  台北駅周辺   迪化街
  南門市場    西門町
  天母

 台北郊外
 九分(きゅうふん)
 淡水の魅力
 新北投温泉

 高雄の魅力
 高雄の行きかた
 蓮池潭  澄清湖
 東帝士85ビル

 花蓮へ行こう!
 旧駅跡周辺  阿美文化村

 太魯閣峡谷について
 太魯閣峡谷の行きかた
 太魯閣峡谷の観光スポット

 台中の魅力

 台南について
 赤カン楼  台湾府城隍廟

 阿里山について
 阿里山中心部  森林鉄道
 森林遊楽区  御来光 祝山

 南部横貫公路
 宝来温泉  桃源







阿里山森林遊楽区
森林公園を歩く



阿里山の地図



阿里山森林遊楽区の魅力 まわりかた
森林の中の遊歩道を歩く

まずは 森林遊楽区の歩きかた。上の地図に示す緑の点線が遊歩道となっている。
道も整っている上に案内表示もあるので迷うことはないと思うが
山の中の道 あまり外れたところは歩かない方がいいと思う。
最寄駅は森林鉄道の「沼平駅」または「神木駅」でここから遊歩道はすぐ
阿里山駅から神山駅へ向かう列車があったと思うが一応確認を!
自分の場合 祝山で御来光を眺めた後、沼平駅に下車 森林公園を楽しんだ。
なお、阿里山からも歩いて行くことができる。
神山駅周辺
森林遊楽区全てが魅力的 といいたいところ
中でもよかったのが神山駅周辺
森林の中に寺院あり学校ありと生活感を感じることができたのだ。
滞在時間
自分の場合 沼平駅に降りて森林遊楽区を1周し、阿里山駅まで歩いて戻る。
時間は約2時間であった。また、神山駅に下りて森林遊楽区を楽しむこともできるはず。


遊歩道を歩く





阿里山森林遊楽区を歩いて
阿里山から祝山へ行き御来光を眺め(実際は曇りだったが)
その帰りに阿里山駅手前の沼平駅で降りて、森林遊楽区の散策をはじめた
そこから姉妹潭を経由 神木経由でクルリとまわり阿里山に戻る。
所要時間(歩いた時間)は6:30〜8:30の2時間程度だった。


沼平駅から阿里山閣飯店へ

沼平駅に到着 森林鉄道は小さな列車だけにホームも線路も小さい
線路の上をテクテク歩けてしまった。
また、このあたりから眺める山々は神秘的であった。


沼平駅の様子



沼平からすばらしい眺めを楽しめる


阿里山閣飯店

ちょっと歩くとすぐに阿里山閣飯店に着く。飯店周辺には屋台もあり
朝食やちょっとしたものを買うのにいいだろう。
なお、阿里山閣飯店は阿里山商店街にある民宿と比べると値段は
高いが、中に入ると、静かな森の中、落ち着いた雰囲気で部屋からの眺めも
すばらしく、リゾート風に感じた。
ちょっとした高級感も感じゆったりとしたひとときを過ごせるだろう。


阿里山閣飯店とその周辺の様子


飲み物や食料などの買物

なお、森林遊楽区内はほとんど森の中 買物ができるところがないので
早めに食事や買物をしておこう。阿里山中心部で買っておいた方が安心だろう。
なお、阿里山方面ではコンビニや雑貨品の店も確認した。

 
阿里山駅から森林遊楽区へ向かう道中にコンビニあり 帰りにコーヒーを買って飲む


森林の中に入る

阿里山閣飯店を過ぎると、森林の中に入る。杉や台湾柏などの森で
森林遊楽区(森林公園)らしさを感じた。特に朝なので
気持ちがよかった。途中に案内板があり日本語表示もあり!
阿里山の簡単な地図があるガイドブックもあれば 迷うことはなかった。
なお、森林浴を楽しむ旅行者をよく見かけた。


案内表示を確認
(道を間違えないようにしよう!)


姉妹潭を見る。

しばらくたつと森の中に小さな池がある。姉妹潭だ。
水面に森の木々が映っておりきれいだ。
池の中心部に東屋がありちょっとした憩いの場にいい。
ちなみに姉妹潭は先住民族に伝わる以下の伝説がある。
姉妹が一人の男を愛し、二人の絆を裂きたくないが、
愛も捨てられず身を投げたという。
他にも伐採された切り株から4本の紅槍が生えたことから「四姉妹」
という名のついた木など面白い木も見られた。
このような案内板も日本語で表示されていたので分かりやすい。

姉妹潭
姉妹潭を眺める
(水面に映る森もまたすばらしいのだ!)


受鎮宮と小学校

さらにしばらく歩くと森の中から立派な寺廟が現れる。
森林遊楽区(森林公園)最大の寺廟「受鎮宮」である。
華やかな廟であり中には玄天上帝などの神々が奉られているとのこと
うっそうと茂る森から現れる中国風の華やかな寺院はなんとも印象的だ!
そのすぐ向かいには、小学校があった。訪れたときは朝 ちょうど学校の
授業が始まる時間で、外で遊んでいた子供達がチャイムの音と共に教室に入った。
豊かな森林の中、なにか素朴さが感じられた。
ちなみにこのあたりには屋台などもあった。

受鎮宮
森の中から現れる中国風の寺廟「受鎮宮」


道が分かれる!?

このあたりではいくつかの道に分かれおり
案内板はあるものの、神木方面へ行くのにちょっと分かりにくかった。
不安なら誰かに聞いてみるのもいい。
漢字で「神木」とでも書いて見せれば分かるだろう。
なお、このあたりの道はちょっとした吊橋があったりして面白い。


吊橋を渡る
(台湾旅行より)


神木駅に到着

再び表示板にそって森の中を歩くと再び森林鉄道の小さな線路にでる。
そこに木製のホーム、神木駅である。森林の中、小さく素朴でとても風情
自分が訪れたときは霧がたちこめていたせいか幻想的であった。
このあたりまで行けば人はまばらになっていた。


神木駅
(鉄道が来ないときは森の中の静かな駅である)


慈雲寺から

神木駅からすぐのところにある慈雲寺というお寺に入る。
見るからに山のお寺といった感じだ。日本と同じように鐘楼などがあり、
他にも祠のようなものもある。お墓もあった。ちなみに台湾のお墓は
沖縄で見られる亀甲墓であった。大きく立派なお墓である。
このあたりは「観光地」というより「地元風」を感じたが
外国人旅行者にとっては興味深いものだ。


鐘楼を見る


阿里山中心部に戻る

そこから、森林を歩いて阿里山賓館というホテルにでる。
そこからは舗装された道を歩いて、阿里山の商店街に戻る。
疲れたせいか帰りは素っ気無く感じたが珍しい切り株などもあり
是非見てみたい。


大きな切り株を見る。


 






阿里山に戻る


トップに戻る
台湾旅行



07年9月に旅行
注意)経験とその後の調査からまとめました。
実際と状況が異なっていることもあります。
参考程度に自己責任での調査をしてください。