台湾旅行の食事

一般食堂で中華料理

個人営業の中華料理店といった所だ
街中はもとより、田舎でも見かけることがある。
言葉が通じなくても気軽に入れた。
ゆっくりできて居酒屋としても利用した。
飲んだり食べたりして500元とか!?


トップ
台湾旅行の情報

格安台湾旅行方法




気軽に中華料理を楽しむ。








 ツイート







 くらの旅行記

 台湾旅行の情報
 
 台湾はこうなっている
 
 格安台湾旅行方法
  フリープランで台北をまわる
  台北とその周辺に訪れる
  台北ともう一つの街に訪れる
  台湾周遊
  格安航空券で台湾旅行を楽しむ
  格安航空会社(LCC)
  初めての海外!でも自由な旅を!
  オプショナルツアーの魅力

 旅行前の準備
  出発までの計画
 台湾旅行をしての感想
 旅の持ち物
 海外旅行保険について

 旅の予算とレート
 円と元のレート
 台湾の日程と旅費について
 台湾の物価

 台湾までの道
 飛行機の旅(往路)
 1日本出国手続き
 2機内の様子(往路)
 3台湾入国手続き
 空港からのアクセス
 飛行機の旅(復路)
  1台湾出国手続き
  2機内の様子(復路)
  3日本入国手続き

 台湾の食事
  中華(台湾)料理
  民族(原住民)料理
  一般食堂で中華料理
  一般食堂で麺類など軽食
  茶芸館でお茶
  鼎泰豐で小籠包
  駅弁などの便當(弁当)
  ファーストフードや喫茶店

 台湾の市内交通機関
  観光バス(ツアー)
  MRT、地下鉄
  路線バスを利用する
  タクシーを利用する
  その他(レンタサイクル等)
  イージーカードについて

 夜市を歩こう!
  士林観光夜市(台北)
  華西街観光夜市(台北)
  師大夜市(台北)
  臨江街観光夜市(台北)
  六合国際観光夜市(高雄)

 台湾旅行での宿
  ホテル
  安ホテル
  旅館・旅社
  民宿
  ゲストハウス
  サウナ(三温暖)に泊まる

 台湾鉄道旅行方法

 長距離バス

 台北の楽しみかた

 台北観光スポット
  故宮博物院   忠烈祠
  中正記念堂   龍山寺
  孔子廟      保安宮
  TAIPEI101   占い横丁

 台北街めぐり
  台北駅周辺   迪化街
  南門市場    西門町
  天母

 台北郊外
 九分(きゅうふん)
 淡水の魅力
 新北投温泉

 高雄の魅力
 高雄の行きかた
 蓮池潭  澄清湖
 東帝士85ビル

 花蓮へ行こう!
 旧駅跡周辺  阿美文化村

 太魯閣峡谷について
 太魯閣峡谷の行きかた
 太魯閣峡谷の観光スポット

 台中の魅力

 台南について
 赤カン楼  台湾府城隍廟

 阿里山について
 阿里山中心部  森林鉄道
 森林遊楽区  御来光 祝山

 南部横貫公路
 宝来温泉  桃源







目次

1.台湾にある一般食堂


2.利用の流れ・言葉の心配・値段の目安




1.台湾にある一般食堂

個人で経営しているような店が多い
日本でも個人経営の中華料理を見かけるが
それと同じような雰囲気だ。
見ているとチェーン店というより
個人経営のような感じが多いように思えた。
あちこちに見られた。
台湾の街を歩くと屋台を始め多くの食堂が見られる。
「どこでも」というまでもいかないが
田舎の集落でも中華料理店をよく見られた。
個人旅行やフリープラン、自由行動日で台湾の街を歩くとき
屋台についで気軽に訪れることができるだろう。
話によると
台湾の人は外食をとることが多く
安い食堂も多いのだ。


