台湾旅行の食事
一般食堂で中華料理

日本に例えれば個人営業の中華料理屋といった感じか?
もう少し広い目で見れば居酒屋とかレストランといった感じだ。



格安台湾旅行方法



気軽に中華料理を楽しむ。








 ツイート







 くらの旅行記

 台湾旅行の情報
 
 台湾はこうなっている
 
 格安台湾旅行方法
  フリープランで台北をまわる
  台北とその周辺に訪れる
  台北ともう一つの街に訪れる
  台湾周遊
  格安航空券で台湾旅行を楽しむ
  格安航空会社(LCC)
  初めての海外!でも自由な旅を!
  オプショナルツアーの魅力

 旅行前の準備
  出発までの計画
 台湾旅行をしての感想
 旅の持ち物
 海外旅行保険について

 旅の予算とレート
 円と元のレート
 台湾の日程と旅費について
 台湾の物価

 台湾までの道
 飛行機の旅(往路)
 1日本出国手続き
 2機内の様子(往路)
 3台湾入国手続き
 空港からのアクセス
 飛行機の旅(復路)
  1台湾出国手続き
  2機内の様子(復路)
  3日本入国手続き

 台湾の食事
  中華(台湾)料理
  民族(原住民)料理
  一般食堂で中華料理
  一般食堂で麺類など軽食
  茶芸館でお茶
  鼎泰豐で小籠包
  駅弁などの便當(弁当)
  ファーストフードや喫茶店

 台湾の市内交通機関
  観光バス(ツアー)
  MRT、地下鉄
  路線バスを利用する
  タクシーを利用する
  その他(レンタサイクル等)
  イージーカードについて

 夜市を歩こう!
  士林観光夜市(台北)
  華西街観光夜市(台北)
  師大夜市(台北)
  臨江街観光夜市(台北)
  六合国際観光夜市(高雄)

 台湾旅行での宿
  ホテル
  安ホテル
  旅館・旅社
  民宿
  ゲストハウス
  サウナ(三温暖)に泊まる

 台湾鉄道旅行方法

 長距離バス

 台北の楽しみかた

 台北観光スポット
  故宮博物院   忠烈祠
  中正記念堂   龍山寺
  孔子廟      保安宮
  TAIPEI101   占い横丁

 台北街めぐり
  台北駅周辺   迪化街
  南門市場    西門町
  天母

 台北郊外
 九分(きゅうふん)
 淡水の魅力
 新北投温泉

 高雄の魅力
 高雄の行きかた
 蓮池潭  澄清湖
 東帝士85ビル

 花蓮へ行こう!
 旧駅跡周辺  阿美文化村

 太魯閣峡谷について
 太魯閣峡谷の行きかた
 太魯閣峡谷の観光スポット

 台中の魅力

 台南について
 赤カン楼  台湾府城隍廟

 阿里山について
 阿里山中心部  森林鉄道
 森林遊楽区  御来光 祝山

 南部横貫公路
 宝来温泉  桃源









気軽に入れる雰囲気
街を歩いているときもよく目についた

台北や高雄、花蓮 そして小さな田舎の街中でもみられることがあった。
高級感というより大衆感があり雰囲気だけでもここは中華料理のを楽しめる食堂
と分かった。台湾料理 とか 上海料理というような本格的な料理には思えなかったが
個人でも気軽に訪れることができ かつ ちゃんとした食事がとれるのがいい。
それに地元風の人(というか台湾の人)が多く訪れることから「本場」といえるような気がした。
ちなみに夜市でも見かけることがあった。


田舎でも見られることが多い中華料理の食堂
(宝来温泉にて)

観光地でも

温泉地や観光地でも多くの食堂をみることができた。
例えば阿里山に訪れたとき多くの食堂を見かけた。
名産品を扱う店も多く
台湾ビールを飲みながら鹿肉鍋などを味わうことができた。


阿里山でも多くの食堂を見かけた。

予約

なんともいえないが予約を受け付けるとは思えない。
しかし、シーズンにもよろうが 経験から
ブラリと訪れても気軽に入れた
値段
おおざっぱにいうと皿の場合は肉類で200〜300元、野菜で100元以下
といったところか(いずれも小サイズ)、もちろん高級レストランと比べれ安い。
肉は豚肉や牛肉の他にも羊や、阿里山や宝来温泉では
鹿や猪の肉もあった。
言葉の心配
海外旅行で一番心配なのが言葉の問題、言葉の心配はほとんどなかったが
意外と日本語のメニューがある食堂も多かったことだ。
日本語メニューがなくても、台湾は漢字なので「〜肉」とか「〜飯」と書かれ
比較的分かりやすかった。ただ誤解して読むこともあるので
ガイドブックや台湾語会話集の食事のメニュー表などで見比べてみるとよかった。
注文するときはメニューに指をさしたり、メニュー表が配られ、オーダーするものに
○をつけたりした。
日本語もほとんど通じないが
店の人も外国人とう焦りを感じることはほとんどなく、地元の人と同じようごく普通に利用できた。

店内の雰囲気
(店内の雰囲気はいろいろだった。)

食事をするところと、厨房がほとんど一緒になっているような小さな店もあれば
そこそこの高級感のある店もある。
まあ、日本のちょっと古い定食屋と似たようなものか?
しかし、小さくても店の雰囲気や味がいいことも多かった。

  
店の雰囲気はいろいろだ

おすすめ「火鍋」

台湾でも鍋があり「火鍋」という。
1皿200〜300元位だった。日本と同様、コンロでグツグツと煮て食べる。
美味しかった


鍋でグツグツ 火鍋はよかった!

量に注意

「台湾の食事」にも書いたが、日本と比べると食事の量が多いことがほとんどだ。
例えば、日本の焼肉屋でカルビなど1人前を注文しても、1人前とはかけ離れて
少量であることが多い。しかし、私の場合、台湾の食堂で肉や火鍋を1皿を注文して
そこにライスやビールを注文したらちょうどいいくらいだった。
肉を注文しても肉だけでなく野菜もついていることも多かった。
日本のように2皿も3皿も注文するとかなり腹がふくれ、
油っこいので胃もたれもおこした。


 






台湾の食事に戻る


トップに戻る
台湾旅行

07年9月に旅行
注意)経験とその後の調査からまとめました。
実際と状況が異なっていることもあります。
参考程度に自己責任での調査をしてください。