台湾は食堂が多いのだ

居酒屋としてもよかった

日本のような居酒屋はほとんどみることができず
いうなら、一般の中華料理店が居酒屋を兼ねている感じだった。
なお、地元風の人が多い。
1人でも入れるか?
特に抵抗はなかった。ただ、一般的に中華料理は
1皿あたりの量が多く、1人1皿を基準としているらしい
つまり人数が多いほど多くのメニューが注文できる。
1人なら小サイズ 2皿位で腹が膨れた。


ちょい吞みにもよかった
(210元だった)

観光地でも

温泉地や観光地でも多くの食堂をみることができた。
例えば阿里山に訪れたとき多くの食堂を見かけた。
名産品を扱う店も多く
台湾ビールを飲みながら鹿肉鍋などを味わうことができた。


阿里山でも多くの食堂を見かけた。

店内の雰囲気
(店内の雰囲気はいろいろだった。)

日本でいう定食屋のような雰囲気だが
厨房と食事をするところがほとんど一緒と思う位
小さな店もあれば
ドライブイン位のスペースがあるところまで様々だ。
日本のちょっと古い定食屋と似たようなものか?
小さくても店の雰囲気や味がいいことも多かった。

  
店の雰囲気はいろいろだ

おすすめ「火鍋」

台湾でも鍋があり「火鍋」という。
1皿200~300元位だった。日本と同様、コンロでグツグツと煮て食べる。
美味しかった


鍋でグツグツ 火鍋はよかった!


2.利用の流れ・言葉の心配・値段の目安

まずは食堂に入る
入りやすい雰囲気

まずは食堂の中に入る
海外の食堂 不安に思うかもしれないが
店の中も覗きやすいガラス張りであったり
大きくメニューが掲げられていたり
日本人にも親しみやすい漢字表示
個人でも入りやすい雰囲気であった。
予約
予約を受け付けるとは思えないし
予約しなくてもいいと思った。


夜 ホテル近くの食堂に入る
(宝来温泉にて)


メニューを見て注文
言葉が通じなくても大丈夫だった

混み具合によるが、すいているなら大体は自由に座れる。
英語や日本語はほとんど通じないと思った方がいい。
ただ、日本語メニューがある食堂も多いのだ。
指を刺してオーダーすればいい。
日本語メニューがない場合
日本時にも親しみやすい漢字表示
「~肉」とか「~飯」と書かれいるので分かりやすい
ただ、誤解もあるので
台湾旅行のガイドブックや指さし台湾語会話集の
食事メニュー表を開いてチェックすればいい
気に入った物に指を刺してオーダーしよう。
紙に書いてオーダーするところもある
メニュー表が配られ、オーダーするものに
○をつけたりした。


紙でオーダーすることも

店の雰囲気も日本と同じ

店の人も外国人だからと焦る気持ちもなく
地元の人と同じ雰囲気で楽しめた。


日本と同じような雰囲気

値段の目安
500元もあれば満足できた

店によって異なるが
肉が1皿150~200元 野菜1皿80~100元
火鍋 300元 ビール1瓶(600㏄ほど)50~80元ほどだった。
量は多い
小サイズで注文したが かなりの量
肉といっても野菜がセットに付いてきた。
無理に注文してお腹を痛めたこともあった。
1人で1皿注文する位で足りなければ追加するのがいいと思う。
ビール2本+肉1皿+野菜1皿で500元もあれば満腹になった。

ゆっくりできた
お酒を飲んでほろ酔い気分

時間帯によるだろうが、慌ただしい雰囲気ではなく
ゆっくりと飲食を楽しめた。
暑い台湾 冷たいビールと美味しい中華料理でほろ酔い気分
ただ
飲み過ぎないように注意したいし
脂っこいから食べ過ぎはお腹の負担になった。


こう見えても結構な量だ!

お会計をして店を出る
日本と同じだ

最後にお会計 支払いをして店を後にする。
日本と同じだ。



 






台湾の食事に戻る


トップに戻る
台湾旅行

07年9月に旅行
注意)経験とその後の調査からまとめました。
実際と状況が異なっていることもあります。
参考程度に自己責任での調査をしてください。